TechNet Wiki Guru Winners – November 2017!

All the votes are [finally] in!    And below are the results for the TechNet Guru Awards, November 2017 !!!!   The TechNet Guru Awards celebrate the technical articles on TechNet, contributed from valued wiki authors like YOU! Each month, the contributions are scored by a panel of judges (5 per category, 2-3 in each are MS experts), and…


ACS の移行スケジュール

こんにちは、Azure & Identity サポート チームの石川です。   今回は、ACS (Azure Active Directory アクセス制御サービス) の移行について紹介します。 ACS の概要 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/azure/gg429788.aspx 既に Azure クラシック ポータル上やメールなどでもお伝えをさせていただいておりますが、ACS は 今後利用できなくなるため、Azure AD B2C の機能を利用するように移行を進めていただく必要があります。移行スケジュールについては、下記の弊社 Web サイトに最新の情報がございますが、このブログでも日本語で案内させていただきます。 Time to migrate off Access Control Service https://azure.microsoft.com/en-us/blog/time-to-migrate-off-access-control-service/   既に作成/有効化済みの ACS の名前空間内のデータ管理は、2018年11 月 7 日まで https://<namespace>.accesscontrol.windows.net に直接アクセスすることで継続して可能です。 ただし、名前空間自体の新規作成、削除、有効化、一覧表示のために用意された http://manage.windowsazure.com/?restoreClassic=true は、2018 年 4 月以降は Azure クラシック ポータル上の機能が完全に利用できなくなることに伴いご利用いただけなくなる予定です。 なお、現在この URL で表示される日付…


Chkdsk の動作について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの 高谷 です。 今回は Chkdsk プログラムの使い方についてご紹介します。 ■ そもそも Chkdsk はどんな時に使うのか? Chkdsk はWindows XP/2000 から実装されたファイル システムの整合性を確認および修復するツールです。ソース:NTFS イベント ID:55 などのファイル システムの破損を示唆するエラーのイベント ログが発生した場合に、Chkdsk コマンドを使用します。オプションを指定することで、ファイル システムに不整合が発生している箇所を自動的に修復することができます。オプションを設定せずに Chkdsk 読み取り専用モードで実行することで、整合性の確認のみ (エラーの修復は実行しない) を行うこともできるため、比較的使用する機会の多いコマンドになります。 基本的な構文と使用例を以下に示します。 //読み取り専用モードで Chkdsk を行う場合 >chkdsk [Volume:] 例えば、D ドライブのファイル システムの整合性の確認を行う場合は、以下のようになります。 コマンドの例) >chkdsk D: ※ドライブを指定しない場合は現在のドライブについて処理が行われます。 ソース:NTFS イベント ID:55 につきましては以下の公開情報をご確認ください。 参考資料) “ソース : NTFS、ID: 55 のイベント” ソース : NTFS、ID: 55 のイベント…


The End of Support for Older TLS Versions in Office 365

by David Branscome, with a callout to Joe Stocker at Patriot Consulting for the heads-up! The SSL/POODLE Attack Explained UPDATE: As per the support article listed here (https://support.microsoft.com/en-us/help/4057306/preparing-for-tls-1-2-in-office-365) We will be extending support for TLS 1.0/1.1 through October 31, 2018 in order to help ensure our customers are adequately prepared for the changes.   As most…


Alta disponibilidad en Máquinas Virtuales.

Hola:   Hablando de alta disponibilidad en el centro de Datos en sitio, regularmente la infraestructura contempla elementos de redundancia o “fail over”, ya sean ruteadores de red, ruteadores de fibra, los servidores tienen 2 tarjetas de internet, 2 tarjetas de fibra, 2 fuentes de poder, así mismo las unidades de almacenamiento tienen 2 unidades…


How To–Load Exchange Management Shell into PowerShell ISE

1. Introduction This post provides you with the method to load the Exchange Management Shell into ISE. The ingredients we’re using for this trick are: the ISE console the ISE PowerShell profile the PowerShell script that loads into the Exchange Management Shell default shortcut   2. Prerequisites The prerequisites are that your Exchange Management Tools,…


Reliable Time Monitor False Positives for AD Domain Member Monitoring

Disclaimer: Due to changes in the MSFT corporate blogging policy, I’m moving all of my content to the following location. Please reference all future content from that location. Thanks. I had a chance to work with a customer on importing the new AD MP for SCOM. I like this MP in particular, as it’s much…


Member ユーザーと Guest ユーザーについて

こんにちは、Azure & Identity サポート チームの坂井です。   Azure AD に所属しているユーザーの種類として、下記のように 「Member」 と 「Guest」があります。 今回は、こちらのユーザーの種類について説明します。     はじめに 下記のように、個人アカウントや別テナントの職場または学校アカウント (組織アカウント) を追加した (Azure AD B2B の機能を利用した) 場合に、ユーザーの種類が 「Guest」 として追加されます。       これ以外の Azure のサブスクリプションのサインアップで利用した個人アカウントや組織内のドメイン (上記の例の場合:contso.com) をユーザー名 (例:test@contoso.com) に持つユーザーは「Member」として登録されます。 また、クラシックポータル  (旧ポータル) より追加した外部ユーザーについては 「Member」として登録されております。     詳細 既定ではゲスト ユーザーに対しては、 Azure AD のデータへのアクセスを制限しています。 そのため、ゲスト ユーザーでサインインした場合、招待された Azure AD のユーザーの一覧を参照することもできませんし、各種設定の参照・変更も制限されています。 もちろん、サブスクリプションに対する権限を付与していない場合は、サブスクリプションのリソースを操作することもできません。 (一般ユーザーとゲスト ユーザーがそれぞれできること…


第 N 週にスケジュールされたタスクが 1 週間前に実行される事象について

  [更新履歴] 2018 年 3 月 7 日 タイトルを以下のとおり変更し、調査状況を更新しました。 修正前: 第 2 週/第 4 週にスケジュールされたタスクの実行が 1 週前にずれる事象について 修正後: 第 N 週にスケジュールされたタスクが 1 週間前に実行される事象について2018 年 4 月 16 日 発生条件を修正しました。 2018 年 5 月 1 日 再検証の結果、発生条件から「実行月の 1 日が、日曜日以外であること」を除外しました。 2018 年 8 月 31 日 Windows Server 2016 / Windows 10 Version 1607 向けの更新プログラムリリースの旨を更新しました。 2018 年 10 月 30 日 Windows…