2013 形式ワークフローでリストアイテムの権限変更を行う方法について

こんにちは、SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Online (または SharePoint Server 2013 On-Premises) において 2013 形式ワークフローで権限変更を行う方法についてご紹介します。 2019.2.15 追記 本ブログ記事には、SharePoint Online における現在の見解とは異なる内容が多く記載されていたため、大幅に編集しております。 導入 : 詳細に設定されたアクセス許可(FGP) を実現する方法 SharePoint でアイテムごとに個別にアクセス権を付与するとパフォーマンス劣化の要因となります。はじめに要件定義や設計フェーズで、この運用の方針を回避いただくことをお勧めします。どうしても、アイテムごとにアクセス権を付与する方法を実現するためには、カスタマイズが必要となります。 SharePoint On-Premises 製品で本機能を実現する場合は、迷わず Visual Studio を使用してファーム ソリューションでアイテム イベント レシーバーを開発し展開することが適切です。つまり、ItemAdded や ItemUpdated イベントにおいて SPListItem.BreakRoleInheritance(false) メソッドを呼び出し、SPListItem.RoleAssignments.Add() メソッドで必要なロール割り当てを指定する方法です。 ただし、SharePoint Online では、ファーム ソリューションでの開発はできません。そこで、以下の代替案に行き着くことになりますが、どの選択肢も制約があります。 代替案 1) サンドボックス ソリューションでイベント レシーバーを開発する。   コード ベースのサンドボックス ソリューションのサポートはすでに終了しています。 代替案 2)…


The Most Popular Posts of 2014

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…


Securing DC to DC communication with IPsec using Windows Firewall with Advanced Security (WFAS) Connection Security Rules

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…


mstep 最新情報: Microsoft Azure の全体像から仮想マシンの構築まで【12/12 更新】

「Microsoft Azure」と一括りにすると、Web サーバーの機能や、SQL データベースの機能など多岐にわたり煩雑そうにみえるかもしれません。しかし、IaaS に関連する Microsoft Azure 仮想マシン機能など、利用する機能を絞ることで、オンプレミスで構成していた従来のサーバー プラットフォームの代わりに、手軽で便利な仮想化ホスト環境として利用できることがわかります。 興味のある方は、ぜひ下記セミナーにご参加ください。


Mailbag: Tech the Halls (Issue #4)

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…


How to (correctly) check file versions with PowerShell

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…


Windows Update クライアントの情報をクリアにする手順

こんにちは。WSUS サポートチームです。 今回は、WSUS においてよくある「更新プログラムの検出処理ができない」「更新プログラムのダウンロード処理ができない」「更新プログラムが期待通りにインストール出来ない」場合に、まず実施いただきたい対処方法をご案内します。 ご案内する手順については、エラーや発生事象別に原因を特定して対応するということを目的としたものではなく、とりあえずうまく動かない状況に直面したらまずはこれをやってみよう、ということを目的としたものになります。 WSUS による更新プログラムの配信を行っている場合、まずはエラーが発生した原因の追究より、更新プログラムのインストールをいち早く完了させたい、という状況に直面することもあるのではないでしょうか。 またユーザーが使用する PC のため、何度も対処策を実施するのが難しいという状況もあるかと思います。そのような場合、まず回避優先の対処が求められます。 今回の一連の手順では、Windows Update クライアント側の情報をクリアにすることで、クライアント側に残存しているダウンロード ジョブなどに起因した問題かや Windows Update 情報の不整合があるかどうかを切り分けるために有効な手順となります。当サポート部門に寄せられた多くのお問い合わせでご案内した実績のある手順であり、クライアント側に起因した問題であるかどうかの有効な切り分け方法となります。 但し、注意事項としましては、以下のような影響がございますので、十分ご理解いただいた上で本手順の実施をお願いいたします。 【注意事項】 ・[更新履歴の表示] の情報がクリアされます。(作業履歴の情報ですので 現時点の適用状態や今後の適用動作には全く影響ありません) ・過去クライアント側の操作によって「非表示」設定(処理対象から除外)していた更新プログラムが存在する場合は、その設定が解除されます。 ・次回 WSUS にアクセスした際にキャッシュされていた情報を再ダウンロードします。そのため、同時に多数の端末が実施した場合にはネットワークの負荷が発生する場合があります。 ~ 参考情報 ~ Windows Update の “更新履歴の表示” が示す内容について http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2013/08/22/windows-update-quot-quot.aspx   SoftwareDistribution フォルダーのリセットと BITS ジョブのクリア 以下ステップを順にご実施ください。 a) 自動更新サービスと BITS サービスの停止 b) SoftwareDistribution フォルダーのリネーム c) BITS のジョブを削除 d) 自動更新サービスと BITS サービスの開始…


PSA: Incorrect MTU size causes connectivity issues with Windows Server 2012 and Windows Server 2012 R2

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…


Mailbag: Black Friday (Issue #3)

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…