Monitoring ConfigMgr Clients Using System Center Operations Manager

Microsoft MVP and my Premier customer from last week, Tao Yang was telling me about his custom SCOM Management Pack used to monitor the health of your ConfigMgr clients. Monitors include: DCM Compliance Missing hardware and software inventory Failed application deployments Pending software updates CCMExec monitoring Pending reboot detection Many more… http://blog.tyang.org/2014/10/04/updated-configmgr-2012-r2-client-management-pack-version-1-2-0-0/ This is an…


Certificate re-key to change signature algorithm in Lync Server (SHA-1 to SHA-2)

Recently, I received an e-mail from GoDaddy asking to renew older certificates which were signed using SHA-1 algorithm because: Google® is making a shift in their Chrome™ Web browser to phase out any SSL certificates which use an old encryption algorithm (SHA-1) and expire after Dec. 31, 2015 By default, all new or recently renewed certificates…


How to Enable Hierarchy to Contacts in Dynamics CRM 2015

In a previous blog post "Visualize hierarchical data in CRM 2015" I showed you how to visualize the out-of-the-box hierarchy for Accounts. To enable a hierarchy, you need to have at least one self referential 1:N relationship. After creating the relationship, you can select one 1:N relationship as hierarchy relationship. In this blog post I'll…


R2 CU3 Management point communications update

  Hi All, with the release of R2 CU3 we now have the ability to restrict which Management points a client can talk to. This can be particularly useful in case you have a Remote MP or only certain MP’s a client can access. All we simply need to do is Install the Client Hotfix…


First 100 at TechEd Melbourne

Morning Gang, Well, TechEd Australia 2014 is less than two weeks away, and Ian, George and I are furiously fine tuning our demos in time for our Wednesday session. As a special treat for the first 100 people into our session, we’re giving away some very cool looking ConfigMgrDogs badges! We’ll also have a t-shirt…


Windows Server 2012 Active Directory 仮想化の対応状況について

はじめまして。Active Directory を担当しております 鴻巣です。 日々、お客様からのお問い合わせを対応していて「仮想化」ということがとても一般的になっていることを実感しています。 今回は Active Directory の仮想化対応状況につきまして表形式でまとめてさせていただきました。 仮想化については、 Windows Server 2008 R2 以前と Windows Server 2012 以降では大きく対応状況が変わっており Windows Server 2012 以降ではさらに仮想化への対応が進んでおります。代表的なものとしては、よく知られていますが VM-Generation ID の機能があります。 Active Directory は通常、複数のドメイン コントローラー間でデータベースを複製しながら動作している為、既存のドメイン コントローラーを複製して新たにマシンを構成したり、Windows バックアップを使用せず、誤ってスナップ ショットを利用して環境を以前の状態に戻しますと USN ロールバックと呼ばれるデータベースの不整合が発生することがございます。しかし Windows Server 2012 以降では、誤ってスナップショットから戻してしまっても USN ロールバックの発生を自動修復する “仮想化セーフ ガード” と呼ばれる機能が実装されました。具体的には、Windows Server 2012 における Hyper-V 3.0  と Windows Server 2012 の Active…


宛先に多数のユーザーが存在する場合、条件付き書式が適用されない受信アイテムがある

Outlook にて宛先に多数のユーザーが存在する場合、条件付き書式を設定しているにも関わらず条件が適用されないことがあります。 この記事ではこの動作について説明いたします。   条件付き書式の動作   Outlook では、宛先についての条件が設定されている場合、検索対象となるのが先頭より 256 バイトの範囲という制限があります。 そのため、条件に設定された宛先が 256 バイト以降にある場合は条件が適用されない動作となります。 以下に詳細についてご説明いたします。   例: [表示] タブの [ビューの設定] から以下のように指定している場合     上記のように赤の強調文字を設定している場合、以下の動作となります。     自分のメールアドレス (検索対象アドレス@abc.com) が 256 バイト 以降にある場合の結果: 対象のアドレスが合計 256 バイト以降に表示されているため、検索の対象外。 そのため条件付き書式で設定した書式 (赤の強調文字) が設定されない。   自分のメールアドレス (検索対象アドレス@abc.com) が 256 バイトより前にある場合の結果: 対象のアドレスが合計 256 バイトより前に表示されているため、検索の対象。 そのため条件付き書式で設定した書式 (赤の強調文字) が設定される。   宛先の数が少なく、自分のメール アドレス (検索対象アドレス@abc.com) が 、256…