Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

LPRemove タスクの動作について

こんにちは。 Windows サポートの丸山です。 現在弊社にて提供しております多くの Windows 製品では、多言語対応となっており、あらかじめ言語パックが追加されたイメージを展開いたしますと、セットアップ時に表示言語を選択できるようになっております。 ※ Windows Server 2016 製品のセットアップ時における、言語選択画面の例 またいっぽうで、使用していない言語パックを削除する LPRemove タスクが登録されており、コンピューターの起動時や、メンテナンスのタイミングにて、言語パックのクリーンアップを行っております。 LPRemove タスクは、バックグラウンドで実行されておりますが、すべての言語パックが削除される前にコンピューターの再起動を行いますと、削除されなかった言語パックが残されたままとなる動作が確認されております。 不要な言語がインストールされている場合には、手動で言語パックの削除を実施してください。 ※言語パックの削除ツールは、”lpksetup /u” コマンドで起動できます。 多言語環境の構築を検討いただくにあたり、本ブログ記事の情報がお役に立てますと幸いです。… Read more

イベント FailoverClustering 1230 について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当です。 本日は、クラスター環境で発生するイベント ID 1230 (ソース:Microsoft-Windows-FailoverClustering) についてご紹介します。   – イベント ID 1230 クラスターではリソースに対する操作 (正常性チェック LooksAlive, IsAlive など) で応答が無い場合に、リソースの応答を待ち続けることでクラスターの動作が停止することを防ぐためにタイムアウト値 DeadlockTimeout が設けられています。 リソースの操作が DeadlockTimeout 値を超えて完了しないとタイムアウトが発生しイベント ID 1230 が記録されます。   – イベント ID 1230 の原因調査 イベント ID 1230 が記録された時のクラスター ログからは何の操作でタイムアウトが発生したかを確認することができますが、リソースの操作が停止しタイムアウトした原因はイベント ログやクラスター ログなどから調査することが困難となります。   // リソース Disk01 への操作 LOOKSALIVE がタイムアウトしたことを示すクラスター ログ ERR   [RHS] RhsCall::DeadlockMonitor: Call LOOKSALIVE timed out… Read more

Multi-Domain Cluster 作成後にノードの削除、再追加がエラーで失敗する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの松岡です。 Windows Server 2016 では、Active Directory に依存しないフェールオーバー クラスターを作成する機能が導入されており、異なるドメインのサーバーでクラスターを構成する「Multi-domain Clusters」とワークグループのサーバーでクラスター構成する「Workgroup Clusters」という新機能が追加されています。 「Multi-domain Clusters」と「Workgroup Clusters」の要件や作成手順は、下記ブログに記載がございますのでご参考ください。   <参考> Workgroup and Multi-domain clusters in Windows Server 2016 https://blogs.msdn.microsoft.com/clustering/2015/08/17/workgroup-and-multi-domain-clusters-in-windows-server-2016/   本日は「Multi-domain Clusters」の環境でノードの追加が失敗する事象を紹介します。 クラスター作成後にノードの削除、再追加を行うと認証を正常に行うことができず、下記エラー (error code 0x5b4) が発生しノード追加に失敗することがあります。   ※ error code 0x5b4 は ERROR_TIMEOUT を示します。   このエラーは、再度追加するノードと同じドメインのサーバーがクラスターに 1 台も参加していない場合に発生します。 例えば下記 3 台のノードでクラスターを作成した後で、ノード Node3 (ドメイン B) の削除、再追加を行うと再追加時にはドメイン A のサーバーしかクラスターに参加していないため、エラー… Read more

データ コレクター セットの停止に時間がかかる事象について

皆さんこんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 本日は、パフォーマンス モニターのデータ コレクター セットの停止に時間がかかる事象について、ご紹介させていただきます。 ■ データ コレクター セットの停止にかかる時間について 弊社では、データ コレクター セットの停止を実行すると、数分から数十分かかる。といったお問い合わせや、データ コレクター セットを停止してから開始しようとすると失敗するときがある。といったお問い合わせをいただくことがあります。 このような場合、データ マネージャーの設定にて、“データ管理とレポート生成を有効にする” のチェックが有効になっているために、データ コレクター セットの停止処理に時間がかかっている可能性があります。 図:“データ管理とレポート生成を有効にする” のチェックの場所 データ マネージャーによる処理にはどれぐらい時間がかかるのか、実際に試してみましょう。 以下の例は、Azure 上に A1 Basic サイズの VM を作成し、System Performance のテンプレートを元に 24 時間のログ採取を行ったものです。データ コレクター セットの停止に 25 分ほどかかっています。 図:”データ コレクター セット” の停止に 25 分かかる例 またこちらは同じ A1 Basic サイズの VM において “データ管理とレポート生成を有効にする” のチェックを外し、24 時間のログ採取を行ったものですが、データ… Read more

User Access Logging Service (UALSVC) と Data Sharing Service (DSSVC) を同時に開始できない問題について

こんにちは。 Windows Platform サポートの丸山です。 本日は、User Access Logging Service (UALSVC) または Data Sharing Service (DSSVC) の起動時の問題について、ご紹介します。 ※2017/1/30 UPDATE : 本事象については、次期サーバー製品での対応が予定されております。 ※2018/12/5 UPDATE : 本事象を解決するための、ロールアップ更新プログラム (KB4467684) を公開いたしました。 ■ 発生する事象について Windows Server 2016 には、標準で “User Access Logging service (UALSVC)” と、”Data Sharing Service (DSSVC)” が搭載されています。 図:User Access Logging Service (UALSVC) 図:Data Sharing Service (DSSVC) しかしながら、これらのサービスを両方起動しようとすると、あとから起動しようとしたサービスの起動に失敗することが確認されています。 図:UALSVC を先に起動した場合 図:DSSVC を先に起動した場合… Read more