SQL Server 2016 新機能  INSERT…SELECT のパラレル処理

この記事は、2016 年 6 月 1 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 北澤 2016 年 6 月 1 日に出荷開始された SQL Server 2016 新機能の情報も色々な媒体で目にする事も多いと思います。 この記事では、数多くある新機能の中ではあまり目立たないのですが、バッチ処理のパフォーマンスを向上させる SQL Server 2016 の新機能「 INSERT…SELECT のパラレル処理」についてご紹介致します。 「 INSERT…SELECT 」は、 SELECT で検索したクエリ結果を指定したテーブルに INSERT する処理で、バッチ処理などで中間テーブルを生成したり、サマリーテーブルを生成する、という用途で良く使われる処理です。バッチ処理の中で時間がかかっている、と実感されている方も多いのではないでしょうか。


Zündende Ideen

Logbucheintrag 180922: Der Sand ist kaum aus dem Urlaubskoffer raus, da sind die Koffer schon wieder gepackt. Ziel, Orlando, Florida, wo wir auf der Microsoft Ignite ein ganzes Füllhorn von neuen Lösungen und Services rund um Intelligent Cloud und Intelligent Edge erwarten können. Die Spekulationen schießen bereits wieder ins Kraut, die Erwartungen sind hoch. Der…


【お客様事例】九州電力がAzureの活用により財務システムを早期刷新。電力システム改革の中で変化に強いIT 基盤の構築へ【9/22更新】

2011 年に発生した東日本大震災とこれに伴う原子力事故を契機に、電気料金の値上げや、需給ひっ迫下での需給調整、多様な電源の活用の必要性が増すとともに、従来の電力システムの抱える様々な限界が明らかになりました。これを受けて政府では、2016 年に電気の小売を全面自由化するなど、「電力システム改革」を推進しています。 エネルギー産業のコア ランナーの1 社である九州電力は、経営基盤となる財務システムを SAP S/4HANA に刷新するプロジェクトを推進。パブリック クラウドである Microsoft Azure も活用することで、市場のめまぐるしい変化やリアルタイム経営に対応できる IT 基盤を整備しつつあります。   続きはこちら      


Is SMTP Auth Really Working?

Summary Now that SharePoint 2019 supports SMTP authentication you have the option to relay e-mail from SharePoint to any SMTP server that supports SMTP authentication. However, if you are using a port that falls back to anonymous, how do you if it’s authenticating and not just falling back to anonymous? Let’s look at the traffic…


(Storage) Tip of the Day: Avere vFXT for Microsoft Azure now in public preview

Today’s tip… The Avere vFXT for Azure delivers new possibilities for running high-performance computing (HPC) workloads in the cloud. With this new software solution, you can now easily connect on-premises infrastructure to Azure compute or “lift and shift” file-based workloads in Azure to run between Azure blob in the same manner. Avere vFXT for Azure…


(Cloud) Tip of the Day: Windows Admin Center 1809 and SDK now generally available!

Today’s tip.. It’s been an exciting debut year for Windows Admin Center, the next-generation graphical management for Windows Server. Our team is committed to helping you manage your Windows Server infrastructure and instances, wherever they run, more easily and more efficiently. This includes delivering a platform and core set of experiences that improve day-to-day Windows…


Support tip: Navigating the new Single App mode for Company Portal

With Intune support for Multi-token DEP, admins are given the option of authenticating with Company Portal when enrolling devices with user affinity as we’ve shared previously in our blog post. After a recent Intune release, admins have the ability to lock Company Portal in Single App mode so users have to sign in to the…


SQL Server 2016 Analysis Services のご紹介

この記事は、2016 年 5 月 16 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 高木 充弘 みなさんこんにちは。SQL Server の機能の一つに、Analysis Servicesがあるのをご存知でしょうか?最初は多次元データベースとして OLAP Services が登場し、SQL Server 2012 で列ストア型インメモリDBである表形式モードが追加されました。 ここでは Analysis Services の目的、機能、開発・管理・運用方法、分析方法についてご説明致します。 Analysis Services の目的 多くの場合、BI ツールから直接データベースへ接続して検索するケースが多いと思います。利用者の方から、パフォーマンスをもっと早くしてほしい、他のデータとつなげて分析したいなどの要求に応じて、データベース設計を見直したり、データマートを個別に作成したりして大変な思いをしたご経験はありませんか? Analysis Services では利用者のさらなる高速化の要望に応えるために、「事前集計による多次元データベース」に加えて、「インメモリアクセス」による高速化機能を実装しています。また複数のデータソースからなるデータモデリング、アクセス権限の管理機能も備えています。このビックデータ時代に蓄積される莫大な量のデータ分析に対応するため、データソースに直接クエリする機能も、SQL Server 2016 から大幅に性能が改善されました。   Analysis Services の3つ機能 1) 多次元モード(SQL Server…


ディスク オフラインに時間がかかる事象について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 最近、 ディスクをオフラインにするのに非常に時間がかかる というお問い合わせをいただきました。 そこで今回は、多くの世代のシャドウ コピーを保管している環境にて、ディスクのオフライン作業を行う際の考慮事項について ご紹介します。 下記のような運用状況において、ボリューム シャドウ コピー (VSS) 機能をご利用の場合に、シャドウ コピーが原因となって本事象が発生している可能性があります。 ボリュームの共有フォルダーのシャドウ コピーを、そのボリューム上に複数世代作成し保管している場合 ※ ボリュームのシャドウ コピーの記憶域を別のディスク上に保存しているディスクの場合は現時点でこのような事象が発生した報告はありません。 クラスター環境にて、上記同様にシャドウ コピーを作成したディスクのオンライン / オフラインを切り替えて運用を行っている場合 また、本事象はパフォーマンスの影響を受けやすいクラウド環境のストレージで発生することが多く報告されております。 シャドウ コピーを大量に作成しているお客様で特にクラウド環境やクラスター環境をご利用の場合は、本事象を避けるために、本ブログの内容を考慮に入れての運用をご検討ください。   シャドウ コピー とディスク オフライン作業 システムを運用する中で、新しいディスクのマウント作業やクラスター環境の運用などを行う際には、ディスクのオンライン / オフライン状態の切り替えを行うことがあると思います。 通常の環境であれば、環境自体を起動させた際にディスクがオンラインとなり、シャットダウン時にオフラインにする処理が行われるため、シャットダウンが遅くなることはありますが、ディスクのオフライン作業を意識することは少ないと思います。 しかしながら、クラスター環境やバックアップのためにディスクを一時的にマウントしたい場合など、OSが起動している状態で、一時的に利用するディスクを取り外す場合であれば、手動で作業を行うためディスクのオフライン作業を意識することになります。 ディスクのオフライン作業は、安全にディスクを取り外し可能な状態とするために、メモリ上から当該ディスクに行うデータ書き込みを終わらせたり、データの整合性を保つための確認処理を行います。 シャドウ コピーを保存しているディスクをオフラインとする際には、このディスクに対して差分をデータ退避する処理を終了し、シャドウ コピーの整合性を確認するための読み込み処理を行います。 具体的には、対象のボリュームに対して事前通知が行われ、通知を受けた Volsnap (VSS 用ドライバ) が、ボリューム上の Diff Area (ボリュームの差分データ) に対して、データの整合性を保つために、クリーンナップ処理や、Bitmap の確認処理などの、必要な処理を行います。 そのため、当該ディスクにシャドウ コピーが大量に保存されていると、全シャドウ コピーをブロック単位で確認するため、シャドウ コピーの世代数やデータ量が多ければ多いほど、上記の必要な処理に時間を要し、ディスクのオフライン作業に時間がかかっています。…


Security Monitoring–Additional PowerShell Detections Addendum

This is a follow up article to this piece that I wrote in early September. Not surprisingly, there was some noise in my initial lab tests. Two rules in particular were noisy, and the chief culprit happened to be SCOM. The rule governing PowerShell running in memory only  as well as the rule to bypass…