When deploying Windows 7 the Apply Driver Package task fails when the ADK is upgraded to the ADK 10 1607 or newer

Update 2017-08-17 The issue with the Install driver package via running DISM with recurse option feature not working when using Access content directly from a distribution point when needed by the running task sequence is being fixed in ConfigMgr Current Branch 1710. We are also exploring backporting the fix to ConfigMgr Current Branch 1706. No…

71

IT 認定資格のビジネスバリュー【12/26 更新】

マイクロソフト認定資格保持者が高評価に マイクロソフト認定資格保持者が、各社のリクルーティングの際に注目されています。それはマイクロソフト認定資格が優秀なITプロフェッショナルを育成するからです。マイクロソフト認定資格保持者は、結果がでるまでの時間を短縮し、現場ですぐに活躍することができ、課題に対処する能力に長けています。 IDCホワイトペーパー『IT認定資格のビジネスバリュー』を読んで、マイクロソフト認定資格を保持するIT プロフェッショナルを採用する価値を知りましょう。主なメリットは次の通りです。   生産性の向上 認定資格保有者は、コア IT 活動全体において生産性が 17% 高くなっています。   さらなるリスク低減 認定資格保持者は、問題発生時の計画外のダウンタイムを 56% 短縮します。   ビジネスの俊敏性の向上 認定資格保持者を雇用すると、最終的な収益に有利になります。   安定的な雇用 一般的に、認定資格保持者は、自身の仕事に対する満足度が高く、認定資格を持たない従業員よりも勤続期間が 15% 長くなっています。   詳細は、『IT認定資格のビジネスバリュー』のPDF ファイル をダウンロードしてご確認ください。  


Updated! PowerShell Core 6.14 and AzureRM.NetCore.Preview Module Install Scripts for Ubuntu and OS X

NOTE: This post is now out of date. To view the latest scripts for installing PowerShell Core, please check out my most recent PowerShell Core blog post here. Quick update today – I previously wrote new install scripts for PowerShell Core 6.11 with the AzureRM.NetCore.Preview module and optional install of Azure CLI. You can access the scripts…


No slowdown in Cerber ransomware activity as 2016 draws to a close

As everybody else winds down for the holidays, the cybercriminals behind Cerber are busy ramping up their operations. Following our discovery of a spam campaign that takes advantage of holiday shopping, we found two new campaigns that continue distributing the latest variants of Cerber ransomware. These campaigns are the latest in a series of persistent cybercriminal…


Cloud4Good: Cloning, Compiling and Deploying the Child Finder Xamarin Mobile App

Back in October RedBit had an opportunity to participate in a weekend hack to try and leverage technology to find missing children. It was a collaboration with Missing Children Society of Canada, City of Calgary, Calgary Police Service, Microsoft and RedBit. This article will focus on how to get the Xamarin project up and running…


Why you need a cloud access security broker in addition to your firewall

In conversations with customers, a frequent question comes up that I thought I’d answer: why do I need a cloud access security broker (CASB) when I have my trusted firewall? A CASB will help you protect your cloud and SaaS apps from cybersecurity attacks, insider threats, and potential data loss. Firewalls vs CASB Firewalls are…


Where are the Server 2016 Management Packs?

    I will try to use this post as a running record to help you find all the MP’s that we have released for Windows Server 2016 OS and the unique server roles for which we create MP’s for. As with all MP’s, you should give great scrutiny, and only import MP’s that are…

26

AD FS の証明書更新手順(トークン署名証明書、トークン暗号化解除証明書)

皆様、こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当の竹村です。 前回に引き続き、本エントリではトークン署名証明書、トークン暗号化解除証明書の更新手順をご紹介いたします。 トークン署名証明書、トークン暗号化解除証明書は AD FS が発行する自己証明書であり、既定では1年に1回自動的に新しい証明書の作成、更新処理が行われます。 これを、自動ロールオーバー機能と呼びます。 自動ロールオーバー機能は、具体的には以下のように動作します。 1. 有効期限が切れる 20 日前に、セカンダリのトークン署名/トークン暗号化解除証明書を作成します。 2. 上記 1 でセカンダリの証明書が作成されてから 5日後に、セカンダリの新しい証明書がプライマリとなり、実際に利用されるようになります。 ※ この 5日間の間に、証明書利用者信頼に新しい証明書を登録する必要があります。 ここでは、これらの証明書を手動で更新する手順をご案内いたします。 また、補足として証明書の有効期限を既定の 1年 から変更する方法についても併せてご紹介いたします。   – 対象リリース Windows Server 2012 R2 (AD FS 3.0)   – 更新手順 以下の流れで更新作業を行います。 —————— 手順の概要 —————— 1. セカンダリのトークン署名/トークン暗号化解除証明書を作成 2. 証明書利用者信頼 (Office 365) の証明書情報を更新 3. セカンダリのトークン署名/トークン暗号化解除証明書をプライマリに昇格 4. Active Directory…


Microsoft Planner にて個人用メールボックスに通知を受け取るために必要な手順について

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 本記事では Microsoft Planner (以下 Planner) の各プランにて、個人用メールボックスにて通知を受け取るために必要な手順をご案内いたします。 なお、本日 (2016 年 12 月 14 日) 現在の情報となるため、動作に変更等がある可能性があります。 目次 1. 動作の概要 2. 設定変更方法 3. 受け取るメールの種類 1. 動作の概要 Planner 製品には通知の機能がありますが、既定では OFF となっております。 このため、既定ではプラン (Office 365 グループ) が作成されたこと、およびプランにメンバーとして追加されたことは個人用のメールボックスに対して通知されますが、それ以外のことについては通知されません。 通知を受け取るためには、下記の設定変更が必要です。 2. 設定変更方法 個人用のメールボックスにて通知を受け取るために、プランごとに必要な手順、および、各ユーザーごとに必要な手順があります。 2-1. プランごとに必要な手順 プランを作成した Office 365 ユーザーにて、Planner ページから対象のプランを表示します。 プランの […] のメニューから、[プランの編集] をクリックします。 [プランの会話フィードにタスクの割り当てとタスクの完了についての通知を送信します。] のチェックを入れ、[保存] をクリックします。(このメニューは、プランごとの設定となりますので、プランに対し 1 度実行いただくことで問題ありません。) 複数プランの設定が必要な場合は、それぞれのプランに対して…


Cloud4Good: Extracting Data from the Twitter API through Azure Functions

Azure Functions has quickly become one of my favorite technologies  in Azure. I find myself working a wide range of projects; with many of them being proof of concepts or hack-a-thons. With these formats, I am always looking for the fastest ways to develop the critical pieces of the software. For the Missing Children Society…