TechNet Wiki Banners for 2017

Good day to all TechNet Wiki Gurus, Judges, and guests. Once more, I have the honor and the privilege to write this blog in behalf of the TechNet Wiki council, where I can thank you all for great work and amazing discussions. If you are a member of TechNet Wiki community on Facebook, then this blog…

19

Six reasons your Microsoft Remote Desktop Services (RDS) data center business will die–and what to do about it

Remote Desktop Services (RDS) supports the steady growth of thousands of service providers, with both desktop and app/ISV RDS business models creating long term customer contracts and repeatable business. At the same time, a growing number of RDS providers are abandoning their data centers and choosing to migrate their RDS implementations to Azure. Here are…


Updates for Surface Pro 3 (30 January 2017)

If you’ve subscribed to the Surface IT Pro Bulletin newsletter, you’ll already know that we’ve just released new driver and firmware updates for Surface Pro 3 to Windows Update last night (If you’re not currently subscribed, you can do so here). These updates include new drivers and firmware for Intel (R) HD Graphics Family, Intel(R)…


Office Go-to-Market (GTM) Guide for ISVs

Todd Sweetser Hi Cloud Partners!  I know that many of you out there may have an ISV side to your practice, or perhaps you are thinking of developing one to help give you some great value added capabilities.  With that, this came across my desk and I wanted to share it with you as a…


Windows (Storage) Server 2016をインストールして起動すると、サーバー マネージャーにDownloaded Maps Manager サービスの警告が表示される。

  こんにちは、Windows Platform サポートです。 Windows (Storage) Server 2016 をインストール後、サーバー マネージャーのダッシュボード警告があるサービスとして、[Downloaded Maps Manager] が表示される事象について、ご紹介します。   [現象の内容] サーバー マネージャーのダッシュボードに、赤色で警告が表示され、詳細として以下のように表示されます。   [現象の原因] サーバー マネージャーでは、スタートアップの種類が [自動] または [自動 (遅延開始)] となっているサービスのうち、停止しているサービスがあると警告を表示します。 Downloaded Maps Managerサービスは、自動で開始した後、10 秒以内にこのサービスを利用するアプリケーションがない場合は自動的に停止するため、この停止に伴い警告が表示されます。   [現象の対処策] この警告が表示されないようにするには、以下の手順で、サーバー マネージャー上の監視対象から Downloaded Maps Manager サービスを除外するか、サービスのスタートアップの種類を変更して自動で起動しないようにします。   —- (A) サーバー マネージャーの監視対象から外す方法 サービスの詳細画面で、監視する対象のサービスから Downloaded Maps Manager のチェックを外します。   —- (B) Downloaded Maps Managerサービスのスタートアップの種類を変更する方法 自動で開始されなくなるため、サーバー…


Windows (Storage) Server 2016をインストールして起動すると、サーバー マネージャーにDownloaded Maps Manager サービスの警告が表示される。

  こんにちは、Windows Platform サポートです。 Windows (Storage) Server 2016 をインストール後、サーバー マネージャーのダッシュボード警告があるサービスとして、[Downloaded Maps Manager] が表示される事象について、ご紹介します。   [現象の内容] サーバー マネージャーのダッシュボードに、赤色で警告が表示され、詳細として以下のように表示されます。   [現象の原因] サーバー マネージャーでは、スタートアップの種類が [自動] または [自動 (遅延開始)] となっているサービスのうち、停止しているサービスがあると警告を表示します。 Downloaded Maps Managerサービスは、自動で開始した後、10 秒以内にこのサービスを利用するアプリケーションがない場合は自動的に停止するため、この停止に伴い警告が表示されます。   [現象の対処策] この警告が表示されないようにするには、以下の手順で、サーバー マネージャー上の監視対象から Downloaded Maps Manager サービスを除外するか、サービスのスタートアップの種類を変更して自動で起動しないようにします。   —- (A) サーバー マネージャーの監視対象から外す方法 サービスの詳細画面で、監視する対象のサービスから Downloaded Maps Manager のチェックを外します。   —- (B) Downloaded Maps Managerサービスのスタートアップの種類を変更する方法 自動で開始されなくなるため、サーバー…


Join your regional February SMB Partner Insider call this Friday

  Garrett Bundy   Hello Partners! Join your local Microsoft US team for the SMB Partner Insider call Friday, February 3, 2017. You’ll get valuable, actionable information to help your Microsoft business grow. Presenters on these calls include the Microsoft Regional General Manager, Partner Sales Executives, Partner Channel Development Managers, Partner Technology Strategists and guest…


FastTrack のサービス拡大に伴う Windows 10、Dynamics 365、Microsoft Teams のサポート

(この記事は 2017 年 1 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 FastTrack expands to support Windows 10, Dynamics 365 and Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office マーケティング担当シニア ディレクターを務める Cyril Belikoff の記事をご紹介します。 当初、Office 365 のお客様向けに 1 回限りのオンボーディング特典として提供されていた Microsoft FastTrack は、この 18 か月間でお客様を成功に導くサービスとして急速に進化を遂げ、企業のお客様による Office 365 や Enterprise Mobility + Security (EMS) のオンボーディングとユーザーへの普及を支援しています。 今回は、Office 365 FastTrack の複数のサービス強化と、Windows 10 FastTrack (英語) および…


Upgrade Analytics Breaking Change: Post Migration Update

Several weeks ago, we posted about a breaking change that we would be making in the Upgrade Analytics back end on January 31st, 2017. Today, we successfully switched over our processing to the new pipeline, as planned. We have been and will continue to actively monitor the service throughout the next few days in case issues arise.  Further…


MSGコマンドを利用してドメイン内のすべてのコンピューターにログオン中のユーザーへメッセージを送信する

Windows プラットフォーム サポートの 佐々木 俊暢 です。 管理者からユーザーに対して業務連絡や緊急の告知を行う際にメーリングリストやメッセンジャーなどを利用した方法が用いられることがありますが、ユーザーがメールやメッセンジャーに気づかず、連絡が行き届かないことがありますね。 もっと、リアルタイムに確実なメッセージの伝達を行いたい!という管理者様のために、Windows 標準コマンドである、MSG コマンドを利用した、ユーザーへのメッセージの通知方法をご紹介させていただきます。 MSG コマンドでは、以下のようなメッセージをユーザーに通知することができます。(OS により、表示フォーマットが異なります。) ※ MSG コマンドのメッセージ表示画面は最前面に表示されるため、他のウィンドウを開いているユーザーに気づいてもらいやすくなります。 なお、MSG コマンドには以下のような注意事項がございます。 注意事項: すべてのコンピューターに対してメッセージを送ることはできません。1 台のコンピューターに対してのみメッセージ送信が可能です。 このコマンドの実行には管理者権限が必要です。 初期値では、受信したメッセージは 60 秒間だけ画面に表示されます。/TIME:秒 オプションを指定することで、表示時間を変更することは可能です。 MSG コマンドはメッセージを送信するコンピューターを 1 台しか指定することができないため、複数のコンピューターに通知するためには MSG コマンドのみでは実現することができません。 そのため、複数のコンピューターに通知を行うためにはスクリプティングを行うなどの工夫が必要になります。 今回は PowerShell を用いた複数のコンピューターに対して、MSG コマンドでメッセージを送付する方法をご紹介させていただきます。 PowerShell を用いて、ドメイン内のすべてのコンピューターに対して、MSG コマンドでメッセージを送信する方法。 前提条件: MSG コマンドは、ドメイン コントローラーから、管理者の権限を持ったユーザーから送信します。 MSG コマンドでメッセージを送付する対象のコンピューターはドメインに参加しているコンピューターとします。 メッセージの表示対象は、ログオン中のユーザーとします。 実際複数のコンピューターに対して、MSG コマンドの送信を行う前に、1 台のコンピューターに対して、期待するメッセージが送信できるか確認しましょう。 (1) MSG コマンドの送信確認 ドメイン コントローラーに管理者権限を持つユーザーでログオンし、コマンド プロンプトから、以下のコマンドを実行します。 メッセージの送信対象のコンピューター名は、COMPUTER-001 とします。…