Azure Automation


Azure Automationとは

Azure Automationはクラウド管理を簡素化するためプロセス自動化の機能を提供します。自動化によって時間とお金を節約することが出来ます。今まで時間がかかってしまっていた繰り返しのタスクの処理を排除することが出来ます。人の手を介さず、一度設定した設定により処理が自動化されることで、ヒューマンエラーがなくなり処理の信頼性が高くなります。
Azureだけでなく、サードパーティのクラウドサービスでも使用でき、PowerShellスクリプトを使用することで、様々なサービスを統合することが出来ます。


機能紹介

時間を節約すると同時に、オーバーヘッド コストを削減

頻繁に実行する、時間がかかる、間違えやすいといったクラウド管理タスクをすべて自動化できるようになりました。Azure Automation を利用すると、ビジネスの価値を高める作業に集中することができます。また、エラーを減らして効率性を向上できるため、運用コストの削減にも役立ちます。

Microsoft の PowerShell ワークフローを使用することも、独自のワークフローを作成することも可能

Automation では、Windows PowerShell スクリプト (つまり、Runbook) によって Azure リソースおよびサード パーティ製アプリケーションの作成、デプロイ、監視、保守が処理されるため、ユーザーはよりスマートに作業できるようになります。Automation Runbook Gallery には、すぐに利用できる、サンプル、ユーティリティ、シナリオの Runbook が用意されているので、自動化タスクの運用を迅速に開始できます。Runbook Gallery を使用すると、Runbook を探し、入手した Runbook を Automation アカウントにインポートする作業をすべて Azure ポータルの中で行えます。

頼りになるシステムとの統合

Automation Runbook は、Azure App Service の Web Apps、Azure Virtual Machines、Azure Storage、Azure SQL Database、および他の一般的な Azure サービスで使用できます。また、パブリックなインターネット API を提供する任意のサービスで使用することもできます。Runbook は、わかりやすいダッシュボードのチャートやログ レコードで簡単に監視できます。

より信頼性の高いサービスをより短時間で提供

Automation を利用すれば、ツールやシステム、部門の垣根を越えてプロセスを効率的に処理できるので、より短時間でより一貫したサービスを提供できるようになります。しかも信頼性にも優れていて、チェックポイントを作成することで、予期しないエラー、クラッシュ、およびネットワークの問題が発生した場合にワークフローを再開できます。

クラウドでの構成管理が容易に

PowerShell Desired State Configuration (DSC) の作成や管理、DSC リソースのインポート、DSC ノード構成の生成を、すべてクラウドで実行できます。Azure Automation DSC を使用すると、クラウドやオンプレミスにある物理マシンや仮想マシン、Windows または Linux に渡って、容易でありながら信頼性の高い方法で監視し、マシンの構成を自動的に更新することができます。

(引用:Automation公式)

紹介動画(英語)

参考リンク