Project Online の PWA 上で編集できないフィールドについて

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 Project Online の Project Web App サイト (PWA サイト) 上にて、プロジェクトおよび、プロジェクト内のタスクの編集を行うことが可能ですが、一部のタスク フィールドについては PWA 上では表示のみとなり、編集をすることができません。 この場合は Project Professional 2016 上で PWA サイト上のプロジェクトを開き、編集をする必要があります。 例として、お問い合わせでよくいただく、上記に該当するフィールドは下記となります。 実際の達成率 進捗管理者 ハイパーリンク メモ その他、フィールドではありませんが、統合プロジェクト (マスター プロジェクト) の作成、編集を行うためには Project Professional 2016 上で開く必要があります。 以上のように、ブラウザー上での操作ができない場合は、Project Professional 2016 上での編集をお願いいたします。 なお、オンプレミス製品である、Project Server 2016/2013 でも同様の動作となります。 今回の投稿は以上です。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Microsoft Exchange & Office365 を利用するグループスケジューラ『OnTime Group Calendar for Microsoft』

[提供: OnTime Group Calendar Direct Shop (有限会社アクセル)] OnTime Group Calendar  for Microsoft は横軸をタイムスケールとする行き先ボードで慣れ親しんだデザインのエンタープライズ対応グループスケジュールです。   ■OnTime Group Calendar  for Microsoftとは 既にエンタープライズ市場で大人数で高速動作が話題になっているグループカレンダー。もちろんオンプレミスのMS Exchange とクラウドのMicrosoft Office 365のどちらにも対応します。 OnTime Group Calendarは社員の決断力を向上させるため、組織の全ての予定イベントの参照機能と強力なコーディネート機能を備えたグループスケジュールを提供します。


Implementing a Skip List in C

I’m dedicating this post to a new data structure. That is the SkipList. This is an intriguing data structure with many benefits. In addition, I’ve decided to implement this data structure in C. Before I go about explaining the data structure itself I want to explain what drove me to implement it in C. I’ve been programming…


MPN関連アップデート:Dynamics 365 Plan 1社内使用ライセンス提供開始、他【1/25 更新】

  ① Dynamics 365 Plan 1社内使用ライセンス提供開始 2016年12月13日(日本時間)より、Dynamics 365 Plan 1 の社内利用ライセンスの提供が始まりました。 基本特典として提供がされておりますので、いずれかのコンピテンシーをお持ちのパートナー様は今すぐ、最新のDynamics 365 Plan 1 をご利用いただくことが可能ですので、ぜひご活用ください。 また、Cloud CRM コンピテンシーをお持ちのパートナー様におかれましては、基本特典に加えさらにコンピテンシー特典として追加ライセンスも提供されておりますので、併せてご確認ください。


Move email messages from a source folder to a target folder with EWS Managed API 2.2, in Exchange Online (including archive mailbox folders)

I have recently heard that there are customers interested in finding a way to move hundreds of emails from a source folder located in their primary mailbox, to a target folder from within their archive mailbox. Although, I am still an apprentice when it comes to programming, I have managed to create the script below which helped me…


Office 365 Planned Service Changes for 2017 – Admin Action Required

The goal of this post is to compile all announced Office 365 service changes for 2017, especially those that may require admin action, into a single reference. These changes are listed below in chronological order, based on the “Action Required” date. Additional information and resources related to these changes are provided where applicable. Updates will…


Using Portal Capabilities in Dynamics 365 (CRM)

Portal Capabilities of Microsoft Dynamics 365 The Portal Capabilities of Microsoft Dynamics 365 extend Dynamics 365 (CRM) to the web delivering a best-in-class web engagement experience for community, partner management, customer service and a breadth of other solution areas. One of the most compelling features of the Portal Capabilities of Microsoft Dynamics 365 is the set of functionalities…


Типичные ошибки администраторов Configuration Manager и лучшие практики: часть 1

В одной из предыдущих статей этого блога мой коллега Андрей Борзенко рассказывал о мерах предосторожности, которые позволяют избежать очень неприятных проблем при использовании Configuration Manager (далее ConfigMgr). Однако дизайн продукта таков, что некоторые ошибки администрирования продукта приводят к менее критичным, но все еще болезненным последствиям – вплоть до остановки работы самого сервера ConfigMgr и открытия…


Working with Azure Storage Tables from PowerShell

Hello, this is Paulo. In this blog post I’m going to show how to work with Azure Storage Tables from PowerShell, through a sample PowerShell module that I created for operations like Add, Retrieve, Update and Delete table rows/entities exposed as functions.   Update 12/04/2017: Due to a large number of customers that have applications…


Workflow Manager Support for SQL 2014 with a SharePoint Farm

This post contains information for Workflow Manager CU3. Please see KB4019220 for information workflow manager CU4.  http://support.microsoft.com/en-us/help/4019220/description-of-the-cumulative-update-4-for-workflow-manager-1-0 With SharePoint 2016 supporting a minimum of SQL Server 2014 Service Pack 1, many customers have asked if they need a separate SQL Server 2012 instance for the Workflow Manager farm that supports their SharePoint installation. This post…