Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

クラスター化したファイルサーバー (Windows Server 2012 以降) に別名 (CNAME) でアクセスする方法について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。本日は、クラスター化したファイルサーバー (Windows Server 2012 以降) に別名 (CNAME) でアクセスする方法についてご紹介します。 Windows Server 2003 以前のクラスター サービスでは、仮想サーバー名や、物理サーバー名をブラウズした場合、ローカルおよびクラスター化されているすべてのファイル共有が区別なく表示され、アクセスが可能でした。Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 のクラスターではセキュリティ強化の観点から、ファイル シェア スコーピングが導入され、クラスターのファイル共有をリクエストしているのか、ローカルのファイル共有をリクエストしているのかを判断して、表示、アクセス制御が行われるようになり、IP アドレスや DNS の CNAME レコード (エイリアス) を使用したファイル サーバーへのアクセスができなくなっていました。 WSFC: ファイル シェア スコーピングについてhttp://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2010/06/09/windows-server-failover-clustering.aspx Windows Server 2012 以降のクラスターでは、ファイル シェア スコーピングの動作が変更されセキュリティを維持しつつ、以前のクラスターでは、実現できなかった、IP アドレスと DNS の CNAME レコード (エイリアス) を使用したファイル サーバーへのアクセスが可能になりました。IP アドレスを使用したアクセスは追加の設定は不要でございますが、CNAME レコード (エイリアス) を使用する場合には、以下の設定を実施します。… Read more

Windows Server バックアップによる Hyper-V Host Component のバックアップと復元について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの宮澤です。   OS 標準で搭載されている Windows Server バックアップを用いた "ベア メタル回復" や "システム状態" のバックアップについてはよく耳にされると思います。 今回は、そんな Windows Server バックアップのバックアップ項目にある Hyper-V Host Component についてご紹介させていただきます。   Hyper-V Host Component とは ============================== Windows Server バックアップ (カスタム) から個別に選択しバックアップ取得が可能です。 Host Component には一部の Hyper-V の設定と 仮想 SAN マネージャーの情報が含まれます。   Hyper-V Host Component バックアップと復元 ==============================  ■ Wbadmin コマンドで実行する場合は、以下のコマンドにて取得可能です。  >wbadmin start backup -backuptarget:E:… Read more

リモート デスクトップ セッションの画面に関連する設定ついて

皆さん、こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの片山です。 今回は、リモート接続する際の画面に関連する以下の設定を紹介させて頂きます。 1. 複数モニター 2. 最高解像度 3. Smart Sizing 1. 複数モニターについて Windows 7 / Windows Server 2008 R2 から複数モニターがサポートされるようになり、“スパン モード” (例は後述) とは異なって、クライアントの全てのモニターをリモート デスクトップ セッションで利用できるようになりました。 使い方 : 以下の 3 つの何れかの設定を行うことによって、複数モニターでリモート接続が可能になります。 * 接続先と接続元のOS はWindows 7 / Windows Server 2008 R2 以降のバージョンから、設定可能です。 a. 画面 (GUI) から設定する方法 b. コマンド プロンプトで設定する方法 c. RDPファイルで設定する方法 上記の詳細手順を以下に記載いたします。 a. 画面 (GUI) から設定する方法… Read more

Windows Server 2012 / 2012 R2で BitLocker の GUI 設定が表示されない場合、再起動をお試しください

  こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の岩松です。   サーバー OS である Windows Server 2012 / 2012 R2 では、クライアント OS である Windows 8 / 8.1 と異なり、 BitLocker ドライブ暗号化機能は標準搭載されておりません。 BitLocker の機能を利用する場合は、サーバー マネージャーの「役割と機能の追加」から、「BitLocker ドライブ暗号化」機能をインストールするなど、追加の手順を経る必要があります。     この際、機能インストール後に再起動しただけでは、コントロール パネルの「 BitLocker ドライブ暗号化 」アプレットや、エクスプローラーのオペレーティング システム ドライブを右クリックして表示される「 BitLocker を有効にする」メニューなど、 GUI 設定項目が表示されないことがあることを確認しております。 その場合、もう一度再起動を実施いただくと、正常に表示されるようになります。この記事では、当方で検証した手順をご紹介いたします。   Windows Server 2012 の場合   「 BitLocker ドライブ暗号化」機能をインストール後、指示に従い再起動します。 この状態では、コントロール パネルに「 BitLocker… Read more

LBFO (Load Balancing and Failover:負荷分散とフェールオーバー) をクラスター環境で使う場合の注意事項について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、最近お問い合わせのあった LBFO (Load Balancing and Failover:負荷分散とフェールオーバー) をクラスター環境で使う場合の注意事項についてご紹介します。 <現象> LBFO とは Windows Server 2012 から新しく実装された NIC のチーミング機能ですが、クラスター環境で、本機能を Active – Standby モードで設定していると、ハートビート通信の unreachable や場合によってはフェールオーバーが発生する可能性がございます。 <原因> LBFO を Active – Standby モードで使用している場合、Active 側の NIC がリンクダウンし、全ての Active NIC が無くなると LBFO から上位のドライバーにメディアの切断が通知される仕様のため、この問題が発生します。 Active 側の NIC がリンクダウンした場合、以下のように状態が瞬時に遷移します。 (1) 1 つの Active NIC がダウンします。 (2) チーミングで Active NIC が存在しなくなるため、メディアの切断が上位ドライバ… Read more

Windows Server 2012 標準的なリモート デスクトップ サービス環境構築手順について

2018/04/16 追記。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 今回は、Windows Server 2012 (R2 含む) における、標準的なリモート デスクトップ サービス環境の構築手順をご案内いたします。 なお、構築の前提条件といたしまして、対象サーバーが Active Directory に参加している環境としています。 ワークグループ環境での構築につきましては、以下を参照ください。 – Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2012/12/27/windows-server-2012/ また、本稿においては、[セッション ベースのデスクトップ展開] に特化した手順となっており、MS VDI (Virtual Desktop Infrastructure) 環境の構築には言及しておりません。 VDI 環境の構築につきましては、別途公開させていただく予定としています。 ——————————————————– Windows Server 2012 以降においては、リモート デスクトップ サービスおよび RemoteApp アプリケーションを公開する場合、 一般的な方法として、同一ドメイン内に下記の役割を持つサーバーを配置いたします。 なお、下記の役割は全て一台のサーバーに集約する事が可能です。 リモート デスクトップ  (RD) セッション ホスト – デスクトップ セッション、RemoteApp プログラムを提供します。… Read more

クラスターの共有ボリュームの物理ディスクの交換について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、クラスターの共有ボリューム (CSV) の物理ディスクを交換した際に、クラスター側で実施する作業についてご紹介します。   Windows Server 2008 以降のクラスターでは、ディスク リソースの物理ディスクを交換した際には、フェールオーバー クラスター マネージャーを使用して [修復] を実施しクラスター側でも新しいディスクへ交換を実施する必要がございます。 詳細につきましては下記の技術情報をご覧ください。   – 参考 Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターにおけるディスク障害の対処方法 http://technet.microsoft.com/ja-jp/ee942177.aspx   しかしながら、クラスターの共有ボリューム (CSV) として使用されているディスク リソースは、そのままでは [修復] のメニューが表示されず、修復を実施することができません。 そのため、修復時には当該ディスク リソースをクラスターの共有ボリューム (CSV) から削除していただき、通常のディスク リソースに変更したあと [修復] を実施する必要がございます。 下記に手順をご案内します。※ ディスク内のデータのバックアップと復元については、別途実施していただく必要がございます。   – 手順 Windows Server 2008 R2 —————————— a) フェールオーバー クラスター マネージャー を起動します。… Read more

クラスター環境における共有でディスクの拡張手順

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 弊社によくお問い合わせいただくクラスターの内容のひとつに共有ディスクの拡張手順がございます。 ディスク拡張の手順については下記の技術情報にて公開しています。  Article ID: 304736How to extend the partition of a cluster shared diskhttp://support.microsoft.com/kb/304736/en-us  上記技術情報は、日本語版が機械翻訳となっておりますので、本 Blog にて、日本語の手順をご紹介します。※ 用語と画面は Windows Server 2012 のクラスター環境を使用しています。  共有ディスク パーティションの拡張にはオンライン拡張と、オフライン拡張の2種類がございます。オンライン拡張の場合は、サービスとノードを停止する必要はありません。Windows Server 2008 以降のクラスターは、オンライン拡張をサポートしています。 Windows Server 2003 以前のクラスターでは、オンライン拡張を実行するためには、クラスター上で動いているアプリケーションやストレージ、各種ドライバーが対応している必要がございます。そのため、オンライン拡張機能を実行する前にそれが正しく動作することを確認するために、現在のハードウェア構成と同等の環境で事前にテストすることをお勧めします。テスト環境がなく、事前にテストができない場合には、予期せぬ問題が発生することを避けるために、オフライン拡張での実施をお勧めいたします。 注意事項については特にございませんが、予期せぬ問題が発生してデータの損失を避けるために、事前のバックアップをお願いします。 手順概要————————————※ オンライン拡張の場合には、手順 1 と 2 は不要です。※ Windows Server 2003 の場合には [役割] を [グループ]、[開始] を [オンライン] に読み替えてください。※ Windows Server 2008、Windows Server… Read more

Windows Server 2012 以降の NFS 利用時のユーザーマッピングについて

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの松田です。   今回は Windows Server 2012 から追加されたユーザーのマッピング方法についてご紹介いたします。   Windows 上で NFS を利用する場合、Windows ユーザーと UNIX ユーザーのマッピングが必要な場合があります。 Windows Server 2008 R2 までは、Active Directory (AD) もしくは、Active Directory Lightweight Directory Service (AD LDS) を利用する方法が一般的でした。さらに Windows Server 2012 からは、新たに passwd/groupファイルによる簡易なマッピングが追加されています。   例として、WORKGROUP 環境の Administrator と Administrators グループを UNIX の root ユーザー(uid:0) と root グループ (gid:0) にマッピングする手順についてご紹介します。   1…. Read more

MSFC と SCVMM の関係および新機能について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。   日々のサポート業務の中で、お問い合わせを頂く内容についてご紹介します。   今日は Windows Server 2012 における MSFC(Microsoft Failover Clustering)と SCVMM(System Center Virtual Machine Manager) の関係および新機能についてご紹介します。今までクラスターの管理を MSFC で実施していた方には、是非 SCVMM も併せて活用し、日々の業務を円滑に進めていただければ幸いです。   System Center 2012 Virtual Machine Manager では、今までのSystem Center Virtual Machine Manager 2008 R2 、MSFC の機能では出来なかった、「クラスターからスタンドアロン コンピューターへのバーチャル マシンのライブマイグレーション」や「クラスターからクラスターへのバーチャル マシンのライブ マイグレーション」を実行する事ができます。そのため SCVMM を使用するにあたり以下のメリットがあります。   •柔軟性の向上 新機能によって複数のホストやクラスターにまたがるバーチャル マシンの移動が簡易化されます。 したがって、動的なデータセンターをより簡単に管理できます。   •容易なメンテナンス ライブ マイグレーションによって、スタンドアロン… Read more