Azure backup (ソフトバンクコマース&サービス)

  [提供: ソフトバンクコマース&サービス株式会社] Azureは米国政府機関のセキュリティレベルを満たすJAB P-ATOを取得した初のパブリック・クラウド・プラットフォームです。 ※拠点間複製で6多重のバックアップ体制を取っています。 仮想マシンのデータも多重化されるため、強固に自社のデータを守れます。


Exchange Server TLS guidance, part 1: Getting Ready for TLS 1.2

Update: With the Office 365 deadline to have TLS 1.2 enabled being moved from March 2018 to October 2018 we have changed the timing of subsequent post releases; please see below! Overview As the realm of security in technology continues to evolve over time, every so often we say hello to newer and more competent…


Notes移行アセスメントサービス

[提供: 東芝デジタルソリューションズ株式会社] 既存のNotesDBを分析ツールなどで独自分析し、まとめた結果をご提供するサービスです。


クラウド運用サービス for Microsoft Azure

[提供: 富士ゼロックス株式会社] Azure環境における以下の運用を代行します。 ・障害監視 ・性能監視 ・障害対応 ・日次バックアップ ・コンタクトセンター ・Azureオープンライセンス更新管理  


Azure 相談センター

[提供: ソフトバンクコマース&サービス株式会社] 導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。お気軽にお問い合わせください。    


マイクロソフトクラウドに関する日本のパートナー様の主なニュース – 2017 年【1/24 更新】

日頃からマイクロソフトクラウドの拡販にご協力いただいているパートナー様に敬意を表し、広報活動をしていただいている事例について、当社と一緒に出しているニュースリリースおよびパートナー様が単独で出している主なプレスリリースの一覧をまとめました。この記事では 2017 年 4 月から 2017 年 12 月までに発表された内容をカバーされています。


Outlook が実際に TLS 1.2 を使用した通信を行っているか確認する方法

2018/1/30 更新 : Network Monitor での確認方法を手順が少なく、プロキシを使用した環境でも有効な内容に変更しました。   こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 KB4057306 で公開しているように、Office 365 では 2018 年 3 月 1 日以降、TLS 1.2 での接続が必要となります。 前回、Windows 7 環境の Outlook が TLS 1.2 を使用した通信を行うために必要な準備を こちら の記事でご紹介しました。 今回は、Outlook が実際に TLS 1.2 を使用した暗号化通信を行っているかについて確認する方法をご紹介します。 はじめに 現在のところ Office 365 や Exchange Online の管理者側で TLS 1.2 を使用してクライアントからの接続が行われているか確認するレポート機能などは実装されていません。 現時点では、クライアント側で Network Monitor 3.4 で Outlook による通信のパケットをキャプチャして確認するのが確実な方法となります。 注意が必要な点…


Media Asset Management in the Cloud

[提供: Avid Technology Inc. ] パワフルで高度に拡張性のある、完全にカスタマイズ可能なメディアアセットマネージャである Interplay Media Asset Management (MAM) を使用して、メディアアセットの迅速な検索、メディア操作の合理化を行い、新しい収益の機会を作りましょう。大手放送局、ニュースサイト、ポストプロダクション施設で実績のあるInterplay MAMはコンテンツのライフサイクル全体を管理するため、複数のストレージ階層にわたるメディアを簡単にブラウズして検索し、再利用や用途変更を行うことができます。 また、サービス指向アーキテクチャーにより、既存のインフラストラクチャーに容易に統合できます。


OpenShiftによるアプリケーション開発・運用基盤構築を支援

[提供: 株式会社インターネットイニシアティブ] 開発・運用プロセスの見直しにより品質を向上しリスクを低減   Red Hat OpenShift の活用により、お客様の DevOps サイクルを確立するクラウド環境構築を支援します。 Azure 上でサポートされたサービスやツールの導入および構築した環境を活用したソフトウエア開発業務の効率向上活動を支援いたします。 IIJ が提供する ExpressRoute 接続サービス (お客様専用の閉域網接続) によってシステムの信頼性と安定性を確保することが可能です。