リソースグループ名の制限について

こんにちは。Azure サポートチームの小久保です。 最近、リソースグループ名に、括弧やダブルバイト文字 (日本語含む) を入力して、リソースグループを作成したことにより、リソース作成時や削除時にエラーとなるお問い合わせを頂戴することがあります。その為、本日は、リソースグループの命名規則と命名規則に則っていない場合の影響についてご案内いたします。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


需要創出に関する 2017 年のトレンド トップ 5【2/25 更新】

(この記事は  2016 年 12 月 29 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Top 5 Trends in Demand Generation for 2017 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   新年が始まったばかりで先行きはまだ不透明ですが、サブスクリプション ベースのサービスは依然として IT 分野で普及拡大を続けていることに疑いの余地はありません。とは言え、既存顧客に引き続き付加価値を提供しながら、一方で需要を創出して新規顧客を獲得するプレッシャーが高まりつつあることは、マイクロソフト パートナー様もご存知でしょう。 多くのマイクロソフト パートナー様がお気付きのように、需要創出の新時代は、マーケティング自動化ソリューションや MarTech (マーケティング + テクノロジ) ソリューションによって加速しています。これに伴い、2017 年は戦略、戦術、ツールの年となり、顧客重視とパーソナライゼーションがもっと掘り下げられていくものと思われます。 2017 年には、デジタル マーケティング分野の需要創出の方向性に関して、主に以下のようなトレンドが発生するとマイクロソフトは予測しています。


Meeting Apple’s New Requirements for Application Transport Security

Update: November 13, 2017 – Added in macOS Company Portal information. Note, if you’ve already tested and everything works with the iOS Company Portal app in TestFlight (currently version 2.9.1), the macOS Company Portal will also work once this change takes place. Update: November 1, 2017 – Still no updated timeline from Apple on when this change…


SharePoint Online と連携するカスタム アプリケーションでエラー ログに残すべき必須情報

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Online および OneDrive for Business と連携するカスタム アプリケーションで、エラーが発生した際にログに含めるべき情報についてご紹介します。   関連付け ID について SharePoint Online や OneDrive for Business に対して CSOM や REST API を呼び出すアプリケーションにおいては、問題が発生した際のトラブルシューティングのために、エラー発生時の関連付け ID が必要になります。このため、カスタム アプリケーション側でもこの関連付け ID をログに残す必要があります。 ブラウザからアクセスする通常の利用シナリオにおいても、Fiddler や IE 開発者ツールなどで HTTP トレースを採取し、応答ヘッダーから SPRequestGUID 値を確認することがありますが、API を使用した場合においても有効な方法となります。 弊社サポートで調査を行う際には、この関連付け ID から現象発生時のサーバー側のログを確認します。なお、ログの保持期間はとても短いため (通常は約1日程度)、現象発生後なるべくお早めにお問い合わせください。   概要 上記ご説明をふまえ、一般的に調査を実施する上で必要な情報は以下になります。 詳細な説明は後記いたします。 1. 現象が発生した日付と時刻 2. エラー…


Build your own Bot – Get Started with these Resources!

You can build and connect intelligent bots to interact with your users naturally wherever they are with Microsoft Bot Framework — from your website or app to text/SMS, Skype, Slack, Facebook Messenger, Office 365 mail, Microsoft Teams and other cool services. Here’s a short overview of what you need to know to get started:   I…


階層型アドレス帳のエキスパートAddressLookの最新版『AddressLook Online-powered by Skype for Business』

[提供: 株式会社ビービーシステム] AddressLook Online-powered by Skype for Business はオンライン会議やチャットで、階層型アドレス帳を利用するツールです。   ■AddressLook Online-powered by Skype for Businessの概要 AddressLook Online-powered by Skype for Business は、場所を問わないコミュニケーションを可能とするSkype for Business Online の宛先検索において、組織ツリーから選択を可能にする機能をアドオンするサービスです。


Removing Proxy Addresses from Exchange Recipients

I saw a request come through the other day for a method to remove unwanted proxy addresses for contacts.  I’d had some code sitting around from a project a few years back and decided to freshen it up, and maybe add some newer tricks. So, the original idea was to select a bunch of users…


Windows 8.1 32 bit /Windows10 32 bit 環境で ActiveX が自動的に削除されてしまう

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、Windows 8.1 32 bit /Windows10 32 bit 環境 において ActiveX が自動的に削除されてしまう現象についてご紹介いたします。 ※ Windows 8.1 64 bit / Windows10 64 bit 環境では ActiveX は削除されません ActiveX が自動的に削除されてしまう現象は、SilentCleanup タスクが実行されることで発生します。 SilentCleanup タスクでクリーンアップ対象となるフォルダはDownloaded Program Files とTemporary Internet Files ですが ActiveX は、クリーンアップ対象となるフォルダ Downloaded Program Files に、既定でダウンロードされるため、本現象が発生します。 Windows 8.1 までは、ディスク全体の容量に対して空き容量が 10 % を下回った場合にのみ SilentCleanup タスクが実施されていましたが、 Windows 10 では、ユーザーの利便性を向上させる意図から、システムが idle…


Do I really need ADFS?

Update 2018-01-06: Lots of new things came up so I updated this article. I often hear and read misconceptions on whether or not you should or must deploy an ADFS farm when Office 365 is in the picture. So I will try to give you my version (well it is a collection of feedback from…