How NOIDMIFs can extend your Hardware Inventory

ConfigMgr hardware inventory is a very important and widely used feature. We use it to collect all sorts of information, from hardware info such as disk configuration, amount of RAM, etc. Hardware Inventory is also used to query the Add/Remove Programs to see what software is installed on a machine. All hardware being queried by…


[SCCM 2007] クライアントが正常動作しない場合の対処方法

今回は、SCCM 2007 にて SCCM クライアントが正常に動作しない、あるいはインストール出来ない場合のトラブルシュート方法をご案内します。 エラーや発生事象別に原因を知り、対応していくといった細かな話ではなく、より実運用に即した、とりあえずクライアントがうまく動かない環境に直面したら、まずこれをやってみよう、というところがスタート地点です。 というのも、SCCM クライアントのインストール先は、ユーザーが実務に使うコンピュータです。プロフェッショナルな管理者による対応が可能な SCCM サーバー側の問題とは違い、クライアント側の対処が難しい様々な理由があるのではないでしょうか。 例えば、 1. 管理者がログを取りに行けるサイト サーバー側のコンピュータと違い、業務中にログを取るというのは難しい。 2. ユーザーがプロフェッショナルではないため、技術的な切り分け作業は勿論、詳細な事象の把握が難しい。 3. クライアント マシンは所有者が任意にアプリケーションをインストールしたり、ファイル・レジストリを変更してしまう。これにより、どこがどうおかしくなっているのかが千差万別。 4. クライアント マシン固有の壊れ方、問題点が生じている可能性がある。特にコストをかけて調査しても、別のマシンで起きた問題に対しても再利用可能な回避策でなければ、コストをかけて調査をするメリットが低い。 このような観点から、SCCM の運用において、クライアント側で問題が起きたとしたら、まず回避優先の対処が求められるのが現状です。 さて、今回の一連の手順では、インストール対象マシンにおいて、SCCM クライアントのアンインストールだけではクリアしきれない情報もクリアしつつ、SCCM クライアントを再セットアップする方法をご案内します。 <※注意事項>  本手順は、SCCM 2007 クライアントがインストールされた、サイト システム サーバー (SCCM の管理ポイント・配布ポイントなどの役割を持つサーバー) では行わないでください。手順中で削除が必要なレジストリ キーは、SCCM のサーバー側各機能でも使用していることが多く、サイト システムとしての役割に支障をきたします。本手順は、あくまでも、クライアント OS の SCCM クライアントへのトラブルシュートや、マスター イメージ準備のためにご利用ください。 事前準備: ======================== “SMS 2003 Toolkit 2” を、テスト マシンにインストールします。 当ツールキットに含まれる ccmdelcert.exe ツールを問題の起きるクライアント…


How to add extra storage to SharePoint Online

A lot of Office 365 customers are asking how to purchase additional SharePoint Online storage. This is done through the Office 365 Administration portal if you are an administrator who has purchasing priveleges: Navigate to the Manage subscriptions page – https://portal.microsoftonline.com/Commerce/Manage.aspx Click the subscription that you would like to add additional storage to (E3, Sharepoint Online, etc.)…


Quick Tip: How to list all user profiles in SharePoint Online

To list the user profiles of all SharePoint Online users in your tenant you can follow these steps Navigate to the User Profiles tab in the SharePoint Administration Center and click Manage User Profiles   In the “Find profiles” text box type i:0#.f|membership Click the Find button to see the list of all user profiles…


Workflows in SharePoint Online

SharePoint workflows are pre-programmed mini-applications that streamline and automate a wide variety of business processes — from collecting signatures, feedback, or approvals for a plan or document, to tracking the current status of a routine procedure.   Built-in workflows The following five workflows are pre-programmed (built-in) in SharePoint Online for Enterprises. Approval (route a document or…


Understanding the Administrator Role in SharePoint Online

When you sign up for an Office 365 account, you automatically become an Office 365 global administrator and a SharePoint Online Administrator. This global administrator is added to the team site that is automatically created for you during your Office 365 account setup (for example, https://yourcompany.sharepoint.com), and is assigned the site collection administrator role. One…


ConfigMgr 2012: Upcoming Enhancements in SP1

The Product Group have recently announced the Beta of ConfigMgr 2012 SP1 at TechNet 2012 North America. You can view the announcement at https://channel9.msdn.com/Events/TechEd/NorthAmerica/2012/MGT309  Enhancements include: Platform Support: Windows 8 Windows 8 tablet (Intel SoC) support Mac OS X Linux and Unix Operating System Deployment: Windows To Go support Application Delivery: Win 8 apps Deep…


レプリカ構成では サーバー クリーンアップ ウィザード にご注意ください

こんにちは、マイクロソフトの福島です。 サーバー クリーンアップ ウィザードは、不要なデータを整理・削除するためにお使いいただく機能ですが、WSUS サーバーをレプリカ構成 (※) されている環境では、実施上の注意点がありますのでご紹介します。 (※) 階層構成でも、レプリカに設定していない場合は、心配ありません。 クリーンアップ ウィザードの最初の項目「不要な更新および更新のリビジョン」は、必ず下位側のサーバー (レプリカ サーバー) で先に実行し、上位側 (マスター サーバー) はその後で実行するようお願いします。 この逆順、つまり上位側を先に実行すると、期限切れで不要となった古い更新プログラムの情報が、下位サーバー側に「未承認」の状態で残ってしまう場合があります。下位サーバー側に残ったレコードは、再度クリーンアップを実施しても削除されません。( その時点から 30 日を経過した後でクリーンアップを実行すると、ようやく削除されます ) もし Forefront 製品 ( FCS, FEP など ) の定義ファイルを WSUS から配布している場合は、上位サーバーでのみクリーンアップを行うと、下位サーバーに残った多量のレコードが、一気にクライアントの処理負荷を増やす場合がありますので、特にご注意ください。 なお、上記「不要な更新および更新のリビジョン」以外の項目は上位のサーバーから実行する必要があるため、ご留意ください。 ※参考:WSUS メンテナンス ガイド https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2018/03/08/maintenance-guide/


Trace32.exe/CMTrace.exe Hidden Features

So I posted this on my mattlog.net blog ages ago, but for some reason it didn’t make the migration over to our new Technet ConfigMgrDogs blog, so thought I should repost as a new entry. I still find it staggering how many customers I visit who had no idea about these features! Trace32’s Error Lookup…


Put managed metadata to work in SharePoint Online

Say you require your SharePoint Online users to enter information about the intended audience for the document they are about to upload to a document library. If you leave it up to the user to come up with a term for audience of the document, you might end up with a bunch of documents intended…