マスター イメージ作成時の更新の適用について

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートです。 今回は、Windows 10 の環境でマスター イメージを作成する際の注意点として、累積的な更新プログラムの適用について記載いたします。 Windows 10 では弊社にお寄せいただく多数のお問い合せやご要望をもとに、様々なモジュールに修正を行い、その内容を適時 累積的な更新プログラムとして公開しております。 そのため、展開用のマスター イメージを作成いただく際には、まずはその時点の最新の累積的な更新プログラムを適用いただくことを強く推奨いたします。 モジュールを最新の状態に更新いただいた上で、カスタム イメージの作成や Sysprep の実行など、展開に必要な作業を実施いただくことで、累積的な更新プログラムで改善されている既知の問題をあらかじめ回避することが可能です。 なお、累積的な更新プログラムに含まれている品質向上の概要につきましては、以下の更新履歴をご参照ください。 Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12387/windows-10-update-history また更新履歴では詳細に触れられていませんが、例えば 2016 年 9 月 に公開しました累積的な更新プログラムにおいては、マスター イメージの作成時の手順に起因して、イメージの展開後にスタート メニューを開けなくなるなど、展開時に特有の問題についての更新も含まれています。 上述のような問題の発生を避けるためにも、出来る限り、最新の累積的な更新プログラムを適用した形での検証、作業を実施してください。 注意事項 ・Windows 10 のアップグレード マスター イメージ作成時には、上記のように更新プログラムを適用いただきたいところですが、Windows 10 のバージョンが変更されるような機能更新 (アップグレード) を適用後の Sysprep の実施は推奨ではありません。 2015 年 11 月に公開されました…


Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法と留意点

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの但木です。 今回は Azure Backup の中でも特にご質問の多い、Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナー の冗長設定を登録する方法と、冗長設定の留意点についてご案内します。   多くいただくご質問の一つに、 「冗長設定を気にすることなく (または気づけず) Azure IaaS VM バックアップ (または Azure Backup エージェント) を利用しているが、使用料金の高い地理冗長ストレージ (GRS) が初期設定となってしまっていたため、使用料金の安い冗長先に変更したい」 という内容がございます。 ですが、現状ではバックアップをご利用いただいている場合、途中で冗長先を変更することはできません (2016/12/08 現在)。※現在弊社開発チームよりバックアップご利用中でも冗長設定を変更できるよう検討しています。 その結果、コスト面を懸念し今まで使用していた Recovery Services コンテナー (今まで取得したバックアップ データを含む) を削除するに至るというケースがありました。 このようなケースを少しでも軽減できるよう、バックアップをご利用いただく前に Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法をご案内します。  ※ストレージの冗長設定を変更できないタイミング============ ・Virtual Machines のバックアップの場合は、Recovery Services コンテナーを作成後バックアップ ポリシーを登録すると変更できません ・オンプレミスによるファイルやフォルダーなどのバックアップの場合は、Azure Backup…


SCOM 2012 and 2016 WebConsole and FIPS Compatibility

Disclaimer: Due to changes in the MSFT corporate blogging policy, I’m moving all of my content to the following location. Please reference all future content from that location. Thanks. Update:  I had the opportunity to test this on SCOM 2016 and the same procedure works. Also, I’ve uploaded GAC util as well as the SCOM…


Alert Management Tuning: The SQL Management Packs

Disclaimer: Due to changes in the MSFT corporate blogging policy, I’m moving all of my content to the following location. Please reference all future content from that location. Thanks. I recently had the privilege of participating in a discussion in regards to some of the alerts generated by the SQL management pack, In so doing,…