ACS の移行スケジュール

こんにちは、Azure & Identity サポート チームの石川です。   今回は、ACS (Azure Active Directory アクセス制御サービス) の移行について紹介します。 ACS の概要 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/azure/gg429788.aspx 既に Azure クラシック ポータル上やメールなどでもお伝えをさせていただいておりますが、ACS は 今後利用できなくなるため、Azure AD B2C の機能を利用するように移行を進めていただく必要があります。移行スケジュールについては、下記の弊社 Web サイトに最新の情報がございますが、このブログでも日本語で案内させていただきます。 Time to migrate off Access Control Service https://azure.microsoft.com/en-us/blog/time-to-migrate-off-access-control-service/   既に作成/有効化済みの ACS の名前空間内のデータ管理は、2018年11 月 7 日まで https://<namespace>.accesscontrol.windows.net に直接アクセスすることで継続して可能です。 ただし、名前空間自体の新規作成、削除、有効化、一覧表示のために用意された http://manage.windowsazure.com/?restoreClassic=true は、2018 年 4 月以降は Azure クラシック ポータル上の機能が完全に利用できなくなることに伴いご利用いただけなくなる予定です。 なお、現在この URL で表示される日付…


Chkdsk の動作について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの 高谷 です。 今回は Chkdsk プログラムの使い方についてご紹介します。 ■ そもそも Chkdsk はどんな時に使うのか? Chkdsk はWindows XP/2000 から実装されたファイル システムの整合性を確認および修復するツールです。ソース:NTFS イベント ID:55 などのファイル システムの破損を示唆するエラーのイベント ログが発生した場合に、Chkdsk コマンドを使用します。オプションを指定することで、ファイル システムに不整合が発生している箇所を自動的に修復することができます。オプションを設定せずに Chkdsk 読み取り専用モードで実行することで、整合性の確認のみ (エラーの修復は実行しない) を行うこともできるため、比較的使用する機会の多いコマンドになります。 基本的な構文と使用例を以下に示します。 //読み取り専用モードで Chkdsk を行う場合 >chkdsk [Volume:] 例えば、D ドライブのファイル システムの整合性の確認を行う場合は、以下のようになります。 コマンドの例) >chkdsk D: ※ドライブを指定しない場合は現在のドライブについて処理が行われます。 ソース:NTFS イベント ID:55 につきましては以下の公開情報をご確認ください。 参考資料) “ソース : NTFS、ID: 55 のイベント” ソース : NTFS、ID: 55 のイベント…


The End of Support for Older TLS Versions in Office 365

by David Branscome, with a callout to Joe Stocker at Patriot Consulting for the heads-up! The SSL/POODLE Attack Explained UPDATE: As per the support article listed here (https://support.microsoft.com/en-us/help/4057306/preparing-for-tls-1-2-in-office-365) We will be extending support for TLS 1.0/1.1 through October 31, 2018 in order to help ensure our customers are adequately prepared for the changes.   As most…


Alta disponibilidad en Máquinas Virtuales.

Hola:   Hablando de alta disponibilidad en el centro de Datos en sitio, regularmente la infraestructura contempla elementos de redundancia o “fail over”, ya sean ruteadores de red, ruteadores de fibra, los servidores tienen 2 tarjetas de internet, 2 tarjetas de fibra, 2 fuentes de poder, así mismo las unidades de almacenamiento tienen 2 unidades…


Update: Sysmon configuration file version 8

This new version of config_v8.xml adds the latest additions from Sysmon : FileCreateStreamHash events PipeEvent events WmiEvent events In addition, the XML was cleaned and all the events categories are now ordered by the event number. Link to file: https://github.com/MotiBa/Sysmon/ 


第 N 週にスケジュールされたタスクが 1 週間前に実行される事象について

  [更新履歴] 2018 年 3 月 7 日 タイトルを以下のとおり変更し、調査状況を更新しました。  修正前: 第 2 週/第 4 週にスケジュールされたタスクの実行が 1 週前にずれる事象について  修正後: 第 N 週にスケジュールされたタスクが 1 週間前に実行される事象について2018 年 4 月 16 日 発生条件を修正しました。 2018 年 5 月 1 日 再検証の結果、発生条件から「実行月の 1 日が、日曜日以外であること」を除外しました。 2018 年 8 月 31 日 Windows Server 2016 / Windows 10 Version 1607 向けの更新プログラムリリースの旨を更新しました。 Windows プラットフォーム サポートの佐々木です。 第 N 週にスケジュールしたタスクが、1…


Microsoft Azure フルマネージド ハイブリッドクラウドサービス

[提供: 関電システムソリューションズ株式会社] オンプレもAzure もまとめて安心安全 マネージドサービス   ・お客さまに代わり適切なシステム最適配置を提案、導入から利用開始後の運用管理までフルサポートで対応 ・経験豊富なコンサルテントのアセスメント結果から、クラウド活用の方向性を確認、意思決定をご支援 ・設定・運用のアウトソースにより、お客様の設定・運用負荷を軽減 ・データセンターサービスとのハイブリッド環境のご提供や、インターネットや閉域網を使った多様な接続サービスご提供 ・運用開始後の監視業務や問い合わせにもフルサポートでご対応  


ベーシック クラウド導入支援サービス for Azure

[提供: 株式会社システムサポート] これからクラウド利用を検討されるお客様向け導入支援サービス 7 つのSTEP で堅実にシステムのクラウド化をご支援いたします。 1.ヒアリング 2.提案・御見積 3.要件定義・設計 4.構築 5.テスト 6.移行・リリース 7.ドキュメント納品 ※ご要望に応じて、運用保守サービスをご提供することも可能です。  


【初めてのクラウド】 Azure導入お試しプラン

[提供: サイオステクノロジー株式会社] サーバー複製、Azure基礎トレ、 監視、利用料管理を支援 ・クラウド上のサーバー実運用を体験 本番サーバーは稼働しながら、クラウド上に複製したクローン環境でWebサーバーの運用を実体験 ・物理サーバーの一掃 エンジニアの開発環境をクラウド上に移行するため技術トレーニング&サポートを提供 ・クラウド上の監視もお任せ サーバー監視はBlueNOCが代行。異常アラート、定期レポート等のサービス提供 ・誰がどれだけ使ったのかをしっかり管理 EA契約を購入したAzureの利用状況を部門ごどに管理できるSaaS型サービス