Azure Traffic Manager


  Azure Traffic Managerとは

Azure Traffic ManagerはDNSレベルでトラフィックを制御するL4ロードバランサです。
ワールドワイドに散らばったリソースにも負荷分散できるという特徴があります。
DNSレベルでトラフィックを制御することができるため事業継続性や災害対策などのクリティカルなサービスで活用することが出来ます。

主な特徴

アプリケーションのダウンタイムを短縮

Traffic ManagerはAzureの内部と外部のサイトおよびサービスを監視することが出来ます。
障害発生時にユーザーを新しい場所に自動転送することで、可用性を挙げることが出来ます。


アプリのパフォーマンスとコンテンツ配信性能を向上

ユーザーを自動的にAzure内外のネットワーク待ち時間が最も短い場所へ誘導することで、アプリケーションの応答性を向上させます。
それによって、コンテンツの配信にかかる時間を短縮し、ユーザーエクスペリエンスを高めます。


トラフィックを複数の場所へ分散

複数のクラウド サービスや複数のAzure Web Appsなど、複数の場所にトラフィックを分散できます。
また分散の方法も、均一負荷分散・加重負荷分散のいずれかを選択できます。


オンプレミスデータセンターで使用

Traffic Managerは、クラウドへのバースト、クラウドへの移行、クラウドへのフェールオーバーなど、オンプレミスのシナリオにも適用可能です。
ダウンタイムを意識せずに、オンサイト データセンターのアップグレードまたは保守を行うことができます。


複数のトラフィック ルーティング オプションを選択可能

Azure Traffic Manager では以下のルーティングオプションをアプリケーションやシナリオに合わせて選択できます。

  • フェールオーバー
  • パフォーマンス
  • 加重ラウンドロビン


複数のロードバランサーの違い


Azure Traffic Manager


Azure Load Balancer


Application Gateway

OSI参照モデルのレイヤ L4 L4 L7
制御レベル DNSレベル IPアドレス URLやHTTPヘッダ
特徴 ワールドワイドに散らばったリソースにも負荷分散でき、 DNSレベルで制御するため事業継続性や災害対策などのクリティカルなサービスで必要になる ILB(Internal Load Balancer) と ELB(External Load Balancer) のどちらとしても使える SSLオフロード機能、Cookie処理による振りわけ等に対応可能

紹介動画

参考リンク

Skip to main content