SITE PUBLIS 4+Dynamics CRM Marketing

[提供: 株式会社ミックスネットワーク] デジタルセールスを加速する セールスマネジメントプラットフォーム~ コンバージョン強化やエンゲージメントの向上を実現! SITE PUBLIS なら、Microsoft Dynamics との連携でセールスとマーケティングが連動し、真の営業強化を実現します。


PUBLIS 4 MediaPack

[提供: 株式会社ミックスネットワーク] 日本初!ビジネス利用の動画配信がエンタープライズコンテンツ管理と統合!! PUBLIS 4 MediaPack は、Microsoft Azure の環境で高品質メディア作成から配信までの機能をご提供します。   SITE PUBLIS とは 強力なWeb運営基盤ツールとして、お客様のビジネス全体のプレゼンテーションを強化します。


全く新しいかたちのクラウド画像保存通信システム (PACS) が誕生『クラウドPACS』

[提供: 株式会社NEO] 弊社クラウド型PACSサービスのご紹介です。 フルクラウド型: 最新の仮想化技術を利用し、フルクラウド型のPACSを実現させました。プラットフォーム (データセンター)は Microsoft の Azure (*) を使用しています。 月額定額料金: 本来システム導入は導入時のイニシャルコストを考えなければなりませんが、弊社のPACSは月額定額料金となっており、初期コスト負担を極力抑えることが可能です。 インターネット: 弊社PACSはインターネット環境下で運用します。インターネット上にある便利なサイトを活用できます。セキュリティ上も仮想が技術により万全です。


自動進化型クラウド解析プラットフォーム『bodais』

[提供: 株式会社アイズファクトリー] データマイニング専業企業が開発する、解析プラットフォームbodaisの事例を交えたご紹介資料です。 多岐にわたる異なるタイプのデータ解析と300以上の解析プロジェクト実績で蓄積した確かな技術から生まれた機械学習機能を内蔵する自動進化型データ解析プラットフォーム。特定のデータ解析目的での利用にはじまり組み合わせ利用も可能。お客様自身で解析サービスやデータの多様な選択が行えます。


FastAPP Ver. 2

[提供:SCSK株式会社] 安く!早く!簡単に!サービスを提供できる長期安定利用が可能なJavaEEベースの「超高速開発・実行基盤」です。 FastAPP は、業務アプリケーション (業務アプリ)の「迅速な開発」「容易な運用」「柔軟な改善」を可能にするSCSKオリジナルの超高速開発&実行基盤です。何かとご多忙な貴社のIT部門に代わり、業務アプリケーションをまるごとSCSKにおまかせいただくことにより、変化の激しいビジネス環境に対応できる業務アプリケーションを「簡単に」開発・運用・改善できるようになります。  


「おもてなし」を支援する社内プラットフォーム『オキャックマ』

[提供: 株式会社ウサギィ] オキャックマは、スタッフとお客さまとの『やりとり』を保存・共有する社内プラットフォームです。パソコンとスマートフォンの両方からご利用することができます。これまで埋もれてしまっていた、自社スタッフとお客さまとの『やりとり』を保存・共有することにより、お客さまへの対応や満足度を向上させることができます。また、スタッフとお客さまとの関係全体を俯瞰することが可能になり、戦略立案や教育にも活用が可能です。


中古車商談管理システム『Export-Advance』

[提供: 株式会社ジェニオ] 『Export-Advance』 中古車輸出に特化した自社サイト・在庫管理・商談管理・船積管理システムのカタログです。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Skype for Business と Cisco の比較 【 12/26 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) Microsoft Skype for Business は異種のソリューションの寄せ集めではない、生産性、相互運用性、そして柔軟性が高く、単純で拡張性のあるコミュニケーション インフラです。   多くの管理が必要になるのと完全に統合されているのと、どちらがいいですか? ベンダーによっては、統合の難しさと断片化されたエクスペリエンスに課題がありますが、Skype for Business はあなたのチームをリアルタイムでつなぎます。 使い慣れたエクスペリエンス Cisco 断片化されたソリューション、複数のインターフェイス Cisco の買収を重ねてソリューションを広げるアプローチは、複雑なインフラの管理を要求されるだけではなく、ユーザーエクスペリエンスも断片化されます。そして Cisco のソリューションをオンプレミスとホスティング、オンラインで混合しようとすると、ユーザーは複数のクライアントを使用する必要があり、それぞれが断片化されてしまいます。 Microsoft 使いやすく統合されている、フェデレーション可能 Microsoft Skype for Business は、毎日使う Office アプリケーションのものとも同様の、みんなが知っている一般消費者向け Skype の使い慣れたエクスペリエンスと同様であり、企業向けの導入は簡単です。Skype for Business には統合クライアントが提供され、スマートフォン、タブレット、PC、そして Surface Hub 会議でシームレスなエクスペリエンスを提供します。 Skype for Businessフェデレーションにより、取引先と Skype for Business Online、または Lync を通してつながることができ、テキストメッセージ、在席情報、音声、ビデオ、会議、共有を行うことができます。Skype for Business では、テキストメッセージとビデオで、一般消費者向け Skype ユーザーとコミュニケーションすることも可能で、説得力のある一般消費者と企業間のエクスペリエンスを提供します。 統合されたプラットフォーム Cisco 企業向けには間違ったテクノロジー…


Getting started with Microsoft developer certifications

Looking after the Microsoft Technical Certification business, I’m fortunate to regularly engage with developers worldwide every year, both online and at numerous industry conferences. Most of our conversations revolve around two key questions. For the benefit of the developer community, I’d like to share my answers here:


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Office 365 と OpenOffice の比較 【 12/19 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) 展開、管理、効率で高いツケを払わないようにしましょう。マイクロソフトを選択することで、使い慣れた、流れるようなエクスペリエンスを利用でき、より効率的な共同作業が可能に。成長する柔軟性を獲得できます。   “無償” のコストは思ったより高いかもしれない 無償ダウンロードのトータルコストについて考えてみましょう。マイクロソフトを選択することで、仕事を遂行するのに必要なツールがすべて手に入り、手を抜かずに効率的に仕事をすることができます。   最新のユーザーエクスペリエンス OpenOffice 時代遅れで使いにくい OpenOffice は、現代的で直観的なユーザー インターフェイスを備えていません。最近の調査では、自らのユーザー インターフェイスを「扱いにくい」、「視覚的に魅力がない」、「非効率」と表現しています。 Office 365 使い慣れた直観的な操作 Microsoft Office 365 は洗練された直観的なユーザー インターフェイスを持ち、豊富な特長と機能を備えています。また、PC、携帯電話、タブレット、ブラウザーなど、プラットフォームにかかわらず優れたエクスペリエンスが得られるため、各人に最適なスタイルで仕事を進めることができます。   より効果的な共同作業 OpenOffice 仕事の進め方に対する制約 OpenOffice には、従業員が求める共同作業や場所を選ばないアクセスなどの機能がありません。さらに、限られた Office スイート及びグループウェアによって、仕事の進め方、仕事の場所、仕事の時間が制約されます。 Office 365 共同作業支援の促進 共同作業支援テクノロジーは、共有しやすさを促進するとともに、共有情報の一貫性を確保する必要があります。マイクロソフトは、Office 365 により、共同編集やマイクロソフト ユニファイド コミュニケーション テクノロジーとの統合、Office Online を使う選択肢など、多くの新機能を通じて共同作業支援を促進します。   成長する柔軟性 OpenOffice 妥協のコスト OpenOffice は、多くの組織が求める相互運用性、インフラストラクチャ、ツール、アーキテクチャ ニーズを満たしていません。このため、IT の複雑度が増してコストが上昇する危険があり、節約できたライセンス コストもあっという間に帳消しになります。 Office 365 将来に備えた柔軟性 Microsoft…