KB: Configuring antivirus exclusions in a System Center Service Manager environment

Antivirus exclusions need to be properly configured in a System Center Service Manager environment in order to avoid potential performance issues due to A/V scanning operations. To configure the exclusions for your Service Manager environment, you will need to configure the exclusions documented below. For Service Manager database servers For SQL Servers hosting the Service…


データセンターをシンガポールや香港に置く理由

今週から朝晩も大分冷え込むようになり、地域によっては初雪も観測するなど、いよいよ本格的な冬がやってきました。 そんな中、昨日は株式会社商事法務、西村あさひ法律事務所との共催によるシンポジウム「クラウドの法的課題とその解決策~知らないでは済まされない~」が開催され、多くのお客様にお越しいただき、2 時間たっぷりと最前線の有識者によるパネルディスカッションなどを聞いていただきました。前に「事業所グローバル展開時の IT インフラ・考 (2) ~ クラウドのグローバル展開における法的課題の検討」でもご紹介した通り、クラウドの利用についてはまださまざまな課題があることから採用を躊躇する企業もあるが、逆に過剰な法整備が IT 産業の空洞化を招く、安全は結局のところ程度問題で絶対的安全は存在しないため、経済的合理性の範囲内でどんどん取り組んでいかないと、エンドユーザー企業もビジネスの競争に勝ち抜いていけないという有識者からの声もあり、参加者の方も熱心にメモを取るなど熱いディスカッションの様子に聞き入っておられました。 シンポジウムでも取り上げられた話題の一つとして、データセンターが海外にある場合に、データが手元になく、法制度も日本法でなくなる可能性があるため、なんとなく不安であるという声があるという話がありました。ちなみに、マイクロソフトでは日本を含む東アジアのお客様向けの Office 365 の提供をシンガポールと香港のデータセンターから行っています。これらの 2 拠点は、東アジアにおけるデータセンターの集積地「クラウドハブ」なのですが、なぜこれらの地域が「クラウドハブ」化しているのか、そして最近の報道を見て中国におけるビジネスのあり方について再検討している企業の方もいらっしゃるかもしれませんが、それにもかかわらず香港はなぜ「クラウドハブ」で居続けることができるのかについて以下に見ていきたいと思います。   データセンターの場所を選択する際のシンガポールと香港のメリット シンガポールと香港は、どちらも小さな国及び行政区ですが、どちらも政府による積極的な誘致策、および自然環境や地理的な要因により、近年アジア向けのサービス提供におけるデータセンター拠点として投資が集中しつつあります。これは海外の大手クラウドベンダー企業の動向に限ったことではなく、富士通や NTT などの日本の大手 IT ベンダーや、ソニー、ヤマハ発動機、日本通運などのユーザー企業も、データセンターの拠点としてこの 2 箇所を選択しています。 シンガポールは地震、台風、津波、火山活動などがほとんどない国と言われています。地震はこの 100 年の間一度も発生したことがなく、津波も 100 年ほどの間被害にあったという記録がないようです。台風も低緯度では発生せず、火山もない、という、自然災害に強い地理的特徴があります。また、シンガポールは東南アジアやインドとの通信ケーブルの多くが陸揚げされるハブでもあります。さらに、電力事情も東京より良いという事情があります。シンガポールでは、電力供給量の 4 割が余っており、データセンターに豊富な電力を供給することが可能となっています。東京も世界有数の電力安定供給地域でしたが、震災後の東京の電力需給を見てみると、電力事情にも差が出つつあります。 香港も、有感地震は年に 1~2 回程度という、地震がたいへん少ない地域です。中国本土へのビジネスのゲートウェイとしての役割を果たしていることもあり、データセンターも香港に作られることが多いようです。1997 年にイギリスから中国に返還された後は法制度も中国になっているのではないかと誤解している方もいらっしゃいますが、香港は特別行政区であり、基本法に示された「一国二制度」の原則に基づき、中国本土とは異なる行政、法、経済制度で運用されています。中国では、たとえば「金盾」によるファイアーウォール機能 (Great Fire Wall of China)により、中国国内のインターネット上に出回っているありとあらゆる情報を検閲する可能性があります (注: 11/9 の中国国内から Google サービスへのアクセス制限が疑われる事象など) が、香港は適用対象外となっています。香港も APEC に加盟しており、個人データ (プライバシー)条例という形で包括的なデータ保護法を制定しています。この条例は、 EU データ保護指令などの国際的なプライバシー保護法に見られる原則と同様の原則に基づいており、データセンターに格納されているデータのプライバシーが守られるようになっています。このように、香港では中国本土とは異なる法制度で、欧米諸国並みのセキュリティ、プライバシーが担保される仕組みが整えられています。 また、どちらも政府が積極的にデータセンターハブとしての売り込みを民間企業に行っていることも大きいと言われています。税制的優遇措置をはじめ、政府がセールスマンのように企業に積極的に提案を行い、企業の問題の解決を支援しています。そして、このような優遇措置をうけているクラウドベンダーは、同じサービスでもより安価に提供することができ、ユーザー企業にもその利益が還元されます。 尚、日経コンピュータにも「各国のIT投資を狙うシンガポールと香港 アジアで「クラウドハブ」争奪戦(1)」「政府自ら顧客を誘致するシンガポールの強さ…


Setkání Windows User Group – říjen 2012

Už jste zažili velký třesk? Pokud ne, navštivte http://www.mujvelkytresk.cz/ a vyhrajte zajímavé ceny. Informace pro postup můžete získat i na našich akcích pro vývojáře a IT odborníky, pro které je tento měsíc připraven hosting aplikací v azurovém cloudu a automatické nasazení Windows 7. Praha – Deployment Windows 7 v podnikové síti II. 11. října 2012,…


WSUS 3.0 SP2 をデータベースごと移行する方法について

こんにちは。マイクロソフトの美馬です。 WSUS 3.0 SP2 をデータベースごと移行する手順をご紹介いたします。 移行する方法としては、レプリカを利用する方法と、データベース自体を移行する方法の 2 通りがあります。   前者(レプリカ利用)は、旧環境と新環境が同一ネットワークに存在する状態となりますので、既存クライアントへの影響が少なくてすむ反面、ホスト名や IP アドレスは別となり、同期される間はネットワーク負荷がかかる可能性があり、オプション設定やクライアント情報は移行できません。 一方、後者(データベース移行)は、旧環境と新環境で同じホスト名や IP アドレスを同じ場合に利用でき、オプション設定なども同時に引き継ぐことができますが、旧環境との並行運用はできません。 どちらの方法でも、移行先・移行元の OS / プラットフォーム (x86, x64) の相違は問いません。   レプリカ利用における移行方法は、下記 Blog でご紹介しておりますので、ご参照ください。 WSUS サーバーを新しいハードへ移設したい http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/05/07/wsus-server-replace.aspx   WSUS 3.0 SP2 をデータベースごと移行する手順は下記のとおりとなります。 <前提条件など> 全データは媒体経由で移行できますので、旧環境と新環境とがネットワークで接続されていなくても問題ありません。   <この手順により移行される情報> すべての情報が移行されます。   <作業手順> 1) 移行先に WSUS 3.0 SP2 をインストールしておきます。 ※更新ファイルの格納パスなど、インストーラ―に対して指示する設定値は旧環境と同じにしてください。   2) データベースとして Windows Internal Database を使用している場合は、データベース…


Setkání Windows User Group – září 2012

Vstupujeme do další sezóny, ve které pro vás připravujeme řadu přednášek o novinkách, které na nás na poli produktů společnosti Microsoft čekají. Však klientský operační systém Windows 8 i jeho serverový bratříček Windows Server 2012 již přešlapují před branami vašich i našich instalačních médií. Těšíte se? Praha – Novinky v C# 5.0 a asynchronní programování…


Group Policy Search Update auf 1.1.4 und Windows 8

Gestern haben wir die Group Policy Search upgedated und dabei u.a. folgende Änderungen vorgenommen: Support für Windows 8 und Windows Server 2012 Ab jetzt werden kleine Icons vor den Policy-Namen angezeigt, die zeigen, ob es sich um eine User oder eine Maschinen Policy handelt. Dadurch wird jetzt schneller klar, warum viele Policies vermeintlich doppelt angezeigt…


AS: 74. Erweiterten geschützten Modus aktivieren

GUI Name: Erweiterten geschützten Modus aktivieren / Enable Enhanced Protected Mode Policy Name: Erweiterten geschützten Modus aktivieren / Turn on Enhanced Protected Mode Supported On: Mindestens Internet Explorer 10.0 Kategorie Pfad: [Computer|User] ConfigurationAdministrative TemplatesWindows ComponentsInternet ExplorerInternet Control PanelAdvanced Page Registry Schlüssel: [HKCU|HKLM]Software[Policies]MicrosoftInternet ExplorerMain Registry Wert: Isolation Policy URL: http://gpsearch.azurewebsites.net/Default.aspx?PolicyID=7523  Erklärung: Die Funktion “Erweiterter geschützter Modus”…


AS: 73. Header "Do Not Track“ (nicht nachverfolgen) immer senden / An mit Internet Explorer besuchte Websites "Do Not Track"-Requests senden

GUI name: Header “Do Not Track“ (nicht nachverfolgen) immer senden / An mit Internet Explorer besuchte Websites “Do Not Track”-Requests senden / Always send Do Not Track header Policy name: Überschrift “Nicht nachverfolgen” immer senden / Always send Do Not Track header Supported on: Mindestens Internet Explorer 10.0 Category path: [User|Computer] ConfigurationAdministrative TemplatesWindows ComponentsInternet ExplorerInternet…


AS: 72. Vorblättern aktivieren

GUI Name: Vorblättern aktivieren / Enable Flip ahead Policy Name: Feature “Vorblättern” deaktivieren / Turn off flip ahead feature Supported On: Mindestens Internet Explorer 10.0 in Windows 8 Kategorie Pfad: User ConfigurationAdministrative TemplatesWindows-KomponentenInternet Explorer InternetsystemsteuerungSeite “Erweitert” Registry Schlüssel: HKCUSoftware[Policies]MicrosoftInternet ExplorerFlipAhead Registry Wert: Enabled Policy URL: http://gpsearch.azurewebsites.net/Default.aspx?PolicyID=7521 Erklärung: Mithilfe dieser Richtlinieneinstellung können Sie das Feature zum…


ZS: 54. Legacyfilter rendern

Stats: GUI Name: Legacyfilter rendern / Render legacy filters Policy Name: Legacyfilter rendern / Render legacy filters Supported on: Mindestens Internet Explorer 10 Kategorie Pfad: [Machine|User] ConfigurationAdministrative TemplatesWindows-KomponentenInternet ExplorerInternetsystemsteuerungSicherheitsseite%ZONENAME% Registry key: [HKLM|HKCU]Software[Policies]MicrosoftWindowsCurrentVersionInternet SettingsZones%ZONEID% Registry value: 270B Policy URL: http://gpsearch.azurewebsites.net/Default.aspx?PolicyID=7557 Erklärung: Mit dieser Richtlinieneinstellung wird angegeben, ob Internet Explorer ältere visuelle Filter in dieser Zone rendert….