Azure仮想マシン(管理ディスク)の交換を活用して元のネットワークにリストアする

こんにちは。Azure サポートチームの三國です。 今回は2018年4月にリリースされた、管理ディスクの交換(スワップ)機能を用いて 仮想マシンを元のネットワークにリストアする方法をご案内します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 はじめに Azure Backupでの仮想マシンの復元には2つの選択肢があります。 – 特定の時点のバックアップ VM である VM を新しく作成する。 – ディスクを復元し、そのプロセスに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズするか、個別にファイルを回復する。 (参考) Azure Portal を使用して仮想マシンを復元する https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-restore-vms しかし、可能であれば復元前の仮想マシンと同じネットワークにリストアしたいというニーズも強くあるかと存じます。 そこで、以下のような手順で実現する方法をご案内いたします。 1. 仮想マシンのバックアップを行う 2. 仮想マシンのディスクをVHDに復元する 3. VHDを管理ディスク化する 4. 復元後のディスクを復元前のディスクと交換する これは、2018年4月より管理ディスクでも可能になった機能を用いております。 (参考) Managed Virtual Machines で OS ディスク スワップの一般提供を開始 https://blogs.technet.microsoft.com/jpitpro/2018/05/11/os-disk-swap-managed-disks/ それでは、実際に手順をご案内します。イメージが伝わるよう、できるだけポータルでの操作でご紹介します。 環境説明 今回は、以下の構成となっております。 ディスク: 管理ディスクx2 (OSディスク、データディスク) ネットワークインターフェースや可用性セットは特に意識する必要はございません。 1. 仮想マシンのバックアップを行う 仮想マシンの画面より バックアップ =>…


Chamo on Azure – AIチャットボットシステム

[提供: 株式会社チャモ] Azure各種ツールと連携可能なAIチャットボットシステム 業界・業種および目的(販売促進、コスト削減)に合わせた最適なソリューションを提供します。 顧客毎の営業トークをチャッに実装−販売促進 システム連携により問い合わせを自動化−コスト削減 製造業プラットフォーム向けカスタマイズチャット


Microsoft TechNet Wiki “Technical Guru” Awards! April 2018

All the votes (for last month’s competition) are now in!   Below are the results for the TechNet Guru Competirion, April 2018 !!!!   The TechNet Guru Awards celebrate the technical articles on TechNet, contributed from valued wiki authors like YOU! Each month, the contributions are scored by a panel of judges (5 per category,…


Network tracing (packet sniffing) built-in to Windows and Windows Server.

Applies to: Windows 10, version 1803 Windows Server 1709 Windows 10, version 1709 Windows 10, version 1703 Windows Server 2016 Windows 10, version 1607 Windows 10, version 1511 Windows 10, version 1507 Windows Server 2012 R2 Windows 8.1 Windows Server 2012 Windows 8 Windows Server 2008 R2 Windows 7 Does not apply: Windows Server 2008…


Future Plans/Requests for Security Monitoring MP

Disclaimer: Due to changes in the MSFT corporate blogging policy, I’m moving all of my content to the following location. Please reference all future content from that location. Thanks. I wanted to take a few minutes and discuss current plans for upcoming changes in the security MP. I’d also like to use this space as…


Microsoft Ignite Pre-Day Registrations Now Open!

The 2018 Microsoft Ignite Florida event is fast approaching, so now is the time to secure your spot at one of the pre-day sessions. For those wanting to go deep on Windows 10 Modern Management and Mobile Device Management through Microsoft Intune, I recommend you attend the pre-day session “Modern Management for a Modern World…


Malware sucht nach Facebook-Zugangsdaten

Der Sicherheitsanbieter Radware beschreibt in seinem Blog eine neu entdeckte Malware namens Stresspaint, die es auf die Facebook-Accounts ihrer Opfer abgesehen hat. Ihren Namen erhielt die Software von einem scheinbar harmlosen Windows-Malprogramm namens Relieve Stress Paint, das nach jedem Mausklick die Farbe und Länge von zuvor gezeichneten Linien ändert, und eine verborgene Schadsoftware mitbringt. Damit…


How to add a field to Item Card in Business Central

For a Normal tenant a user has possibility for Personalise only (Hide and Move existed controls).   If we speak about an additional field/control… As a first step, you must create a sandbox tenant from a normal tenant.   Sandbox tenant   For creation .app file needs to install Visual Studio Code with AL extension…


Storage Migration Service preview extension update 17666

Go here for current GA version of Storage Migration Service: http://aka.ms/storagemigrationservice Heya folks, Ned here again. We have released a new Windows Admin Center preview extension for Storage Migration Service, now at version 0.1.17666. It includes: UI look and feel updates with easier usability and workflow. Some UI bug fixes and associated performance improvements. A major…