Office 365 関連ニュース 2013 年 12 月のまとめ

Office 365 に関する2013 年 12 月の主なニュースをまとめてみました。あなたが見逃しているかもしれないニュースも一覧でご覧になることができますので、この機会にぜひご覧ください。 12 月 1 日: マイクロソフトのOffice 365は用意周到にクラウドへシフト (Nikkei BPnet) 12 月 3 日: Microsoftが教育機関向け「Student Advantage」の提供を開始 (マイナビ News) 12 月 3 日: ぼく、申し込みまぁーーす! ビジネスツール「Office 365」の紹介動画がどうしてこうなった…… (ねとらぼ) 12 月 5 日: Office 365でオンプレミスからクラウドへエンドユーザーを移行する手順 (Codezine) 12 月 5 日: 「Yammer」を統合へ:「Microsoft Office 365」がSNS化、仕事の仕方はどう変わる? (TechTarget) 12 月 9 日: ALSI、NotesからOffice 365などへの移行支援サービス (クラウド Watch) 12 月 9…


日経 225 銘柄企業の 60% で Office 365 が利用されています

(この記事は 2013 年 12 月 24 日に Office Blog に投稿された記事のクロスポストです) この記事に関する最新記事が公開されています。記事「引き続き日本で Office 365 の採用が急速に広がっています: 日経 225 銘柄企業 70% 利用、2 年で 5.5 倍規模の成長」をご覧ください。 今年も残すところあと僅かとなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。今週で今年の業務を終えられる企業の皆様も多いかと思います。 さて、記事「2013 年のテーマ: Office 365 に移行しているお客様が増えてきています」でもご紹介したように、この一年は Office 365 への移行が進んだ年でした。日本航空、ヤマハ発動機、大林組、パソナなどの大手企業をはじめとして、大手企業から中堅中小規模企業まであらゆる規模のお客様が Office 365 を利用し始めています。 Office 365 の利用が広がっていることを示す指標の一つとして、この記事では、「日経 225 銘柄企業のうちの利用割合」をご紹介します。日経 225 銘柄企業の利用率を調べてみると 60% の企業で Office 365 ファミリーのサービスが利用されていることがわかりました。公開事例になっていただいているところはごくわずかであり、多くの企業ですでに導入が進んでいます。この記事では、2013 年 12 月現在の日経 225 銘柄企業のうち公開事例になっていただいているお客様の事例をご紹介します。 (順番は上記の日経ホームページでの紹介順です) リコー (電気機器)  タブレット端末に、Microsoft Office…


Office 365 と Outlook.com の違いは?

マイクロソフトが提供しているメールのクラウドサービスには、Office 365 (Exchange Online) と Outlook.com という 2 つのサービスがあります。過去には Hotmail、Outlook Live などいくつかのバリエーションがありましたが、現在はこの 2 つのサービスのいずれかに統合されています。これらのサービスについて「何が違うの!?」という質問をうけることがよくありますので、今回は両者の違いについて解説します。   Outlook.com とは? Outlook.com はマイクロソフトが提供している一般消費者向けの無料メールサービスです。マイクロソフトでは、もともと Hotmail と呼ばれるメールサービスを長年提供してきましたが、2012 年夏にブランド、デザイン、機能を一新させました。Outlook.com は単なるメールサービスだけではなく、写真やビデオをより簡単に共有したり、受信トレイを簡単に管理したり、ほかのユーザーどこにいても近況を確認したりできる機能が実装されています。Exchange ActiveSync や IMAP プロトコルにも対応しているので、スマートフォンからのアクセスにも対応し、複数のデバイスからアクセスしても、全く同じメールや予定表を閲覧することができます。 マイクロソフト アカウントを取得して http://www.outlook.com にそのアカウントでログインすることで、アカウントに紐づいた Outlook.com のメールサービスを無料で利用することができます。無料のクラウド ストレージである SkyDrive も同じマイクロソフト アカウントに紐づいているので、ファイルを添付する代わりに SkyDrive に置いた大容量ファイルや写真を共有することで、スムーズに共有を行うことができます。 画像や Office ファイルが添付されたメールを受信すると、ブラウザー上でスライドショーで表示させたり、Office を持っていなくてもブラウザー上で Office Web Apps で表示させたり、SkyDrive にシームレスにアップロードしてそのまま添付ファイルをOffice Web Apps で編集したり、といった操作を簡単に行うことができます。   Outlook.com は、マイクロソフトが元々メールクライアントのブランド名として持っていた Outlook を、そのまま一般消費者向けのクラウドサービス化したような位置づけとなっています。昔は…


Office 365 関連ニュース 2013 年 11 月のまとめ

Office 365 に関する2013 年 11 月の主なニュースをまとめてみました。あなたが見逃しているかもしれないニュースも一覧でご覧になることができますので、この機会にぜひご覧ください。 11 月 5 日: Officeのパッケージとどちらがお得?「Office 365」の実体を解説 (Nikkei BP) 11 月 6 日: AvePoint、Microsoft Office 365の運用管理を実現する新製品 DocAve Online サービスパック 2 を発表 (Sankei Biz) 11 月 6 日: マイクロソフト、Surfaceの法人向け認定リセラーを拡大 (マイナビ News) 11 月 7 日: ネクストセット、Office 365向けのワークフローを月額100円で提供 (マイナビ News) 11 月 7 日: Office 365 入門: Office 365を誌上体験!導入もオンラインで即座に (Nikkei BP)  11 月 8 日:…


Deploying Office Web Apps Server 2013 to a security hardened drive

When installing and deploying Office Web Apps 2013 to a security hardened drive, Office Web Apps may not work correctly if there are permissions missing from the security hardened drive, including (but not limited to) Office Web Apps cache locations (for locations see https://technet.microsoft.com/en-us/library/jj219442.aspx). The default location on most systems is the C drive, but some customers…


Office 365 が 141 の市場で利用可能に

(この記事は 2013 年 11 月 12 日に Office 365 for business blog に投稿された記事の翻訳です)   投稿者: Office 365 チーム、投稿日: 11 月 12 日   Office 365 の対象地域として 17 の市場が加わり、新たに 4 つの言語に対応することとなりました。現在、Office 365 の製品版は 123 の市場で提供されています。その他 18 の市場でも、120 日間の試用版が提供され、今後有料サブスクリプションの提供が開始される予定です。   また、インドネシア語、カザフ語、ヒンディー語、ヘブライ語を追加し、現在は合計 40 の言語 (英語含む) がサポートされています。   今回新たに試用版の提供を開始した市場は、パレスチナ自治区、コンゴ民主共和国、タジキスタン、トルクメニスタン、ボツワナ、ナミビア、キュラソー島、フェロー諸島、モナコ、セントクリストファー・ネイビス、エチオピア、ウガンダ、ザンビア、アフガニスタン、タンザニアです。   そして、新たに有料サブスクリプションの提供を開始した市場は、バングラデシュ、ウズベキスタン、ベトナム、レバノン、ジャマイカ、ボリビア、ブルネイ、ニカラグア、ホンジュラス、アルバニア、アルメニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セネガル、コートジボワール、グルジア、ガーナ、モーリシャス、イラク、バミューダ諸島、ルワンダ、ベリーズ、カメルーン、モルドバ、モンゴル、ジンバブエ、カーボベルデ、フィジー諸島、キルギス、米領バージン諸島、バハマ、ケイマン諸島、アンゴラ、リビアです。   Office 365 を世界中のより多くのお客様に提供できるようになり、たいへん嬉しく思っています。Office 365 の提供対象市場の一覧は、こちらのページでご覧いただけます。


パソナテックがクラウドソーシングサービス「Job-Hub」の会員2万人を対象に Yammer を活用

株式会社パソナテックが運営する「Job-Hub」は、Web上で仕事の発注や受託、契約、仕事の進捗管理や支払いが完結するクラウドソーシングサービスです。仕事を発注するクライアントには、業務単位で仕事を発注できる方との出会いを、また仕事を受注するコワーカーには、時間や場所を超えた新しいワークスタイルを提供しています。 その中で、年々増加している個人事業主や在宅ワーカー、コワーカーより、「クライアント及びコワーカー同士のコミュニケーションを円滑にしたい」「業務上の質問や相談を気軽にやりとりしたい」また、企業からは「同様な技術・スキルを持ったコワーカー集団を形成できれば、仕事が発注しやすい」等のニーズが高まってきました。 そこで「Job-Hub」会員の個人事業主やコワーカーなど2万人を対象に、社内外を問わず情報基盤の利用が可能なクラウドサービス Office 365を用いたオフィス環境を整え、エンタープライズソーシャルサービスYammerのアカウントを付与することで、ソーシャルネットワーキング基盤及びデータ共有基盤を拡充すると共に、高いセキュリティを備えた就業環境を提供します。 より詳細な情報については、プレスリリースをご覧ください。   Yammer のワークスペースの参考例


Office 365 で、新しい働き方を見つけよう。「いつどこオフィス」キャンペーン開始!!

(この記事は 2013 年 11 月 8 日に The Official Microsoft Japan Blog に掲載された記事のクロスポストです)   こんにちは。業務執行役員 Officeビジネス本部長のキャロライン ゴールズです。本日から開始の “Office 365 で新しい働き方をみつけよう!「いつどこオフィス」キャンペーン” をご紹介します。Office 365 はマイクロソフトが提供するクラウドサービス。すでにたくさんのユーザーが、クラウドを効果的に活用し、フレキシブルな働き方を実践されています。  本キャンペーンでは、ユニークな働き方を実践することで効果を上げているユーザー事例、実現するうえでの苦労、楽しみなど、生の声を伝えることで、皆様それぞれにとっての新しい働き方を見つけていただくことを支援するものです。        1) テレワーク、リモートワークを実践している 中小企業事例 のご紹介  企業規模を問わず、最大限にそのパワーを活用できるのがクラウドのメリット。実際、Office 365 の利用企業総数のうち9割は中堅・中小企業のお客様が占めています。地方にサテライトオフィスを設置し、多様な人材登用、地域活性化への貢献を実現している中小企業のお客様事例をご紹介します。 株式会社 ソノリテ様 … NPOに特化したオンライン募金システムの開発提供と、事務代行サービスを提供、徳島県神山町にサテライトオフィスを置き、女性を積極活用しています。 (ビデオ) 株式会社 サイファーテック様 …暗号化ソフトウェアサービスを提供。徳島県美波町にラボを置き、エンジニアが Lync で遠隔でサポートし、仕事と趣味の高いレベルでの両立を目指しています。(ビデオ)  その他の中小企業事例は、こちらでご紹介しています。       2) Office 365 を使ったユニークな働き方  MSNの「いつどこオフィス」キャンペーンサイト上で、皆さんのOffice 365を利用したユニークな働き方を募集します。普段働いているオフィスだけに縛られないユニークな働き方や、他の人に共有したい自分だけのTipsを、FacebookやTwitterへ投稿ください。いいね!やRTを多く獲得するなど、ワークスタイルがユニークだと評価された方から、30名の方にヘッドセットをプレゼントします。我々も知らないような新しい働き方を発見できることを楽しみにしています。        3) パソナテック様とのコラボレーション  本日、パソナテック様が提供するクラウドソーシングサービス 「Job Hub」に、マイクロソフトのエンタープライズソーシャルサービス…


ソーシャル機能を活用して仕事をする: Yammer に新機能追加、すべての Office 365 Enterprise ユーザーが利用可能に

(この記事は 2013 年 11 月 6 日に Office 365 for business ブログに投稿された記事の翻訳です) 現在、マイクロソフトは Get It Done Day (英語) を行い、どれほど多くのことが場所を選ばずに行えるのかに注目しています。考えてみれば、この数年間での変化には目を見張るものがありました。 昨年秋に開催された SharePoint カンファレンスに際して、「ソーシャル機能を仕事に活用する (英語)」という記事で、このような変化のすべてを後押しする技術の 1 つについてご説明しました。マイクロソフトは、皆様が日常的に使用するツールにソーシャル機能を統合するというビジョンに向けて、取り組みを継続しています。今回は、さらに他の製品に関して、利用可能な機能が増えたことと、重要な機能がいくつか更新されたことを紹介します。 Yammer Enterprise と Office 365 の統合、外部ネットワークの利用 今年 3 月、Enterprise Agreement をご利用のお客様向けに、Yammer Enterprise が Office 365 Enterprise プランに含まれたことを発表しました。今回は、このプログラムをさらに拡張し、Yammer Enterprise がすべての Office 365 Enterprise プランに含まれるようになります。この変更の一環として、既存のすべての Office 365 Enterprise プランをご利用のお客様に、Yammer Enterprise のライセンスが付与されます (詳細については…


共同作業がさらに簡単に: Office Web Apps にリアルタイム共同編集機能が登場

(この記事は 2013 年 11 月 6 日に Office 365 Technology Blog に掲載された記事の翻訳です) ドキュメントの出来は、そのドキュメントの作成にかかわる人々の腕にかかっています。マイクロソフトは本日、Office Web Apps の新しいドキュメント共同編集機能を発表しました。 このリアルタイム共同編集機能を使用すると、同僚、友人、家族が、Word Web App、PowerPoint Web App、Excel Web App 上で同時にドキュメント編集を行うことができます。新しいプレゼンス表示機能では、他のユーザーが作業した結果をドキュメント内でリアルタイムに確認できるので、同じ箇所を複数の人が重複して編集してしまう心配がありません。また、テキストやフォーマットが変更されると、その変更内容がすぐに反映されるようになったため、複数のユーザーが同じページを開いた状態でアイデアを出し合うことができます。 さらに、作業した内容が Office Web Apps にその都度保存されるようになり、他のメンバーが編集した内容もすぐにドキュメントに反映されます。 Office Web Apps のことを知らなかった方も、ぜひこれからご利用ください。Office Web Apps は、Office のさまざまな機能を使用できる無料のアプリケーションであり、コアの Office アプリケーションのオンライン バージョンです。Office Web Apps を使用すると、Excel、Word、PowerPoint、OneNote の各種ファイルを使い慣れた Office エクスペリエンスによって、いつどこにいてもオンライン上で編集したり、複数のユーザーと共同で作業をしたりすることができます。   Office で複数のユーザーと共同作業 リアルタイムの共同編集機能が導入されたことにより、Office で可能な共同作業の内容が新たな次元へと引き上げられました。ユーザーは、Web、デスクトップ、Windows タブレット、iPad、その他モバイル デバイスなどの好みの端末から、オフラインまたはオンラインで各種 Office ツールを利用して共同作業を進めることができます。…