Windows クライアント用 On-Demand Assesment (オンデマンド アセスメント) のセットアップ方法

※最終更新: 2018/12/7  On-Demand Assessment Setup の手順の削除。新しく用意されたビデオの追 マイクロソフトの有償サポートであるプレミア サポートの中の、企業のお客様を対象としたサポートは、順次ユニファイド サポートに変わっていきます。 日本語: https://www.microsoft.com/ja-jp/services/Microsoft_Unified_Support.aspx 英語: https://enterprise.microsoft.com/en-us/trends/microsoft-unified-support-solutions/ この新しいユニファイド サポートでは、オンデマンド アセスメントが利用できるようになっています。 これは RAP as a Service の後継として仕組みを大きく変え、Auzre Log Analytics  (旧OMS: Operations Management Suite) を利用する形へと進化したアセスメントです。 (これに伴い RAP as a Serivice はメインテナンス モードとなりアップデートはされなくなっています) このアセスメントを利用するには、Log Analytics の利用が必須となるため、順を追ってセットアップ方法を説明します。 事前準備 Azure の有償サブスクリプション (MSDN 付属の月額の使用料金があらかじめ設定されているものは OK です) が必要となります (30日間の無償テナントでは、Log Analytics は利用できません)。そのため、すでに Office 365*1 や Azure を他の用途で利用している場合は、Log Analytics ワークスペースを作成する事で事前準備は完了となります…


AutoPilot が正しく構成された場合の DEMO 動画

現在弊社では Windows 8.1 までとは全く異なる PC の展開方法として、AutoPilot の開発を急速に推し進めています。一言で説明すると、Apple Inc. 社が 2014 年からサービス提供を開始した、Device Enrollment Program (DEP) の Microsoft 版です。 PC メーカーから出荷された PC にクラウドからアプリケーションや設定をすべて流し込む事で、IT 管理者を従来のマスターイメージ作成等の作業から解放し、クラウド上の作業だけで完結する事で、PC メーカーが出荷した PC の OS を置き換えることなく、効率よく低コストで PC の展開を実現するものです。 PC メーカーと IT  管理者とユーザーの関係等は、Microsoft Mechanics の次の動画を見ていただくと概要がわかると思います。   さて、この AutoPilot なのですが、Windows 8.1 までの方法しか知らない人にとっては、経験したことが無い手法であるため、試すにしても「どういった状態になっていれば、正しく AutoPilot の構成が行われていると判断できるかがわからない」という声を聴きますので、正しく構成されている場合の動きを録画しましたので、公開しておきます。   なお、 Windows 10 のバージョンが上がるにつれ機能強化が行われますので、可能な限りそれぞれのバージョンでできる設定を盛り込んだ状態にしてあります (新しいバージョンがリリースされたらこのブログに追加していく予定です)。 下記動画は PC メーカーからプリインストールされて出荷されている状況を再現するために、Windows 10 Pro の…


SCOM Agent Stuck in a Not Monitored State

Disclaimer: Due to changes in the MSFT corporate blogging policy, I’m moving all of my content to the following location. Please reference all future content from that location. Thanks. I ran into a rather peculiar issue with a SCOM agent, and after speaking to Ainsley Blackmon in SCOM support, it was pretty clear that this…


Deploying a kiosk using Windows Autopilot

In today’s Tech Community blog, we talk about a variety of new Autopilot features.  For the Autopilot self-deploying mode, I thought it would be useful to get into more of the specifics of how to deploy a kiosk with Autopilot, where the end result is a device that is configured to automatically log in and…


ポイント対サイト VPN の TLS に関するアナウンス

現在、Azure の仮想ネットワーク環境において、ポイント対サイト VPN 接続をご利用いただいているお客様向けに「対応が必要: Windows 7 および Windows 8 のポイント対サイト VPN クライアントを 2018年7月1日 までに更新してください」(Update Windows 7 and Windows 8 point-to-site VPN clients for PCI compliance)というタイトルのメールがお手元に届いているかと思います。こちらのメールの内容について、本ブログにて少し補足させていただきます。 なお、今回の変更は、あくまでポイント対サイト VPN 接続で利用される SSTP に影響を与えるものであり、サイト対サイト VPN 接続や Mac OS や Linux のポイント対サイト接続 VPNで使用されている IKE プロトコルには影響がございません。 TLS 1.0 および 1.1 のサポート終了 ポイント対サイト VPN 接続で利用されている SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)では、その暗号化通信の機能として TLS を利用しています。 これまで、Microsoft…