Sysprep 実行時にビルトイン Administrator のアカウント名を変更する方法

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。 今回は Windows Vista 以降の OS (Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2) で Sysprep を実行した際にビルトイン Administrator のアカウント名を変更する方法について紹介したいと思います。 Windows では [アカウント: Administrator アカウント名の変更] ポリシーを構成することでローカル ビルトイン Administrator のアカウント名を変更することができます。ただし、この設定は Sysprep を実行すると失われてしまい、ビルトイン Administrator のアカウント名は既定の Administrator へ戻ってしまいます。 このため、ビルトイン Administrator のアカウント名を変更した状態で運用するには、 Sysprep 実行後に再度アカウント名を変更する必要があります。今回は、これを SetupComplete.cmd を利用して自動化する方法について紹介します。 SetupComplete.cmd を利用したビルトイン Administrator アカウント名の変更 SetupComplete.cmd の利用方法そのものにつきましては、以前安達が公開させていただいた以下のポストをご参照下さい。…


ミニ セットアップで新規ユーザーの作成をスキップする方法

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんばんは。Windows テクノロジー サポートの吉井です。 今日は、Windows 7 の展開の際、Sysprep を実施したイメージのミニ セットアップにて、新規ユーザーの作成をスキップする方法についてご紹介します。 0. 概要 Sysprep されたイメージを初めて起動すると、ミニ セットアップと呼ばれる OS の新規インストール時と似た初期設定画面が表示されます。ここでは言語、時刻の設定や、新規ユーザーの作成、ネットワークの設定などを行います。 既定では、このミニ セットアップにて新規ユーザーを作成する必要がありますが、”応答ファイル” と呼ばれる設定ファイルを使用することで、ミニ セットアップにおけるユーザー作成をスキップすることができます。 (※ ただし、ユーザーが一人もいない状況になってしまうと誰もログオンできなくなりますので、そういった状況にならないよう注意してください。) “応答ファイル” はこれまでも数回このブログで紹介していますが、弊社のダウンロード センターにある Windows 自動インストール キット (AIK) 内に含まれる Windows システム イメージ マネージャー (SIM) を用いて作成することができます。 以下に、新規ユーザー作成をスキップする方法について、Windows AIK の入手とインストールから、応答ファイルの作成、及び、Sysprep の実行まで一通り説明します。 1. Windows AIK を準備します。 Windows AIK は以下のサイトよりダウンロード可能です。  Windows 7 用の Windows 自動インストール キット…


Sysprep 中に任意のコマンドを実行する方法について

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 Sysprep 実施中に任意のコマンドを実行する方法についてご紹介したいと思います。 なお、本日ご紹介させていただきますコマンドの実行方法についてはWindows Vista 以降の OS に付属の Sysprep を対象とした内容となります。 Sysprep はシステム準備ツールと呼ばれ、主にマスタ用に構築した環境を複数の端末に展開する場合に SID 等のシステム固有のデータを初期化するために使用されるツールです。 Sysprep は様々な設定を初期化し、クリーンアップ処理を行います。 それらの設定は Sysprep 実行時に指定可能な応答ファイルを用いる事で設定可能な項目もありますが、応答ファイルで用意されていない設定や個別のカスタマイズを行いたい場合は、Sysprep 中に特定のタイミングでコマンドを実行し、設定する方法があります。 Sysprep 中に任意のコマンドを実行する一般的な方法としては、以下の 3 つがあります。 SetupComplete.cmd を利用する方法 応答ファイルの <RunSynchronousCommand> を利用する方法 応答ファイルの <FirstLogonCommands> を利用する方法 上記 3 つの方法は実行されるタイミングや設定方法がそれぞれ異なりますので、個別にご紹介していきます。 1. SetupComplete.cmd を利用する方法 SetupComplete.cmd を利用する事で Sysprep 完了後、ログオン直前のタイミングで任意のコマンドを実行させる事が可能です。なお、SetupComplete.cmd は SYSTEM 権限で実行されます。 – メリット 応答ファイルを別途用意する必要がなく手軽に利用する事が可能。 セットアップが完了しているため、システムが通常の状態にあり、ユーザーがログオンする前に処理を行う事ができる。 -…