最新情報: Microsoft Partner Network の 2015 年 12 月の情報まとめ 【12/29 更新】

2015 年の日本マイクロソフトの営業日および MPN ブログへの投稿は本日で終わりです。今年もマイクロソフト製品をご愛顧いただきまして、また、MPN ブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございました。来年は 1 月 5 日より営業およびブログへの投稿を開始しますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。 さて、2015 年最後の記事では、パートナー様必見の 12 月のアップデートが更新されていますのでお知らせします。お時間のある時にぜひご覧ください。 閲覧には MPN アカウントでログインが必要なものもありますのでご注意ください。 [製品] Office 365、企業のセキュリティとコンプライアンスの分野で進化 [製品] Word のリアルタイム共同編集機能の詳細 [製品] 共同作業に対応した Outlook 2016 のファイル添付機能 [製品] iOS および Android 向け Outlook が急速に普及、デザインを刷新 [トレーニング] [mstep 資料] 新たなワークスタイルを実現するソリューション Office 365 プラン “E5” パートナー様向け説明会 [トレーニング] FY16 Microsoft FastTrack 活用のススメ [製品] 導入事例: Microsoft Office 365 で「生涯メール」の提供を開始。卒業後も在学中のメール アドレスの継続使用で卒業生との絆を維持(立正大学)…


[修正済] クイック実行版 (C2R 方式) の Outlook 2016 で、msg ファイル形式に保存したメールを送信すると本文が空白(ブランク・空)になる問題

2017/2/13 更新: この不具合の修正を含む Current Channel 、First Release for Deferred Channel ならびに Deferred Channel 向けの修正をリリースいたしましたので、[対処方法] [調査状況] セクションを更新しました こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は以下の現象についてご説明します。 現象 Office 365 ProPlus や Office 365 Solo など、クイック実行版 (C2R 方式) の Outlook 2016 で、msg ファイル形式に保存したメールを送信すると本文が空白(ブランク・空)になる問題が発生します。 ※Outlook 2013 につきましてはこちらの記事をご確認ください。 再現手順 1. [新しい 電子メール] から新規メールウィンドウを開いて、件名、本文を入力します。 2. 作成したメールアイテムを msg 形式でデスクトップなどに保存します。 3. 保存した msg 形式のメールアイテムを開いて送受信します。 4. 送信済メールまたは受信したメールを確認します。 –…


Power BI „Dejte otevřených datům šťávu“ – úvodní článek

Vysvetlení pojmuMicrosft Business  Inteligence– Vytažení relevantní informace, která nemusí být na první dojem zrejmá z datV podání Microsoftu máme dva prístupy:1. Firemní (korporátní) BI 1.1. Datové sklady 1.2. OLAP kostky 1.3. ETL- datové pumpy 1.4. SQL reporting services 2. Self Services BI – nástroje pro koncového uživatele 2.1. BI postavené na doplncích do  Excelu ( od verze Excel 2010)   2.1.1. PowerQuery (transformace dat, ETL)   2.1.2. PowerPivot (analytický model, tvorba modelu,…


Changes implemented by Essentials Role on Windows Server 2012 R2

[This post comes to us courtesy of Sandeep Biswas and Rituraj Choudhary from Global Business Support] Today we will discuss about the changes made to the server when the Essentials Experience role is installed and configured on a Windows Server 2012 R2 machine in an existing Active Directory domain. The Essentials role requires the following…


【パートナー事例】「ケアニーズ」をわずか半月で Azure に移行しリリース、クラスイットのクラウド ビジネスを加速するビジョンと、今後のビジネス展望【12/22更新】

2015 年 10 月に買収した事業の一部を Microsoft Azure へと移行し、同年 12 月に改めて正式リリースされた訪問介護事業所向けクラウド サービス「ケアニーズ」。移行に要した期間はわずか半月。このスピーディな取り組みを成功させたのが、株式会社クラスイット(以下、クラスイット) です。同社は 2008 年に創業し、これまではオンプレミスでの受託開発を中心にビジネスを展開していましたが、2015 年からクラウドへの取り組みを本格化、ビジネスを急速な勢いでシフトしつつあります。 クラスイットが急速にクラウド シフトを進める理由は何なのか。そして今後どのような展開を計画しているのでしょうか。クラスイット 代表取締役の阿部 文彦氏にお話をお聞きしました。 株式会社クラスイット 代表取締役 阿部 文彦氏 クラスイットの概要と「ケアニーズ」について まず御社の概要についてお教えください。 当社は 2008 年に広島で創業した SIer です。情報技術を用いて「心地よい環境とより良い仕組みのご提供」を目指しています。これまでの主な事業内容は、お客様の社内システムをイントラネットの形で構築する、オンプレミス型の受託開発です。 得意とする業種/業態はありますか。 特にありません。業種/業態には特にこだわらず、幅広い分野を手掛けています。また本社は広島にありますが、広島だけでは幅広い仕事ができないため、現状では広島 2 割、関東 8 割といった比率で仕事をしています。   2015 年 12 月には、Azure 上で「ケアニーズ」という、訪問介護事業所向けのクラウド サービスを開始しましたね。 はい。このサービスは、2015 年 10 月に広島のジーループという会社の事業を買収し、そこに含まれていたクラウド サービスを Azure に移行したものです。訪問介護のスタッフは、介護計画やシフト計画、実績報告などを作成する必要があります。これまではその作業を事業所に戻ってから行うのが一般的であり、移動時間を節約するために 1 か月まとめて作成するといったケースも多く、特定の時期に作業負荷が増大するという問題を抱えていました。ケアニーズをご利用いただければ外出先でも計画登録や報告書作成ができるため、この問題を解決できます。また訪問介護では計画の変更がひんぱんに発生しますが、これにも柔軟に対応できます。もちろんスマートフォンでの利用も可能です。   お客様からの評価はいかがですか。 既に 10…


Data immutability and Office 365 tenant lifecycle

One of the more common questions about Office 365 has been – what happens to my data after my organization’s Office 365 subscription ends? The most common answer circulated in the community refers to a grace period of 30 days, during which you can still retrieve your data. The answer’s not wrong, but here’s some…


Tips on registering a Windows 10 computer in Microsoft Azure

We have some great information that I wanted to shared with you regarding how to register a Windows 10 computer/device in Microsoft Azure, but before I get to that I’d like to take a minute to talk about an issue you may run into when trying to do this. If you have already attempted enrollment…


【パートナー事例】Notes から Office 365 への完全移行をスムーズに行って利便性を向上し、グローバルなサポートも行う FPTジャパンの取り組み【12/15更新】

FPTソフトウェア株式会社 (以下、FPTソフトウェア) は、ベトナム ハノイに本社を構え、グローバルにアプリケーション開発からシステムインテグレーションを提供してきました。日本市場にも積極的に取り組み、2005 年に日本法人である FPTジャパン株式会社 (FTPジャパン) を設立して、国内 300 社以上との取引実績を持っています。 FPTジャパンの大きな特長は、ベトナムでのオフショア開発のメリットを活かしながら、国内のオンサイトでのコミュニケーションやサポートを大切にしているところです。FPTジャパンおよび FPTソフトウェアでの開発がどのような体制で行なわれ、どのような価値を生み出すかについて、Notes から Microsoft Office 365 への移行を例にベトナム本社にもオンラインで参加いただきお話しをお聞きしました。 日本市場に注力するベトナムの IT アウトソーシング企業 1999 年に設立されたFPTソフトウェアは、先進的なベトナムのIT アウトソーシング企業として、北米、欧州、アジアでビジネスを展開しています。売上の50%を占める日本市場には、2001 年から進出しており、2005 年の日本法人 (FPTジャパン) 設立を経て、着実に実績を延ばしてきました。 アプリケーション開発からテスト環境提供、組み込みシステム開発や IC 設計まで、さまざまなサービスを提供している FPTソフトウェアですが、最近は、既存システムのクラウド移行の案件が非常に増えていると、FPTジャパン株式会社 クラウドコンサルティング本部 本部長の前野 好太郎 氏は話します。「特に、Notes のマイグレーション案件が非常に増えていると思います。Notes のマイグレーションでは、ある程度 Notes の環境を残して移行できるものだけを移行する、いわゆる “塩漬け” という提案を行う開発会社が多いと思いますが、我々はすべての機能を移行できることが大きな特長となります。また、移行先も Office 365 の SharePoint Online や Exchange Online だけでなく、お客様の要望やビジネスに合わせてオンプレミスとのハイブリッドで連携できるようにしています」。       日本や世界で活躍できるビジネスパーソンの育成 グローバルな自動車部品メーカーであるカルソニックカンセイ株式会社は、FPTジャパンがソフトバンク・テクノロジー株式会社とともに…


O365 – Mensagem de erro “501 Syntax Error: Empty email address” ao enviar mensagens para grupos de distribuição

  Por: Caio Ribeiro César   Alguns cenários de suporte são facilmente reproduzidos em laboratórios internos.   Alguns dos passos de troubleshooting em suporte (não somente em Exchange) é ter certeza se o problema pode ou não ser reproduzido – para assim anular algumas etapas de comunicação com o usuário final ou administrador.   Então…


【パートナー事例】クラウドを活用した飲食店や海の家を自ら展開、IT企業の枠を超えたセカンドファクトリーのビジネスと、それを支えるビジョン【12/8更新】

江ノ島の海水浴場で、フル クラウドで実現した海の家を運営する…このようなユニークな取り組みを今年で 3 年連続行ってきたのが、株式会社セカンドファクトリー (以下、セカンドファクトリー) です。同社は Microsoft Business Productivity Online Suite (BPOS) 時代から Microsoft Office 365 を活用すると共に、2011 年にはクラウド ベースの飲食店向けパッケージ「QOOpa」をリリース。2013 年には Microsoft Azure (以下、Azure) 上で稼働するコンポジット クラウド プラットフォーム「SkyDream」もリリースし、QOOpa を SkyDream の 1 コンポーネントとして統合しています。 今回はセカンドファクトリー社長の大関 興治氏に、同社におけるクラウドへの取り組み、ビジネスに対するビジョン、江ノ島で運営した海の家の概要、今後の展望などについてお話をお聞きしました。 株式会社セカンドファクトリー 代表取締役 大関 興治氏 これまでの主力ビジネスとクラウドへの取り組みについて まず御社の概要についてお教えください。 当社は “Design × Technology × Service” によって、クライアント企業と共に新たな価値を創造する IT 企業です。コンサルティングからデザイン、エンジニアリングの各領域のプロフェッショナルがチームを形成し、総合的なサービスを提供しています。コンサルティングでは、「シンセシス コンサルティング」というデザイン思考と独自の要求開発プロセスを組み合わせたデザイン & アーキテクチャによるビジネス駆動開発コンサルティングでビジネス価値を協創しており、システム開発は一貫して人間中心設計のプロセスに則った人にフォーカスした開発を行っています。現在のお客様は大手メーカー様や大手通信事業者様が多いのですが、2011 年には飲食店向けパッケージである「QOOpa」をリリースし、中小企業へのビジネス展開も積極化しています。 QOOpa とはどのような製品ですか。 これは飲食店が抱える課題を…