Windows Server 2012 での最大Lun 数について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。 日々のサポート業務の中で、お問い合わせを頂く内容の中から有益な情報をご紹介いたします。   今回は Windows Server 2012 (R2 を含む) における、LUN (論理ユニット番号) の最大数をご紹介いたします。 Windows Server 2012、2008 R2 のサポートする LUN の最大数は、以下の通りに変更されております。   最大数 Windows Server 2016 Windows Server 2012 / 2012 R2 Windows Server 2008 R2 アダプターあたりのバス数 255 255 8 バスあたりのターゲット ID数 128 128 128 ターゲット ID あたりの LUN 数 255 255 255   ご覧の通り、Windows…


CA 証明書の有効期限

Windows Server の証明機関サーバーでは、既定で証明機関の証明書 (CA 証明書) の有効期限は 5 年となります。一方で、サーバー運用の都合上 CA 証明書の有効期限を変更したいといったご要望は少なからずある話であると思います。 そのような場合は、 CAPolicy.inf を編集することにより、任意に更新する証明書の期間を変更することができます。一例として、ルート CA 証明機関にて、 CA 証明書の期間を 10 年と設定して CA 証明書を更新する手順をご紹介いたします。 メモ帳等のテキスト エディターに以下を記載します。テキスト エディターはアイコンを右クリックし、 [管理者として実行] を選択して開きます。新しい CA 証明書の有効期限は RenewalValidityPeriod に記載します。— ここから 5 行 — [Version] Signature= “$Windows NT$” [certsrv_server] RenewalValidityPeriod=Years RenewalValidityPeriodUnits=10 — ここまで 5 行 — 上記で編集した内容を、 %SystemRoot%CAPolicy.inf として保存します。 [管理ツール] – [証明機関] を開きます。 証明機関管理コンソールの左のコンソール ツリーより…


Lync Server 2013 Cumulative Update List: July 2018

Since we already have a Lync Server 2010 Cumulative Update List it makes sense to have the same for Lync Server 2013. We can use the Cmdlets described in Lync Server Component Version to know which version is installed. After running Lync Server Update package, not all components will be updated to the latest version – this is a normal…


VMQ Deep Dive, 1 of 3

Virtual Machine Queues (VMQ) is an incredibly powerful performance technology introduced in Windows Server 2012. A concern we’ve noticed as Windows Server 2012 is increasingly deployed in datacenter environments is misconceptions about VMQ, and even “tribal knowledge” that disabling VMQ solves networking issues. With a set of three blog posts on VMQ, we are going…


Setting a remote perfmon Windows Server 2012 style…

Applies to: Windows Server 2012 R2 Windows 8.1 Windows Server 2012 Windows 8 My old team had the following blog post Two Minute Drill: LOGMAN.EXE written for Windows Vista and Windows Server 2008 that goes over the “base”* performance counters. With new perfmon counters to troubleshoot performance issues, I decided to write this post that…


Using ConfigMgr 2012 Console Builder – Create Custom Console Nodes

Hello all,   I was working with a customer who is in the process of migrating from ConfigMgr 2007 to ConfigMgr 2012 the other day when it was brought to my attention that certain columns were not available to be added to the console view for the Monitoring Workspace > Deployments node that are available…


Step-By-Step: Creating a SQL Server 2012 AlwaysOn Availability Group

One of the most talked about (and now frequently requested) feature in SQL Server 2012 is AlwaysOn Availability Groups. It brings SQL Server high availability and disaster recovery to a whole new level by allowing multiple copies of the database be highly available and potentially using them for read-only workloads and offloading management tasks such…


[SCCM 2012] SCCM 2012 SP1 環境のバックアップとリストア

(※) 本内容は SCCM 2012 SP2、SCCM 2012 R2、SCCM 2012 R2 SP1 にも適用されます。 こんにちは、System Center サポート部の石井です。 今回は SCCM 2012 SP1 環境のバックアップとリストア方法について、ご説明します。 A. SCCM 2012 SP1 本体のデータベースのバックアップについて B. SCCM 2012 SP1 本体のデータベースのリストア方法について 特に、リストア方法については、SCCM 2012 SP1 に累積更新 (CU) を適用している場合には、追加ステップが必要となりますので、ご注目下さい。 今回は、SCCM 2012 本体のバックアップに絞ってご紹介を行います。SCCM 2012 本体のほか、SCCM 2012 で配布を行っているソフトウェアのソース フォルダーや、SQL Server Reporting Services (SCCM のレポート) のバックアップ、System Center Update Publisher のバックアップ等は別途、必要に応じて実施いただく必要があります。詳細は “Backup and…


How to Verify if Lync Server 2013 Database Updates Completed Successfully

Update 7/9/18 – Added database versions for July 2018 Cumulative Update. You can find the Skype for Business 2015 database versions here. After downloading and installing Lync Server 2013 updates from KB2809243, it is important to remember to go back and apply the back end database updates.  The steps to apply the back end database…