Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 7, Migrating Users

Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016 release,…


Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 6, Moving off objectGuid

Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016 release,…


Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 5, Using mS-DS-ConsistencyGuid

Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016 release,…


Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 4, Using msDS-SourceAnchor

Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016 release,…


Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 3, An Aside on EmployeeID

Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016 release,…


Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 2, Lab Setup

Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016 release,…


Choosing a sourceAnchor for Multi-Forest Sync with AAD Connect – Part 1, Introduction

  Update 25th May 2017:- As of AAD Connect May 2017 release, version 1.1.524, the default sourceAnchor used by the setup wizard is mS-DS-ConsistencyGuid. This renders most of this blog post series moot but it will be maintained for reference.   This blog post series is based upon and tested with AAD Connect, December 2016…


マイクロソフトが推奨する Office 365 利用時の Office クライアントとバージョンについて

こんにちは、プロダクティビティ担当の杉山 卓弥です。 Office 365 利用時の Office クライアントのサポート状況や推奨事項ついて、2017 年 2 月時点の情報を本記事でまとめてご紹介します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、記事執筆時点のものであり、予告なく変更される場合があります。今後 Office 365 ご利用中・ご検討中の皆様にお知らせすべき情報が確認できましたら、本記事にてアップデートをさせていただきます。 Office クライアントに関するスケジュール (※ 1) Title: Office 365 ProPlus に関する更新 URL: https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2017/04/21/office-365-proplus-updates/   1. Office 365 ProPlus (2013 バージョン) サポートの終了 2017/02/28 をもって Office 365 ProPlus (2013 バージョン) のサポートは終了します。2017/03/01 以降も Office 365 ProPlus (2013 バージョン) を利用し続けることは可能ですが、以下のサポート チーム ブログで記載の通り様々な制約が発生しますので、できる限り速やかに Office 365 ProPlus (2016 バージョン)…


Типичные ошибки администраторов Configuration Manager и лучшие практики: часть 2

Во второй части статьи мы рассмотрим опасности, которые возникают при установке агентов Configuration Manager (ConfigMgr) на терминальные серверы, а также дадим несколько общих рекомендаций по обслуживанию инфраструктуры ConfigMgr, в том числе важные замечания о том, что делать не надо. Первая часть статьи опубликована здесь. Терминальные серверы: Данный вид серверов я выделяю в отдельный класс, т.к. они совмещают в себе свойства…


代理人から非公開のアイテムが参照できなくなった場合や代理人設定時に「 [代理人] タブの設定は正しく保存されませんでした」エラーが発生する場合の対処方法について

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。 代理人から突然非公開のアイテムの参照ができなくなった場合や代理人設定時エラーが発生したという事象の対処方法についてご紹介いたします。 別のWindows ユーザーでログオン時に代理人設定時でエラーが発生している場合は、以下のブログ記事をご覧ください。 タイトル : Windows ログオンユーザー以外の代理人設定時に発生する事象について URL : <http://blogs.technet.com/b/outlooksupportjp/archive/2015/06/30/windows.aspx> 現象 代理人アクセスの設定時に 「代理人に非公開に設定したアイテムへのアクセスを許可する」 をオンにしておくことで、代理人は非公開のアイテムであっても参照を行うことが可能です。 この設定を行っているにもかかわらず非公開のアイテムの参照ができない場合や代理人設定時以下のようなエラーがする場合があります。 ※ エラーメッセージは異なる場合もございます。 「[代理人] タブの設定は正しく保存されませんでした。空き時間と予定の入っている時間の情報をアクティブできません」 原因 非公開アイテムの設定が格納されている Freebusy フォルダーやルールに不整合が生じている場合に発生いたします。 対処方法 Freebusy フォルダーの初期化とルールの削除を行ってから、代理人の再設定を行うことで事象を解消することができます。 – 事前準備 代理人設定については、[ファイル]タブ -[アカウント設定]-[代理人アクセス] をクリックし、スクリーンショットを採取しバックアップとしてください。 – 手順 1. 代理人を設定する側の端末にて Outlook を終了の上、以下の URL から [MFCMAPI 32 bit executable – April 2017 (17.0.17099.01)] のリンクをクリックしてMFCMAPI.exe をダウンロードします。 Title: Release April…