予定表機能を利用しないよう制御する方法

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。   スケジュールは別のソフトで管理しているなどの理由から、Outlook の予定表の機能を無効にしたいというお問い合わせをいただくことがあります。 結論から言えば、Outlook の予定表機能を完全に無効にすることはできません。   制御したい場合には、以下の方法があります。 (A) Outlook on the Web (OotW) を使用する Exchange Server に接続している環境の場合、Web を介して Outlook on the Web (以下 OotW) での利用が可能ですが、OotW であれば、管理者によって予定表を利用できないように制御することができます。 完全に予定表を利用できないように制御したい場合は OotW を利用することをご検討ください。   (B) メニューの非表示 / 無効化設定により予定表機能を抑止する Outlook では予定表を完全に利用できないようにすることはできませんが、予定表の機能をできる限り利用できないようにメニューなどの UI を制御することができます。   (C) 予定表フォルダーにアクセス権を設定し、他のユーザーから予定表を参照できないようにする Outlook から他のユーザーの予定表を参照できないように制御することができます。   それぞれの具体的な設定方法をご紹介します。   (A) Outlook on the Web…


あらゆるGWセキュリティ機能を提供する、クラウドセキュリティの決定版『Check Point vSEC for Azure』

[提供: チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社] ■Check Point vSEC for Azureの概要 Check Point vSEC for Microsoft Azure は、チェック・ポイントのSoftware Bladeアーキテクチャに基づく幅広いセキュリティ機能で、Azure のクラウド・インフラストラクチャを保護します。Microsoft Azure に特化したvSEC製品で、ネットワーク攻撃やデータ侵害を防ぎながら、Azure のパブリック・クラウド環境への安全な接続を実現します。


デジタル コンテンツ配信プラットフォーム導入コンサル

[提供: 株式会社ネクストスケープ] 動画、音楽などデジタル コンテンツの配信は、実績 No.1 のネクストスケープにお任せ 実際のコンテンツを使い費用感やイメージをつかめます。 動画や音楽など著作権を守りながらお試しいただくことができます。


Azure Batch – VNET and Custom Image Support for Virtual Machine Pools

Overview This blog post is out-of-date as it is now possible to use custom images and VNETs using a regular ‘Batch service’ Batch account; a ‘user subscription’ Batch account is no longer required.  There is documentation available for how to use custom images and VNETs. Two of the most frequently requested capabilities for Azure Batch…


Microsoft Teams goes GA and gets protected !

You may have seen this week Microsoft Teams came out of Preview and went GA.  Alongside this great announcement we also announced that Teams joins the ever growing list of Application Protection Policy applications (APP), you may know APP as MAM (Microsoft Application Management). APP allows you to control the business content of an application…


Top 7 Questions about Basic Availability Groups

AlwaysOn Basic Availability Groups provide a “basic” high availability solution for SQL Server 2016 Standard Edition. The functionality is the same as the traditional (Enterprise Edition) AlwaysOn Availability Groups but there are more limitations: The most important limitations are: Limit of two replicas (primary and secondary) No read access on secondary replica One database per…

8

Microsoft Monitoring Agent (SCOM / OMS Agent) setup failed with Error 25211

Recently I run into an issue at customer where the customer was not able to uninstall nor repair an SCOM Agent be using the MOMAgent.msi. Every try to repair / uninstall / reinstall runs into the same Error message: Symptom: If you want to uninstall / reinstall / repair a Microsoft Monitoring Agent, the setup may fail…

1

What is Happening Inside Enterprise Mobility?

Brad Anderson our Vice President of Enterprise and Client Management published an article recently around research undertaken by analyst company CCS Insights: We published a blog today that I thought you would find interesting.  One of the industry analyst organizations (CCS Insights) recently published search from surveys from 400 Enterprise Mobility decision makers from the…


Uncovering cross-process injection with Windows Defender ATP

Windows Defender Advanced Threat Protection (Windows Defender ATP) is a post-breach solution that alerts security operations (SecOps) personnel about hostile activity. As the nature of attacks evolve, Windows Defender ATP must advance so that it continues to help SecOps personnel uncover and address the attacks. With increasing security investments from Microsoft—read how Windows 10 continues to raise…


[パートナー事例]アプリケーション フレームワーク「Justware」を OpenShift と Azure に対応~大規模先進システムを支え続ける日立が、業務アプリケーション構築基盤をコンテナ化/クラウド化する理由とは【3/7 更新】

金融、産業、流通、公共の各業界トップ ユーザー向けに、大規模かつ先進的な業務アプリケーションの設計/開発を行っている、株式会社日立製作所 (日立) アプリケーションサービス事業部。ここでは統合アプリケーション構築基盤である「Justware」を、米レッドハット社の Docker コンテナ基盤である「OpenShift Container Platform」に対応させたうえで、Microsoft Azure 上で利用可能にしています。それではなぜ同社は Justware のコンテナ化/クラウド化を進めているのでしょうか。サービスソリューション本部 サービス統括部 担当部長の広瀬 雄二 氏と、サービスソリューション本部 技術統括部 部長の立川 茂 氏に、お話をお聞きしました。