KB3200970 適用後にインターネット接続が失敗する現象と、対処方法について

問題の概要 Windows Update により KB3200970 の更新プログラムを適用後、インターネット接続ができなくなる問題が発生することがあります。 この問題は、Windows 10 バージョン 1607 で KB3200970 を適用して以降、OS 再起動を実施していないコンピューターで発生します。 この問題が発生すると、ネットワーク アダプターの IP アドレスが意図せず APIPA (169.254.x.x の範囲の IP アドレス) となり、ネットワーク通信ができない状態となります。   原因 KB3200970 の更新プログラムを適用して以降、OS 再起動をしていない等、後述の発生条件によって CDPSVC サービスが停止することで、IP アドレスの取得に失敗します。 ※ 本 Blog の作成当初、KB3200970 適用後の問題として多くのお問い合わせを頂いたため、KB3200970 について明示的に記載していますが、 ※ その後、KB3200970 で適用される Cdp.dll のバージョン (10.0.14393.447) 以前の cdp.dll でも、同事象の発生事例があります。   発生条件 Windows 10 Version 1607 で、完全なシャットダウン (または…


第4次産業革命を生き延びよう!「マイクロソフト モダン パートナー シリーズ」全 5 巻 【12/19 更新】

パートナー ニュースレターでもご紹介させていただいていた、IDC 電子ブック (マイクロソフト後援) 『マイクロソフト モダン パートナー シリーズ』のパート1 からパート5までをリンクにまとめました。 ぜひご一読ください!


Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法と留意点

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの但木です。 今回は Azure Backup の中でも特にご質問の多い、Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナー の冗長設定を登録する方法と、冗長設定の留意点についてご案内します。   多くいただくご質問の一つに、 「冗長設定を気にすることなく (または気づけず) Azure IaaS VM バックアップ (または Azure Backup エージェント) を利用しているが、使用料金の高い地理冗長ストレージ (GRS) が初期設定となってしまっていたため、使用料金の安い冗長先に変更したい」 という内容がございます。 ですが、現状ではバックアップをご利用いただいている場合、途中で冗長先を変更することはできません (2016/12/08 現在)。※現在弊社開発チームよりバックアップご利用中でも冗長設定を変更できるよう検討しています。 その結果、コスト面を懸念し今まで使用していた Recovery Services コンテナー (今まで取得したバックアップ データを含む) を削除するに至るというケースがありました。 このようなケースを少しでも軽減できるよう、バックアップをご利用いただく前に Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法をご案内します。  ※ストレージの冗長設定を変更できないタイミング============ ・Virtual Machines のバックアップの場合は、Recovery Services コンテナーを作成後バックアップ ポリシーを登録すると変更できません ・オンプレミスによるファイルやフォルダーなどのバックアップの場合は、Azure Backup…


Outlook 2010 で「予定表」と「Calendar」の二つの予定表が作成される問題

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 この記事では、Outlook 2010 で「予定表」と「Calendar」の二つの予定表が作成される問題についてご紹介します。 現象 Outlook 2010 で突然「予定表」と「Calendar」の二つの予定表フォルダーが存在するようになり、既定の予定表が変わってしまうことがあります。 そして新規に作成された方のフォルダーのアクセス権を持ってないユーザーが、予定表を確認できなくなってしまうという状況が発生します。 原因 以下の場合に発生することが確認されています。 a) iPhone などのモバイル デバイス から Exchange メールボックスを同期している場合 b) サードパーティ製のアプリケーションを利用して同一の Exchange メールボックスを同期している場合 c) オンライン モードからキャッシュ モードへ切り替え後、Outlook 初回起動時にローカルの OST ファイルとメールボックスのフォルダー階層の同期に時間がかかった場合 d) サーバーにある予定表フォルダーの破損等が生じ、既存の既定予定表フォルダーを認識しなくなった場合 e) サーバーと言語設定が異なり、それを Outlook と同期する時に問題が発生した場合 対処方法 以下の順に既定ではない予定表上のデータを既定の予定表に移動し、さらに既定のフォルダーの情報を修復します。 A. 予定表データの移動と重複した予定表の削除 (MFCMAPI を使用する方法) A’. 予定表データの移動と重複した予定表の削除 (Outlook を使用する方法) B. 既定のフォルダー名のリセット (Outlook を使用する方法) B’. 既定のフォルダー名のリセット (OWA…


Outlook 2010/2013 で游ゴシック フォントが正しく表示されない現象について

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Windows 7 や Windows 8 環境 で Outlook 2010/2013 を利用してメールを受信すると、文中の游ゴシック フォントのマルチバイト文字が正常に表示できない現象が発生します。この現象についての原因や回避策をご紹介いたします。   発生条件 以下の条件を全て満たした場合に本現象が発生する可能性があります。(必ず発生する問題ではありません) a. Windows 7 や 8 など Windows 8.1 より前の OS を利用している b. Outlook 2013 以前のバージョンの Outlook を利用している c. OS のフォント ライブラリーに游ゴシックのフォントが存在しない ※フォント ライブラリーの既定の場所は C:WindowsFonts にあります。 d. メール本文 (テキスト形式以外) に、游ゴシック フォントに設定しているマルチバイト文字が存在する   現象の詳細 上記の発生条件を満たしている場合、現時点では下記のような現象が発生することを確認しております。 パターン 1 :  游ゴシック…


关于简化操作系统安全更新后的说明

从2016年10月开始,操作系统安全更新发布模式有所变化(请参考之前博文)。原来针对每个受影响的操作系统组件,往往会有单独的安全更新修复。从10月开始,这些针对操作系统不同组件的修复,均集中在一个安装包中完成。 对于企业用户,更新管理系统中会出现Security Only Quality Update 和Security Monthly Quality Rollup这两大类安全更新。由于Security Monthly Quality Rollup 本身就涵盖了当月发布的Security Only Quality Update,细心的用户会发现从11月份开始,Security Only Quality Update被当月的Security Monthly Quality Rollup 所取代。这个取代关系是产品组综合评定下来确定的。 <更新>2018年9月,Windows Server 2008 SP2也将采取这一模式,请参考博文。 <更新>2016年12月5日(太平洋时间),产品组听取多方反馈后发布了最新确认信息。从12月开始,当月的Security Only Quality Update将不再被当月的Security Monthly Quality Rollup 所取代。届时对于11月份的安全更新,也会相应修改元数据(Metadata)。使用Configuration Manager 2007的用户将无需各种复杂变通方法来部署Security Only Quality Update。详细信息您可以参考产品组博文https://blogs.technet.microsoft.com/windowsitpro/2016/10/07/more-on-windows-7-and-windows-8-1-servicing-changes/ 引文如下: “UPDATE: 12/5/2016: In November 2016, the Security Monthly Quality Rollups were released as superseding…


Checking for an elevated PowerShell prompt

I just built a tool for a team of consultants to use, and some of the commands require elevation.  Rather than relying on telling them it needs to be elevated, I wanted to be able to exit immediately if the session wasn’t so precious time wasn’t wasted. First, we need to figure out who the…


How to disable Microsoft Teams from Startup

Update 2017/03/07 – Now we can control the start up behaviour with an application setting. Although we use Microsoft Teams every day we might not want to run it on startup. MS Teams now has this two options, we need to go to Settings > General > Application: We simply disable Auto-start application , if we don’t…


Dynamic DNS registration process can cause queue build up and failures

Hey Folks! Ajay Sarkaria here with new information on the changes in dynamic DNS registrations. In the past, we have had many customers who call Microsoft support with scenarios where dynamic DNS registration from a Microsoft DHCP server either fail or is delayed. This causes printers or other critical devices to not get registered or…


Dual Boot with NO Hyper-V

The Nr.1 question people ask me on Hyper-V is “how do I make a dual boot with no Hyper-V?” Open an elevated command prompt: bcdedit /copy {current} /d “Boot with NO Hyper-V” The entry was successfully copied to {CopyTheFancyGUIDyouGet}. <- This is a GUID you have to copy and use in the next command) bcdedit /set {CopyTheFancyGUIDyouGot}…