TPM Owner Password

Hello everyone. It’s Rafal Sosnowski from Microsoft Dubai Security PFE Team. Today we will focus on TPM Owner Password – quite misunderstood secret that is usually linked to the Bitlocker. TPM (Trusted Platform Module) is a small chip on the motherboard (discrete TPM) or part of the CPU implementation (firmware TPM) where we can store…


古いアイテムの整理の基準日、自動整理のタイミング、対象外となるパターンについて

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は、古いアイテムの整理の基準日を変更する方法、自動整理が行われるタイミング、整理の対象外となるパターンについてご説明します。 ■ 古いアイテムの整理の基準日について 古いアイテムの整理の既定の基準日は更新日となっていますが、後述の ArchiveIgnoreLastModifiedTime レジストリによって受信日に変更することが可能です。 ArchiveIgnoreLastModifiedTime レジストリ設定前後の基準日は以下の通りです。   設定前 (既定の基準日) =============== メッセージ: 受信日時または更新日時のうちの新しい日付 予定表 : 更新日時または予定、イベント、会議の開催日時のうちの新しい日付 タスク: 完了日または更新日時のうちの新しい日付。完了とマークが付いていないタスクはアーカイブされません。 メモ : 更新日時   設定後 ===== メッセージ : 受信日時 予定表 : 予定、イベント、会議の開催日時 タスク: 完了日。完了とマークが付いていないタスクはアーカイブされません。 メモ : 更新日時   基準日を変更するレジストリ =================== キーのパス: HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftOfficexx.0OutlookPreferences キー名: ArchiveIgnoreLastModifiedTime 種類: REG_DWORD 値: 1 ※レジストリ キーのパス中にある xx は以下の通りです。…


New tools to accelerate migration projects to modern SQL Server versions

Hi everyone! With the many new features and improvements introduced with version 2016 of the already market leading RDBMS, it’s no surprise every organization is planning or implementing their modernization projects to finally take advantage of SQL Server 2016. But migrating large number of databases can present many challenges, not the least of which is…


Deconstructing Extended Event XML

In a recent engagement, I had need of an Extended Event to gather range scans on my target instance. The overall premise was to determine which queries were driving the large number of range_scans being reported by a recent health check. The target instance was a SQL 2008 R2 SP3 build. So… lets create an…


Data Science VM and Azure Data Lake Store – The hidden feature

Hi All!   I wanted to highlight a hidden feature in the data science VM which allows you to consume data stored in Azure Data Lake Store from Microsoft R Server.   As part of the continued improvements made to the data science VM, towards the end of December 2016, the necessary libraries that allow…


SC 2016 DPM UR2: Protect Microsoft 2016 workloads to Cloud using Azure Backup

System Center Data Protection Manager (SC DPM) is an Enterprise backup solution, providing App Consistent backups to workloads as SQL, SharePoint, Exchange and File Servers, running in Physical or Virtualized Environments. In addition, you can also backup your Hyper-V and VMWare VMs (with SC 2012 R2 DPM UR11). These backups can be stored on disks for…


Announcement: Protect your Server 2016 workloads with Enhanced Security

System Center Data Protection Manager (SC DPM) is an Enterprise backup solution, providing App Consistent backups to workloads as SQL, SharePoint, Exchange and File Servers, running in Physical or Virtualized Environments. In addition, you can also backup your Hyper-V and VMWare VMs (with SC 2012 R2 DPM UR11). These backups can be stored on disks for…

1

Live Query Statistics in SQL Server 2016

Hi everyone! For this blog post, I thought I would bring attention to “Live Query Statistics” (LQS), one of the many new features and improvements of SQL Server 2016 available from SQL Server Management Studio (SSMS). LQS is an important new feature because it directly addresses a requirement often heard from SQL Server DBAs: “we…


Microsoft Teams による作業の効率化

(この記事は 2017 年 2 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Get more done faster with Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) チームでの作業は世界中で増加しています。調査によると、従業員が所属しているチームの数は、わずか 5 年で 2 倍近く増加しています。つまり、これまで以上に多くの従業員が業務を進めるうえで同僚の力を借りているということです。しかし、グループ共同作業には、画一的なアプローチは通用しません。グループによって、固有のニーズに対応する魅力的なツールは異なります。 体験型オンライン イベントの特徴 90 分間の各セッションで、参加者はまずオンライン ディスカッションで訓練を受けたファシリテーターと共にお客様の主なビジネス課題について話し合い、その後クラウドの環境に移動します。最新テクノロジが満載の環境へご自身のデバイスをリモート デスクトップで接続し、マイクロソフトのツールがお客様の課題を解決していくようすを直接ご確認いただけます。 米国のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 米国以外のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 参加するメリット このインタラクティブなオンライン セッションでは、以下の内容について学ぶことができます。 最新の共同作業ツールである Microsoft Teams の特徴: スレッド構造の常設チャットにより、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるようにする。 チームワークを実現するためのハブを作成し、他の Office 365 アプリと連携させる。 チャネル、コネクタ、タブ、ボットを使用して、それぞれのチームに合わせてカスタマイズされたオプションを作成する。 絵文字、GIF、スタンプを使用してチーム内で個性を発揮する。 生産性と情報の安全性を維持する方法: ワークフローを阻害することなく、安全に作業し、コンプライアンスを維持することを容易にします。 複雑なデータを迅速に視覚化、分析する方法:…


Windows 10 IT Pro February 2017 resource recap

We’ve received a lot of interest from IT pros over the past few months who would like to find out when new Windows 10 content and resources are published on TechNet, Microsoft Virtual Academy, or other Microsoft websites. While we publish this information (and much more) in our monthly Windows IT Pro Insider newsletter, starting…