Cannot Migrate Mailboxes via third-party tools in synchronized environment

I happened to run into the same issue twice in one week–once with a large customer, and once with one of our partners. Here’s a synopsis of the issue: Mailboxes cannot be migrated via 3rd-party tools because msExchMailboxGuid attribute in cloud is populated due to DirSync/AADSync. In my customer’s scenario, they were using ILM 2007…


Troubleshooting SCOM discovery scripts – and those annoying XML special characters

  UPDATE 8/15/2018 – The transform tool is no longer available, however a simpler version of this tool is: Quick Download: https://gallery.technet.microsoft.com/Fix-SCOM-from-Exported-e011ab52     I wrote about basic discovery script troubleshooting here:  http://blogs.technet.com/b/kevinholman/archive/2010/03/09/basic-troubleshooting-of-discovery-scripts.aspx   One of the pains when needing to troubleshoot a Discovery script, is getting the script extracted from the management pack in a…


マイクロソフト サポート診断パッケージについて

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート 松田です。 今回は Windows の情報を一括で採取する便利なツールをご紹介させて頂きます。 本ツールを利用することで、Windows 7/ Windows Server 2008 R2 以降の環境で追加コンポーネントをインストールすることなく、自動的にシステム情報を採取することができます。   何か問題が起こった際、まずは本手順にて資料を採取いただければ、後で採取された情報から調査することも可能であり、採取された資料を Microsoft に送信することで、自動的に存在する可能性のある問題を見つけることもできます。 なお、本ツールによる情報を行う際には、一時的に CPU 使用率が上がる可能性がありますので、予めご注意ください。   // 事前準備 用意していただくものは Microsoft アカウントだけです。 Microsoft アカウントは以下のサイトより入手してください。 Microsoft アカウント http://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/default.aspx // 資料の採取手順 今回は、Windows セットアップ関連の情報を採取する方法をご紹介します。 本手順は採取された情報は手元に保存しておけるので、一般的な情報を採取し、後で解析する場合にも有効です。   – “Portable_Diagnostic.exe” の取得 – 1.  以下のサイトにアクセスします。 (Microsoft アカウントでサインインしていない場合には、サインインページにリダイレクトされます。) Support Diagnostics https://home.diagnostics.support.microsoft.com/selfhelp 2. “Windows Setup Troubleshooter” の診断パッケージを選択します。       3….


[自動構成スクリプトを使用する] に file:// で .pac ファイルを指定しているのに参照されず、Outlook からの接続が失敗する

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。   現象 Internet Explorer の [インターネット オプション]-[接続] タブ-[LAN の設定] で [自動構成スクリプトを使用する] に file:// で .pac ファイルが指定されていると、 Outlook 2013/2010/2007 から Office 365 Exchange Online への接続が失敗する場合があります。 Outlook Anywhere で接続する場合に発生する問題であるため、 Outlook Anywhere でオンプレミスの Exchange Server に接続する場合も発生します。 原因 Outlook 2013/2010 から Outlook Anywhere で接続する場合は WinHTTP で接続を行います。 WinHTTP では [自動構成スクリプトを使用する] に file:// のパスで .pac が指定されている場合は参照されません。 そのため、.pac…


Microsoft Premier Workshop: Securing Windows Client

Beschreibung der dreitägige Workshop: Securing Windows Client vermittelt den Teilnehmern die Fertigkeiten, die notwendig sind, um Windows Clients vor unerwünschten Zugriffen oder Angriffen zu schützen. Er geht auf allgemeine Sicherheits-Bedrohungen und Gegenmaßnahmen zum Schutz der Client Infrastruktur ein. Alle aktuellen Windows Client-Betriebssystem Versionen, insbesondere Windows 10, werden in dem Workshop berücksichtigt. Level 200 (Level Skala:…


Step-By-Step: Restoring A Deleted Object via Active Directory Recycle Bin

Accidents happen from time to time and files and/or objects can be mistakenly deleted.  As penned in a previous post entitled Step-By-Step: Enabling Active Directory Recycle Bin in Windows Server 2012 R2, all is not lost.  System administrators are now empowered with the ability to restore deleted objects from within Windows Server 2012 R2’s offering of Active Directory…


Step-By-Step: Active Directory Migration from Windows Server 2008 R2 to Windows Server 2012 R2

With the end of support for Windows Server 2003 creeping towards us, many IT professionals has taken an interest in our previous post entitled Step-By-Step on Active Directory migration from Windows Server 2003 to Windows Server 2012 R2. Others who are currently running Windows Server 2008 R2 have notably been a little more relaxed but have too taken…


msExchRecipientTypeDetails

Object Type RecipientTypeDetails (Decimal Value) User Mailbox 1 Linked Mailbox 2 Shared Mailbox 4 Legacy Mailbox 8 Room Mailbox 16 Equipment Mailbox 32 Mail Contact 64 Mail-enabled User 128 Mail-enabled Universal Distribution Group 256 Mail-enabled non-Universal Distribution Group 512 Mail-enabled Universal Security Group 1024 Dynamic Distribution Group 2048 Mail-enabled Public Folder 4096 System Attendant Mailbox…


Step-By-Step: Active Directory Migration from Windows Server 2003 to Windows Server 2012 R2

With the end of support for Windows XP, Office 2003 and Exchange 2003 now upon us, April 8th 2014 to be exact, attention now turns to Windows Server or specifically Windows Server 2003.  End of support for Windows Server 2003 is currently slated for July 14th 2015 and a great many organizations still utilize said offering as the…