Tip of the Day: Modernizing Windows deployment with Windows AutoPilot

Today’s Tip… Here’s a great seven minute video providing a technical overview of Windows AutoPilot: a new cloud service that provides you with a zero-touch experience for deploying new Windows 10 devices. References: “Windows AutoPilot deployment” – https://technet.microsoft.com/en-us/windows/mt803299 “Modernizing Windows deployment with Windows AutoPilot” – https://blogs.technet.microsoft.com/windowsitpro/2017/06/29/modernizing-windows-deployment-with-windows-autopilot/


Tip of the Day: Security Compliance Manager (SCM) Tool Retired

Today’s tip… The Security Compliance Manager tool retirement has been announced on the Microsoft Security Guidance Blog. A new tool, Security Compliance Toolkit, enables enterprise security administrators to effectively manage their enterprise’s Group Policy Objects (GPOs).  Using the toolkit, administrators can compare their current GPOs with Microsoft-recommended GPO baselines or other baselines, edit them, store…


Azure Site Recovery を用いてレプリケーションを有効化する際に Azure VM のソースの場所が選択出来ず、[Azure Site Recovery replication for Azure VMs is not yet supported in “リージョン名” region.] というエラーが生じる不具合について

※ 本問題が解決されたことを確認いたしました (2017 年 10 月)。言語を日本語に設定した際にも、正常に作業を実施いただけます。 こんにちは、Azure サポート チームの伊東です。 Azure Site Recovery を用いて Azure VM を別リージョンの Azure VM へ (Azure to Azure) レプリケーションする機能のプレビュー版が先日公開されましたが、現在レプリケーション有効化の際にエラーが生じるというお問い合わせを多くいただいております。ご迷惑をお掛けし大変恐れ入りますが、こちら Azure サービス側の原因によって不具合が生じております。本日は不具合への対処方法と機能修正の目途についてご案内いたします。 Recovery Services コンテナーから Azure Site Recovery を用いたレプリケーションを有効にする際、レプリケート対象の Azure VM の [ソースの場所] を指定しますが、現在サポート対象のリージョンをご選択いただいても下記のエラー メッセージが生じてしまいます。 エラーメッセージ: [Azure Site Recovery replication is not yet supported in “リージョン名” region. Refer to https://aka.ms/a2a-supported -regions for the…


Tip of the Day: Using PowerShell to Obtain Update Information

Today’s tip… Here’s a quick way to obtain update information. To search for all updates: $Session = New-Object -ComObject Microsoft.Update.Session $Searcher = $Session.CreateUpdateSearcher() $Searcher.Search(“IsInstalled=1”).Updates | ft -a title Example Output: To search for a specific update: $Searcher.Search(“IsInstalled=1”).Updates | Where {$_.Title -like “*KB4016509*”} | ft title Example Output:


会議が多すぎ!? AI が働き方改革の質についてアドバイス

  Office 365 はマイクロソフトが 2011 年からサービスを提供し、いまや月間アクティブユーザーが 1 億人にまで達している生産性向上クラウドサービスです。Office 365 を導入しているユーザーは、自分のメールやファイル、予定情報などをこのクラウドサービス上に格納し、サービス上で同僚や取引先と共同作業や情報共有を行っています。日本でもこのようなユーザーが年々増えており、日経 225 銘柄の基準となる上場企業の 85% 以上ですでに Office 365 が導入されています。 クラウド上ですべての作業を行いデータを溜めると、従業員の働き方についての様々な情報が「ビッグデータ」としてクラウド上に溜まります。すると「クラウド活用第 2 章」として、このデータを分析して、働き方改革を推進する上でのさまざまなインサイトを得ることができるようになります。


I just generated a new Client Secret.  Why can’t I test it?

I was recently engaged in a long running critical case for a customer that exposed some opportunities for further discussion on SharePoint Add-In Authentication. Here is the scenario: Your organization leverages a Provider Hosted SharePoint Add-in, whose secret is close to expiring.  Following the documented process for Generating a New Client Secret you create a…


Tip of the Day: Semi-Annual Channel and more!

Today’s tip… These articles cover the Semi-annual Channel in Windows and Office, LTSC (previously called LTSB), servicing, and Windows Insider Preview information. Reference: Delivering continuous innovation with Windows Server – https://blogs.technet.microsoft.com/hybridcloud/2017/06/15/delivering-continuous-innovation-with-windows-server/ Windows Server Semi-annual Channel Overview – https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/get-started/semi-annual-channel-overview Overview of the upcoming changes to Office 365 ProPlus update management – https://support.office.com/en-us/article/Overview-of-the-upcoming-changes-to-Office-365-ProPlus-update-management-78B33779-9356-4CDF-9D2C-08350EF05CCA?ui=en-US&rs=en-US&ad=US


Exclude Users From Delve and SharePoint Online People Search

In support, we receive requests from time to time for information on how-to configure SharePoint People search and Delve results so that specific users do not appear in search results. Many admins want to be able to do this without having to delete or move users to a non-synced OU. The best way to accomplish…


Ambient Office セルフサポート導入サービス

[提供: 日本ビジネスシステムズ株式会社] わずか1か月でスピード導入可能な SaaS 型 Biz ヘルプデスク マイクロソフトの Microsoft Dynamics CRM セルフサポート導入サービスは、クラウド上でナレッジ管理、WEB セルフサービス、マルチチャネル対応カスタマサービス&サポートの機能を提供する 100% SaaS 型ソリューションです。JBS ではこのソリューションをいち早く日本初にて提供できるパートナーとして、お客様の導入を支援します。