Intune Application Protection Policy (APP) formally known as Microsoft Managed Application Management (MAM) – Creating a blank policy

Several months ago we released APP capability into Intune.  Previously, the most common model for securing and managing mobile devices (either corporate-owned or personally-owned) was to require the device to enroll into an MDM solution. After enrollment, IT policies are applied to the device and apps, and then end users are allowed to access corporate…


Windows Update / Microsoft Update の接続先 URL について

みなさま、こんにちは。 WSUS サポート チームです。   セキュリティ対策としてプロキシ サーバーやファイアウォールを設置しているお客様も多いかと思います。   WSUS などの更新プログラム適用制御用のサーバーがない環境下では、端末が更新プログラムを適用するためには 弊社の Windows Update サイト、Microsoft Update サイトに接続をして更新プログラムの確認と適用を行います。   プロキシ サーバーやファイアウォールを設置して通信を制御しているお客様の場合は事前に Windows Update サイト、 Microsoft Update サイトへの通信を許可する必要がございますので接続先 URL をご紹介いたします。   Windows Update / Microsoft Update の接続先 URL 一覧 —————————- http://download.windowsupdate.com http://*.download.windowsupdate.com http://download.microsoft.com https://*.update.microsoft.com http://*.update.microsoft.com https://update.microsoft.com http://update.microsoft.com http://*.windowsupdate.com http://*.windowsupdate.microsoft.com http://windowsupdate.microsoft.com https://*.windowsupdate.microsoft.com http://ntservicepack.microsoft.com —————————-   ※Windows 10 の配信の最適化を使用するためには以下の URL…


OMS Network Performance Monitor is now generally available

Summary: Microsoft Operations Management Suite Network Performance Monitor (NPM) has moved from preview mode to generally available status. Hi folks, Abhave Sharma from the OMS team here. A few months ago we announced NPM in public preview. Since then, we’ve seen lots of users monitor their networks over the past few months and, working with customers,…


Meeting Apple’s New Requirements for Application Transport Security

Update: November 13, 2017 – Added in macOS Company Portal information. Note, if you’ve already tested and everything works with the iOS Company Portal app in TestFlight (currently version 2.9.1), the macOS Company Portal will also work once this change takes place. Update: November 1, 2017 – Still no updated timeline from Apple on when this change…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 3 【2/22 更新】

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)   最も信頼性の高いクラウド Azure は、最も包括的にコンプライアンスに対応したクラウド サービスであり、50 件のコンプライアンス認定を取り揃えています。マイクロソフトの開発手法には、お客様を保護するためのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの施策が組み込まれています。お客様が利用する 18 の Azure サービスで FedRAMP (英語) のハイレベルな認定を取得するなど、米国政府機関 (英語) 向けの最も信頼できるクラウドとして評価されています。 「企業のコンプライアンスとは、わざわざお金を払って罰を受けるようなものだと思っていました。しかし当社は現在、マイクロソフト クラウドのスケーラブルな従量課金モデルのおかげで、世界水準のサービス、柔軟性、セキュリティを提供しながら、競争力を確保できています」 Dyrand Systems、マネージング ディレクター、Ed Anderson 氏   最もインテリジェントなクラウド Azure は、開発者やデータ サイエンティスト向けに Cognitive Services API (英語)、Bot、Machine Learning、Blockchain as a Service (BaaS) を提供する唯一のパブリック クラウド サービスです。これらの機能が、Azure N シリーズ Virtual Machines での深層学習、HPC シミュレーション、リアルタイム…


SharePoint Online と連携するカスタム アプリケーションでエラー ログに残すべき必須情報

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Online および OneDrive for Business と連携するカスタム アプリケーションで、エラーが発生した際にログに含めるべき情報についてご紹介します。   関連付け ID について SharePoint Online や OneDrive for Business に対して CSOM や REST API を呼び出すアプリケーションにおいては、問題が発生した際のトラブルシューティングのために、エラー発生時の関連付け ID が必要になります。このため、カスタム アプリケーション側でもこの関連付け ID をログに残す必要があります。 ブラウザからアクセスする通常の利用シナリオにおいても、Fiddler や IE 開発者ツールなどで HTTP トレースを採取し、応答ヘッダーから SPRequestGUID 値を確認することがありますが、API を使用した場合においても有効な方法となります。 弊社サポートで調査を行う際には、この関連付け ID から現象発生時のサーバー側のログを確認します。なお、ログの保持期間はとても短いため (通常は約1日程度)、現象発生後なるべくお早めにお問い合わせください。   概要 上記ご説明をふまえ、一般的に調査を実施する上で必要な情報は以下になります。 詳細な説明は後記いたします。 1. 現象が発生した日付と時刻 2. エラー…


Типичные ошибки администраторов Configuration Manager и лучшие практики: часть 2

Во второй части статьи мы рассмотрим опасности, которые возникают при установке агентов Configuration Manager (ConfigMgr) на терминальные серверы, а также дадим несколько общих рекомендаций по обслуживанию инфраструктуры ConfigMgr, в том числе важные замечания о том, что делать не надо. Первая часть статьи опубликована здесь. Терминальные серверы: Данный вид серверов я выделяю в отдельный класс, т.к. они совмещают в себе свойства…


Office 365 を利用する場合に、Office 2010 などの古い Office から最新の Office へ移行する必要がある理由

Office 365 を快適に利用し最大限活用いただくため、マイクロソフトは最新の Office クライアント製品に更新して利用することをおすすめしています。 Office 365 を利用するのに最適な Office 製品 Office 365 は、以下の Office クライアント製品で動作するように設計されています。 ・最新に更新した Office 2016 クイック実行版 (Office 365 ProPlus 2016) ・最新に更新した Office 2016 MSI 版 (ボリュームライセンス) ・最新に更新した Office 2013 MSI 版 (ボリュームライセンス) ・最新に更新した Office 2016 for Mac ・最新に更新した Office 2011 for Mac マイクロソフトでは最新の更新プログラムを随時 Office 365 のサーバー製品に適用しており、最新のバージョンにあわせて Office の更新プログラムをリリースしています。 Office の更新プログラムでは、Office 365 を使用する場合のパフォーマンスを向上するための修正や新機能も提供されます。…


CSPで契約を自動管理できる仕組みを使って差別化しよう 【2/9 更新】

  クラウド時代に成功するパートナー重要要素にがクラウドサービス管理の自動化、省力化を可能な限り推進することが挙げられます。従来のオンプレミスライセンスでのビジネスと異なり、クラウドサービスはライセンス、サービスの追加、アップグレード、変更等がより容易であり、また、それがクラウドビジネスの大きな優位性でもあるのですが、結果として受発注やお客様のライセンス保有状況の変動がより高い頻度で発生することとなり、従来の仕組みでこれに対応すると結果的に大きなオペレーション負荷の増大となる可能性があります。


“Sorry, OneDrive can’t add your folder right now.”

ISSUE: When trying to sync a OneDrive or SharePoint team site, you receive a message “Sorry, OneDrive can’t add your folder right now.” POSSIBLE CAUSES: 1. “Require Check Out” was enabled on the library. 2. There are Required columns 3. The ‘Draft Item Security’ is set to ‘Only users who can edit items’ 4. Syncing…