Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ネットワーク共有プリンターへの接続に関するトラブルを解決しよう!

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 さて、弊社では最近、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 などの環境から、ネットワーク共有プリンターに接続したときの問題に関するお問い合わせを非常にたくさんいただきます。 もちろん、弊社サポートサービスにお問い合わせいただくことで、問題解決のお手伝いをさせていただくことが私の仕事なのですが、今回は、弊社の報告事例をもとに、いくつか実績のある対処策についてご紹介させていただきます。 ネットワーク共有プリンターに接続できない問題が発生した場合の初期対応として、少しでもお力になれれば幸いです。 ※2013年12月5日、最新の事例報告などを踏まえ、対処策を加筆、修正しました。 (1) 印刷に関する更新プログラムの適用 最初の対応策は、弊社で確認された既知の複数の問題における更新プログラムのご案内です。 Windows 7 環境、および Windows Server 2008 R2 環境の印刷機能では、リリース以降、複数の問題が報告され、修正されておりますが、その中でも下記の 3 つの更新プログラムでは、特にお問い合わせの多い問題について、様々な修正が行われております。 このため、まずはこれら 3 つの更新プログラムを問題の発生するクライアント端末、およびプリント サーバーに適用していただき、状況に変化があるかどうかをご確認ください。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-050 – 重要Windows 印刷スプーラー コンポーネントの脆弱性により、特権が昇格される (2839894)http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-050 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-062 – 重要リモート プロシージャ コールの脆弱性により、特権が昇格される (2849470)https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-062 Windows 7 および Windows Server 2008 R2… Read more

Windows 7 における、既定のユーザー プロファイルのカスタマイズについて

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの丸山です。本日は Windows 7 における、既定のユーザー プロファイルのカスタマイズについてお話しします。 Windows で既定のユーザープロファイルをカスタマイズする場合には、よく知られている方法として、以下の 2 つの方法がありました。 (1) カスタマイズしたプロファイルを、既定のユーザー プロファイルへコピーする (非サポート)(2) Sysprep を実行し、カスタマイズしたプロファイルを既定のユーザー プロファイルへコピーする (推奨) さまざまな理由により、現在では (2) の方法のみ、弊社でサポート可能な手順として推奨しています。 それぞれの手順がどういったものであるか、見てみましょう。 (1) カスタマイズしたプロファイルを、既定のユーザー プロファイルへコピーする (非サポート) 従来の Windows では、Administrator ユーザー アカウントのプロファイルにカスタマイズを行い、既定のユーザー プロファイルに上書きコピーすることで、既定のユーザー プロファイルのカスタマイズを行うことができました。 ただし、本来この方法は既定のユーザー プロファイルをカスタマイズすることを目的として提供されているものではなく、ローカル プロファイルを移動プロファイルとしてプロファイル サーバーへアップロードを行うために提供されているものです。 また、いくつかのプロファイル コピー ツールが公開されており、これらのツールを使用して、カスタマイズを行ったユーザー プロファイルを、既定のユーザー プロファイルに上書きすることで、カスタマイズを行うこともできました。 ※この手順は、弊社でも多くの技術情報を公開していましたが、現時点ではすべて公開を停止しています。 この手順は、古くから存在している方法で、Windows の実装が単純であった Windows NT 4 では期待通り動作していました。 しかしながら、Windows 2000 以降、Windows の実装は大変複雑になり、この手順により既定のユーザー プロファイルのカスタマイズを行った環境では、様々な問題が発生する事が明らかになりました。… Read more

リソース不足について – 第 3 回

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの丸山です。   第 1 回、および第 2 回では、リソース不足の問い合わせにおいて、原因となることが多いページプール、非ページプールの不足についてお話をさせていただきました。   今回は、ページプール、非ページプールの上限値の確認方法と、Windows Vista や 64-bit Windows についてお話します。   ページプール、非ページプールの上限値確認方法について   まず、パフォーマンスモニタでは、以下の値が確認可能であることをお話ししました。   – Pool Nonpaged bytes – Pool paged bytes (この値は、ページアウトされた分も含めた、ページプールの全体サイズを示しています) – Pool paged resident bytes (この値は、ページプールの中でも、物理メモリ上にあるメモリサイズを示しています)   しかしながら、パフォーマンスモニタでは、これらの最大サイズを確認することができません。 カーネルデバッガを使用して、!vm コマンドを実行することで、値を確認することができます。 ただし、Windows Vista 以降の OS をお使いの場合では、デバッガを接続するためにWindows をデバッグモードで起動する必要があります。ちょっと面倒ですね。   そこで、代わりに今回は Process Explorer ツールを使用した方法についてご紹介します。 Process Explorer では、シンボルの設定を行うことで、現在確保されているプールのサイズや、その上限値を確認することができます。… Read more