Azure AD が発行するトークンの有効期間について

こんにちは、Azure & Identity サポート チームの金森です。   Azure AD (AAD) は Office 365 をはじめ様々なクラウド サービスの認証基盤として利用されますが、その重要な機能として認証が完了したアカウントに対してトークンを発行するということがあります。 ここでのトークンとは Kerberos 認証におけるチケットに近いものです。AAD が発行するトークンの種類や有効期間の制御方法は以下の docs 技術情報として公開しています。   Azure Active Directory における構成可能なトークンの有効期間 (パブリック プレビュー) https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/active-directory-configurable-token-lifetimes   今回の情報の中で、 AAD が発行するトークンにどのような種類があり、既定の状態ではトークンの有効期間はどうなっているのか、AAD ポリシーでどのような制御ができるのか、もう少しかみ砕いてご紹介いたします。 以下は説明における略語の一覧です。 AAD : Azure Active Directory の略です。 SSO : Single Sign On の略です。 IdP : Identity Provider の略です。以下の説明では AAD を指します。 SP :…


Управление обновлениями через ConfigMgr – часть 2

Сегодня мы продолжаем тему распространения обновлений ОС и прочего ПО через Configuration Manager, фокусируясь непосредственно на работе по миграции клиентов. Предыдущая часть опубликована ранее в этом блоге, в этой части мы предполагаем, что серверная инфраструктура готова и работает нормально. Как правило, в компании на момент появления там инженера поддержки уже есть какая-то инфраструктура распространения обновлений: как…


Access 2013 以降の「クロス集計クエリ ウィザード」で列見出しとして最後のフィールドが利用できない

2018/6/26 Update C2R インストーラー形式の Access 2016 バージョン 1806 で本問題が修正されました。   こんにちは、Office サポートの佐村です。 本記事では、Access 2013 以降で、列が多い (およそ 14 以上) 場合に「クロス集計クエリ ウィザード」で列見出しとして 表示できないフィールドがある現象について説明します。 現象 Access 2013 以降で、列 (Column) が多いテーブルに対して「クロス集計クエリ ウィザード」を用いた場合、 列見出しに設定するフィールドの選択欄で最後のフィールドが表示されません。 再現手順 : 1. 新規 Access データベースを作成し、列の多いテーブルを作成します (例として 30 列準備します)。 2. リボンメニュー [作成] – [クエリ] – [クエリ ウィザード] を選択します。 3. 新しいクエリから「クロス集計クエリ ウィザード」を選択して「OK」ボタンをクリックします。 4. クロス集計クエリ ウィザードで、対象のテーブルを手順1. で作成したテーブルとし、「次へ」ボタンをクリックします。 5….


トランスフォーメーションの文化を育む方法【2/27 更新】

(この記事は2017年12月7日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How to develop a culture of transformation の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     柔軟な姿勢でデジタル トランスフォーメーションに臨めば、イノベーションとビジネス チャンスを新たに切り拓くことができます。しかし、ビジネスを真に変革するには、まず自社の文化を変革する必要があります。デジタル リテラシーや新しいスキルは必須ですが、継続的かつ迅速なイノベーションを支える文化も同じくらい重要です。


サイオス課金管理ソリューション for EA-Azure

[提供: サイオステクノロジー株式会社 ] Microsoft AzureのEAポータルと連携し、大学・官公庁でのAzure利用料金管理を容易にするためのSaaS型サービスです。


Clearing Skype Cached data

Last year, I had a project that involved migrating a large customer from Office 365 Dedicated to Office 365 GCC (multi-tenant).  While Exchange hybrid moves were possible for the mailboxes, we were unable to perform the necessary hybrid migration configuration for Lync to migrate users.  While Lync was configured and available, not many end users…


Hybrid Use Benefit en Azure

Ahorro en Máquinas Virtuales Azure con el Beneficio de Uso Hibrido de Licencias Windows (HUB – Hybrid Use Benefit). Hola: Un tema que ha levantado interés desde que apareció en la calculadora, es el ahorro de costos de máquinas virtuales Windows con las licencias que usted posee.   El “Hybrid Use Benefit” que se ofrece en…


スタートアップからグローバル パートナーまで: ISV のエンドツーエンドなエクスペリエンスを支援【2/20 更新】

(この記事は2018年2月12日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 From startup to global partner: An end-to-end experience for ISVs の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       皆様のフィードバックが形に マイクロソフトは、ISV パートナーの皆様からのフィードバックを真摯に受け止めています。起業したての小さな企業からイノベーションや拡大を考える老舗企業まで、あらゆる規模のビジネスにおいて、独自のアプリやソリューションを開発、拡張、販売し、新しいビジネス チャンスをつかむことが重要です。これを実現するために役立つ、優れたツールやリソースを求める声がこれまで多く寄せられていました。 このたび、他の大手クラウド ベンダーとは一線を画した新しいプログラム、Microsoft for Startups を開始いたします。これは、今後 2 年間で 5 億ドルを投資し、スタートアップに対して共同販売オプションを提供し、テクニカル面およびビジネス面を強力にサポートするという、大手クラウド プロバイダー初の取り組みです。


マイグレーション in Azure MySQL

[提供: NHNテコラス株式会社] コスト減、冗長・可用性向上向け 既存環境のデータベースのデータ Sync 支援 Microsoft Azure上のDatabase for MySQLを活用した既存データベース環境のマイグレーション支援をご提供いたします。 既存データベースをAzureDatabase for MySQLへマイグレーションするためのデータSync支援、マイグレーション後のパフォーマンスチェックや、Microsoft Azureの構成、ネットワーク設計などAzureを触ったことのないお客様向けの支援、既存サーバー環境のマイグレーションや運用/監視のご相談にもご対応いたします。  


Create an array object with columns from text inside a script or Convert a Here-String to an array with column headings

So, I had an interesting need the other day when creating another script–I wanted to create a collection of object that were of the same type, but had different values for the properties.  In this case, the objects happened to be registry keys and values that was going to report on, and (optionally) take a series…