Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

サポート ライフサイクルの考え方について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。 今回は Windows 8、Windows 8.1 および Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 のサポート ライフサイクルの考え方についてご紹介いたします。  まずはじめに、Windows 8 と Windows 8.1、Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 の関係については、以下のようにご認識ください。   ———– 製品としての扱い ———- ・Windows 8.1 / Windows 8はそれぞれ別製品 ・Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2012 はそれぞれ別製品   ———- サポートライフサイクル ———– ・Windows 8.1 ⇒サービス パックポリシーと同等      … Read more

[Windows 8] 移動プロファイルでログオンすると、スタート スクリーンのアイコンが少ない問題

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 最近弊社では、Windows 8 や Windows 8.1 のお問い合わせが増えてきており、盛り上がりを感じておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 さて、本日は、Windows 8 および Windows 8.1 環境にて、移動ユーザー プロファイルにまつわるポリシー設定をおこなった場合に発生する問題について、ご紹介いたします。 まずは以下の画面をご覧ください。 図1 : Windows 8 にログオンした場合 図2 : Windows 8.1 にログオンした場合 これは、Windows 8 や Windows 8.1 に初めてユーザーがログオンしたときの画面なのですが、本来であれば、ログオン時にはスタート スクリーンに多数のタイルが並んでいるところ、この画面には少しのアイコンしかありません。また、ログオンそのものにもいつもより時間がかかるなどの事象が発生するという報告もございます。 この問題について、弊社にて確認しましたところ、この問題は、コンピューターに一時記憶されているプロファイルのコピーを管理者ユーザーが手動で削除した場合などに発生するほか、”一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除する” のポリシーが有効な環境でも発生することがわかりました。 “一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除する” のポリシー設定は、以下の画面にて設定することができます。 図3 : “一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除する” のポリシー設定 問題が発生した場合の対処策について 同様の問題が発生した場合には、お手数ですがまずは “一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除する” のポリシー設定を “未構成” に戻していただくことをご検討ください。 また、この場合にはユーザーがログオフしても移動プロファイルのコピーがそのまま残ってしまいますため、移動プロファイルのコピーを削除する必要がある場合には、同じ画面で設定可能な ”システム再起動時に指定した日数を経過しているユーザー プロファイルを削除する” のポリシーを設定していただくか、delprof ツールをご利用いただき、プロファイルの定期的な削除を行うことをご検討ください。 Download… Read more

クイック マイグレーションをすると仮想スイッチが「構成エラー」になる(Windows Server 2012)

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 Windows Server 2012 フェールオーバー クラスター + Hyper-V の環境で、仮想マシンのクイック マイグレーションを行った後に仮想スイッチが「構成エラー」と表示される件について説明します。   この記事でご案内する現象は、仮想マシン リソースを停止した状態でクイック マイグレーション (仮想マシンのオーナー ノードの変更操作) を行った後、マイグレーション先のターゲット ノードで仮想マシンの設定画面を表示することで確認することができますが、他にイベント ログやエラー ダイアログなどは表示されません。また、この状態で仮想マシンを起動すると「構成エラー」だった表示は正しい仮想スイッチの設定に更新され、起動後の仮想マシン(ゲスト OS )は正常に動作します。 また仮想マシンがオンライン状態で行われるマイグレーション処理ではこの表示は表面化することはなく、影響もありません。     なお、Windows Server 2008 R2 までのフェールオーバー クラスター + Hyper-V 構成ではこの表示は発生しません。 結論から申し上げますと、この表示は Windows Server 2012 に含まれる Hyper-V のデザイン変更によるものであり、この「構成エラー」は無視していただいて問題ありません。   この動作について Windows Server 2012 ではクイック マイグレーションによってターゲット ノードに仮想マシンが移動した際のリソース (ネットワーク デバイスなど) の修正は仮想マシンのワーカー プロセス… Read more

"デバイスとプリンター" 画面の不思議に迫る

こんにちは。 Windows サポートの丸山です。 本日は、Windows 7 から新しく追加された “デバイスとプリンター” 画面で発生する現象についてお話しします。 弊社では、”デバイスとプリンター” 画面からプリンターの追加を行っても、追加したプリンターが表示されないことがある。といったお問い合わせをいただくことがあります。 この動作は、Windows 7 からの “デバイスとプリンター” 画面に実装された、多機能デバイス サポートのためのデバイス コンテナーのグループ化機能によるものです。 “デバイスとプリンター” 画面では、プリンターとスキャナー機能を併せ持った複合機など、複数の機能を持った多機能デバイスをより直感的に表示するために、ContainerID と呼ばれるデバイスのパラメーターを参照し、同じ物理デバイスであると認識されるデバイスをグループ化して表示します。 また、このとき、プラグ アンド プレイ経由でのパラメーター取得が行われないローカル プリンターでは、同じプリンター ドライバー、同じポート (LPT1: など) を指定してプリンターのインストールを行った場合に、それらのプリンターはすべて同一の ContainerID が割り当てられる動作であることがわかっています。 たとえば、”MS Publisher Color Printer” というプリンター ドライバーを使用して、”MS Publisher Color Printer 1″ というプリンターと、”MS Publisher Color Printer 2″ という 2 つのプリンターを追加する例を見てみましょう。 プリンターを作成し、”デバイスとプリンター” 画面を開きますと、次のような画面になります。 デバイス コンテナーがグループ化されているため、プリンターのアイコンはひとつしか表示されておりません。 ここでは、グループ化されたアイコンを右クリックして、オプションを選択すると、すべてのプリンターを見つけることができます。 また、グループ化されたアイコンの名前は、グループ化されているプリンターの中から、どれかひとつの名前が表示されています。  … Read more

WMI に関する修正プログラムについて (Windows Server 2012 / 2008 R2)

こんにちは。Windows テクノロジー サポート チームです。 WMI に関するお問い合わせを多くいただいておりますので、WMI に関する修正プログラムについてご紹介したいと思います。 なお、今回は Windows Server 2012 および Windows Server 2008 R2 を対象にご紹介しておりますが、Windows Server 2008 を対象にした修正プログラムについては、以下のブログで紹介させて頂いておりますのでよろしければ合わせてご確認ください。 WMI に関する修正プログラムについて (Windows Server 2008)http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2013/04/20/wmi-windows-server-2008.aspx まず、Windows Server 2012 の WMI に関する既知の現象といたしましては以下の 2 点があります。 Windows Server 2012 Title URL Null values returned when you use the Win32_VideoController WMI class in Windows 8 or Windows Server 2012… Read more

Windows 8 と Windows Server 2012 の自動メモリ ダンプについて

こんにちは。Windows プラット フォーム サポートの高山です。 今回は、Windows 8 / Windows Server 2012 の新機能のひとつ、自動メモリ ダンプについてご紹介いたします。          自動メモリ ダンプは、ページング ファイルのサイズを自動で割り当てる機能と連動します。普段はページング ファイルを小さめに設定し、STOP エラーなどの障害発生時にページング ファイルを物理メモリとほぼ同等のサイズに割り当てなおすことで、次回にSTOP エラーが再発した場合に、正常なダンプ ファイルが出力されるようにするという機能です。出力されるダンプ ファイルの種類はカーネル メモリ ダンプです。   自動メモリ ダンプの機能を発揮するためには、仮想メモリを [すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する] や  [システム管理サイズ] に設定している必要があります。つまり、[カスタム サイズ] で任意のサイズに設定している場合は、”自動メモリ ダンプ” に設定していても、従来の ”カーネル メモリ ダンプ” に設定している場合と、あまり差異はないということになります。       従来の OS では、仮想メモリの設定を  [システム管理サイズ] に設定している場合、搭載している物理メモリと同程度のページング ファイルを作るようにしていましたが、物理メモリの大容量化、SSD の普及により、ページング ファイルの省サイズ化もニーズとして求められています。そこで Windows 8 / Windows… Read more

Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について

2013/09/13 追記。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの横山です。 本日は、Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成に関するコマンドをご紹介いたします。 Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境では、RDMS (Remote Desktop Management Service) を利用してリモート デスクトップ サービス関連の設定の変更を行います。 しかしながら、RDMS は “リモート デスクトップ サービスのインストール” を使用してリモート デスクトップ サービスのインストールを行わない限り、インストールされません。 また、”リモート デスクトップ サービスのインストール” は、非ドメイン環境では実行できず、ドメイン環境でのみ実行可能であり、ドメイン環境であってもドメイン コントローラー単一では、”リモート デスクトップ サービスのインストール” が実行できません。 その為、ドメイン コントローラーや WORKGROUP 環境の Windows Server 2012 にリモート デスクトップ セッション ホストの各種設定を行うには、WMI コマンドの利用やレジストリの編集が必要です。 ※ ドメイン コントローラーへの “リモート デスクトップ… Read more

Windows Server 2012 から追加されたクラスター対応更新 (CAU) を使う際の注意点

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの三宅です。 Windows Server 2012 からクラスター対応更新 (CAU) という機能が追加されております。本機能に併せて、フェールオーバー クラスター マネージャーでファイル共有をご利用になる場合、少し混乱されることが想定される動作がございますので、以下にご説明させていただけたらと存じます。   まず、新機能 CAU につきましては、以下の情報をご参考にしていただけますと幸いでございます。 – クラスター対応更新を使って可用性を維持したままフェールオーバー クラスターを更新する: シナリオの概要 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831694.aspx   CAU をお使いいただくことで、クラスター化されたサーバーに対して計画的フェールオーバーが開始され、各サーバーへの更新プログラム適用処理を自動化することが出来ます。そのため、クライアントに対するサービスのダウン タイムをゼロに近づけることが可能となります。定期的な更新プログラムに関しましては、ネットワークを介して更新プログラムを入手する Windows Update (WU) または Microsoft Update (MU) か、Windows Server Update Service (WSUS) Server から更新プログラムを入手する方法がございます。   CAU で < WU/MU をお使いのお客様 > と < WSUS をお使いのお客様 > に対する注意事項が異なりますので、それぞれ記載させていただきます。該当する注意点のみで結構ですので、一読いただけますと幸いでございます。   < WSUS をお使いのお客様への注意点… Read more