Microsoft’s Cloud OS Network: more choice than ever before

Today, Microsoft announced its Cloud OS Network – a worldwide group of more than 25 cloud service providers serving over 90 markets, delivering services built on the Microsoft Cloud Platform. For enterprise and Government organisations in the UK, this means more choice and flexibility in the way they are able to deliver their applications and…


Karlstad utsedd till Sveriges IT-kommun 2013

När Microsofts Marie Ygge delade ut priset Sveriges IT-kommun 2013 var det Karlstad Kommun som tog hem segern, för sitt framgångsrika arbete med att utveckla och förbättra kommunens verksamheter och service med hjälp av IT. Priset delades ut under Kvalitetsmässans invigningsgala på GöteborgsOperan igårkväll . Ur juryns motivering: ” För att kunna erbjuda värmlänningarna en så…


ドメイン コントローラー降格手順 (Windows Server 2012)

日本マイクロソフトの谷です。 Active Directory に関してのお問い合わせを対応していますと、ドメイン コントローラーの入れ替えのために降格、昇格作業を実施するケースや、問題の解決のためにやむなくドメイン コントローラーを一旦降格する必要があるような状況に遭遇することがよくあります。Windows Server 2012 からは従来ドメイン コントローラー昇格、降格の際に利用されていた dcpromo によるウィザードでの処理から、GUI または PowerShell による方法に変更となりました。今回は GUI での操作手順をご紹介いたします。 ドメイン コントローラーを降格する際には、降格対象のドメイン コントローラーのみが保持する更新情報を他のドメイン コントローラーに複製してから降格処理が行われます。トラブルが発生している環境で、複製ができていない状態で降格処理を実施しなければならないこともあります。この複製ができない状態で降格をするためには、強制降格と呼ばれる処理が必要となるのですが、その手順もご案内します。   なお、強制降格については注意が必要です。 ドメイン コントローラーの更改などの作業にともない、古いドメイン コントローラーを降格処理をするケースを考えます。この場合に通常降格が失敗する場合には、新しくドメイン コントローラーに昇格したサーバーが正常に機能していない可能性があります。このまま強制降格処理をおこなってしまうと、正常なドメイン コントローラーが存在しなくなり、復旧はバックアップからのリストアが必要になるという現象が発生しますので十分に注意の上、実施ください。 ドメイン コントローラーを降格する際には、そのドメイン コントローラーが FSMO である場合には、事前にその役割を他のドメイン コントローラーに移動させることが必要ですので、 FSMO を担っているかの確認方法と移動方法についてもご案内します。また、実際の操作については、画面キャプチャ付きで以下のファイル (xlsx 形式) にお纏めしましたので、こちらもお役に立てれば幸いです。 B-1. ドメイン コントローラーの通常降格 B-2. ドメイン コントローラーの強制降格 (B-1. に失敗した場合) B-2-1. Metadata Cleanup の実施 C. ドメイン コントローラーの再昇格   手順の概要は以下のとおりです。  …


MVP, BizTalk Integration Summit and the Technet Wiki

Each year Microsoft organizes the global MVP Summit. MVP’s around the globe are invited to come over to the Redmond campus or the Hyatt Hotel in Bellevue to meet privately with Microsoft product teams for multiple deep-dive technical sessions. This year the summit will be held twice. The first was in February while celebrating the…


Running a Remote Desktop on a Windows Azure Linux VM

A complete click-by-click, step-by-step video of this article is available here.   OR… You can read the article, line-by-line. It all starts with a Linux Server running in the Windows Azure cloud… Onto this you’ll install a remote desktop protocol (RDP) server called xrdp. But to get this server software installed, you need to configure…

31

Performance Considerations for Work Folders Deployments

Hi all, Here is another great Work Folders blog post that shares information about work folders performance in large scale deployments. The content below was compiled and written by Sundar Srinivasan who is one of the software engineers in the Work Folders product team. Overview One of the exciting new features introduced in Windows Server…


Windows XP を 2014 年 4 月のサポート終了後も使い続けることのリスク

本記事は、Microsoft Security のブログ “The Risk of Running Windows XP After Support Ends April 2014” (2013 年 8 月 15 日公開) を翻訳した記事です。 今年の 4 月、私は Windows XP のサポート終了に関する「カウントダウン開始: Windows XP のサポートは 2014 年 4 月 8 日に終了」というタイトルのブログを投稿しました。それ以来、話す機会のあった多くのお客様が、所属組織で Windows XP から Windows 7 や Windows 8 などの最新オペレーティング システムへの移行を完了したか、または現在移行作業を進めています。 実際のところ、事態は切迫しています。というのも、2014 年 4 月 8 日以降、Windows XP Service Pack…


AD FS 2.0 事例紹介 「SSL サーバー証明書 (サービス通信証明書) 更新後のトラブル」

皆様、こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当の田中です。 今回も、「AD FS 2.0 サーバー」につきまして、よくお問い合わせいただきます事例をご紹介いたします。 AD FS 関連のお問い合わせとしては、証明書に関連するトラブルをお問い合わせいただくことが多くあります。 AD FS サーバーでは、SSL サーバー証明書 (サービス通信証明書)、トークン署名証明書、トークン暗号化解除証明書の 3 つの証明書を利用します。 今回は、その内の SSL サーバー証明書更新時に発生し得るトラブルについてご紹介いたします。 1) 問題の概要 AD FS サーバーの SSL サーバー証明書を更新した後から、AD FS Proxy サーバー経由の認証で問題が発生するようになった。 AD FS サーバーに直接アクセスする認証は問題ない。 AD FS Proxy サーバー上での AD FS サービス起動時や、AD FS Proxy サーバー経由の認証を行う際に、AD FS Proxy サーバー上で AD FS 2.0/Admin エラー ID: 275 や 364 が記録される。…


AD FS 2.0 事例紹介 「AD FS サーバーと AD FS Proxy サーバー間の時刻ずれ」

皆様、こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当の田中です。 今回も、「AD FS 2.0 サーバー」につきまして、よくお問い合わせいただきます事例をご紹介いたします。特に最近お問い合わせが多い問題ですので、同様の問題が発生し得る構成となっていないかご確認いただけましたら幸いです。 1) 問題の概要突然、AD FS Proxy サーバー経由の認証で問題が発生するようになった。AD FS サーバーに直接アクセスする認証は問題ない。AD FS Proxy サーバー上での AD FS サービス起動時や、AD FS Proxy サーバー経由の認証を行う際に、AD FS Proxy サーバー上で AD FS 2.0/Admin エラー ID: 248 や 364 が記録される。 2) 対処策AD FS Proxy サーバーと AD FS サーバー間に 5 分以上の時刻のずれがある場合、AD FS Proxy サーバー経由の認証が失敗します。時刻ずれがある場合は、まず手動で時刻を合わせます。 3) 時刻同期先の設定AD FS サーバーはドメイン参加が必須です。一方、AD FS Proxy サーバーは…


AD FS 2.0 事例紹介 「ADMIN0017: 構成サービスへの接続中に例外が発生しました。」

皆様、こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当の田中です。 クラウド システムの台頭と共に、認証機能の連携のために利用いただくことが多くなりました、「AD FS 2.0 サーバー」につきまして、よくお問い合わせいただきます事例をご紹介いたします。以下ご紹介いたします問題は、AD FS の機能以外にも問題を引き起こすため、ご利用の環境が同様の問題が発生し得る状況でないか、ご確認いただけましたら幸いです。 1) 問題の概要ある日を境に、AD FS サーバーの認証でエラーが発生するようになった。AD FS Proxy サーバー経由でのみ問題が発生する場合や、AD FS サーバーに直接認証する場合にも問題が発生する場合がある。AD FS 2.0 管理コンソール起動時に、「AD FS 構成データベースへのアクセス中にエラーが発生しました。エラー メッセージ: 使用可能な Winsock リソースが不足しているため、ソケット接続を開始できません。」というエラーメッセージが表示されたり、AD FS 2.0/Admin エラーの詳細部分に “ADMIN0017: 構成サービスへの接続中に例外が発生しました。構成サービスの URL ‘net.tcp://localhost:1500/policy’ が間違っているか、または AD FS 2.0 Windows サービスが実行されていません。” と記録される。 2) 一時的な対処策技術情報 2553549 に記載の問題が発生している可能性があります。Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 の OS では、起動後 497…