Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

データ コレクター セットの停止に時間がかかる事象について

皆さんこんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 本日は、パフォーマンス モニターのデータ コレクター セットの停止に時間がかかる事象について、ご紹介させていただきます。 ■ データ コレクター セットの停止にかかる時間について 弊社では、データ コレクター セットの停止を実行すると、数分から数十分かかる。といったお問い合わせや、データ コレクター セットを停止してから開始しようとすると失敗するときがある。といったお問い合わせをいただくことがあります。 このような場合、データ マネージャーの設定にて、“データ管理とレポート生成を有効にする” のチェックが有効になっているために、データ コレクター セットの停止処理に時間がかかっている可能性があります。 図:“データ管理とレポート生成を有効にする” のチェックの場所 データ マネージャーによる処理にはどれぐらい時間がかかるのか、実際に試してみましょう。 以下の例は、Azure 上に A1 Basic サイズの VM を作成し、System Performance のテンプレートを元に 24 時間のログ採取を行ったものです。データ コレクター セットの停止に 25 分ほどかかっています。 図:”データ コレクター セット” の停止に 25 分かかる例 またこちらは同じ A1 Basic サイズの VM において “データ管理とレポート生成を有効にする” のチェックを外し、24 時間のログ採取を行ったものですが、データ… Read more

“Network List Service” が無効化されているとタスク スケジューラの管理コンソールでエラーが発生します

こんにちは。 Windows Platform サポートの丸山です。 本日は、タスク スケジューラーの管理コンソールで表示されるエラーの件について、ご紹介いたします。 ■ 発生する事象について Windows Vista や Windows Server 2008 以降の OS では、ネットワークの場所の管理のため、”Network List Service” というサービスが動作しておりますが、”Network List service” が無効化されている環境では、タスク スケジューラの管理コンソール画面で、タスクの条件を表示しようとすると、タスク スケジューラの管理コンソール画面にてエラーが発生し、スナップインがアンロードされてしまいます。 図:”Network List service” が無効化されている様子 図:タスク スケジューラの管理コンソールのエラー画面 (1) 図:タスク スケジューラの管理コンソールのエラー画面 (2) 図:タスク スケジューラの管理コンソールのエラー画面 (3) ■ 事象の回避策について 本事象は、”Network List Service” が無効化されており、”条件” タブの内容を表示するための情報の取得が失敗することで発生します。 “Network List Service” が無効化されている状況は、非推奨の状態となりますため、”Network List Service” のスタートアップの種類を “手動” または “自動”… Read more

フェールオーバー クラスターにディスク リソースが追加できない。

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、フェールオーバー クラスターにディスク リソースが追加できない事象について、ご案内します。 フェールオーバー クラスターにディスク リソースを追加するためには、以下の要件に合致する必要があります。 1. 共有ストレージが SCSI-3 の Persistent Reservation (永続的な予約) に対応している。2. MBR or GPT 形式で初期化されている。3. ダイナミック ディスクではなくベーシック ディスクを使用している。4. 全ノードで同一のディスク (LUN) が認識されている ※ ディスク (LUN) の認識状況は [ディスクの管理] コンソールで確認可能です。 しかしながら、上記の要件を満たしており、構成が正しいにも関わらず、フェールオーバー クラスター マネージャーで「ディスクの追加」ボタンをクリックしても、追加可能なディスクが無いメッセージが表示され、ディスク リソースが追加できない事象の報告がありました。 この事象では、当該ディスク (LUN) 上に、何らかの原因で前述の Persistent Reservation (永続的な予約) が残っていたために、新たに Persistent Reservation (永続的な予約) ができなくなり、その結果ディスク リソースの追加ができない状況に陥っていました。 クラスターは、Persistent Reservation (永続的な予約) を使用して、ディスクの所有権を管理するため、予約ができないディスクはクラスターに追加できません。 弊社過去事例では、ストレージの障害発生後に、ストレージ側で復旧処理を実施し、ディスク リソースをクラスターに再度登録しようとした際に本問題が発生していました。… Read more

クラスター調査に必要な情報収集について

こんにちは。 平素は弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。  運用を頂いておりますお客様のクラスター環境は問題無く動作しておりますでしょうか。高可用性を謳うフェールオーバー クラスター製品ですが、長く運用を頂く中で外部的な要因も含め、クラスターが障害を検知したりフェールオーバーが発生する場合もあるかと存じます。 障害調査依頼として弊社にお問い合わせを頂く場合、お伺いした現象や障害に対して調査の為の情報取得をお願いすることがあります。この記事では初期調査を行なううえで最低限必要になる情報をご案内します( 実際の調査ではその過程においてあらためて現象の確認や追加情報のお願いをさせていただく場合があります。お手数をお掛けする事となりますが何卒、ご理解と共にご協力を頂けますようよろしくお願い申し上げます)。一般的にフェールオーバー クラスターの調査では部分的なエラー情報だけではなく構成や動作を確認する必要がありますので、以下 (a)~(f) の様な情報が必要になります。またフェールオーバー クラスターは複数の Windows サーバーが連携して動作しますので、情報採取はクラスターを構成する全てのノードが対象になります。実機からのログ情報採取とは別に、確認いただいた発生障害と状況についても是非、お教えください (障害対応の現場は修羅場同然でそれどころではないと思いますが、後から思い出せる範囲でも結構です。現場で実際に目で観て頂いた情報は何よりも重要であることが多くあります)。 情報保存を頂きたい情報 ◆ Windows OS の情報 (a) システム情報 (msinfo32.exe) : 全ノードで採取(b) イベント ログ情報 Evtx+CSV形式 (eventvwr.exe) : 全ノードで採取(c) ネットワーク情報 (ipconfig.exe) : 全ノードで採取 ◆ フェールオーバー クラスターの情報 (d) クラスター診断ログ (cluster.exe/Get-ClusterLog) : 全ノードで採取 … ※(e) クラスター リソースとグループの情報 (cluster.exe/Get-Cluster)  : 1台のノードで採取(f) クラスター ハイブ (reg.exe) : 1台のノードで採取 ※ クラスター診断ログはサイズ固定の循環ログですので、時間が経過することにより古いログから上書きされてしまいます。障害が発生した後は可能な限り速やかに保存と回収をお願いします。… Read more

クラスターのハートビート通信の設定値の範囲について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの永岡です。 今回のトピックはクラスターのハートビート通信に関わるパラメーターの設定値 (閾値) について分かりやすくご紹介したいと思います。 ハートビートとはクラスター ノード間で互いのノードの正常性を確認するための仕組みで、詳細につきましては以下の記事がございます。ハートビート通信の設定変更手順などの記載がございますので、こちらにつきましても、ぜひご一読ください。   フェールオーバー クラスターのハートビートについて  http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2012/03/22/3488080.aspx このハートビートに関するパラメータの設定可能な範囲については、Windows Server 2008 および Windows Server 2012 / 2012 R2 では公開された情報がありましたが、Windows Server 2008 R2 における設定可能値の情報は、公開されておりませんでした。 そのため、当ブログでは Windows Server 2008 R2 を含めた OS  バージョン毎のハートビート通信の設定値の範囲についてまとめさせていただきます。 ■ Windows Server 2008 における設定値の範囲 Parameter Default Minimum  Maximum SameSubnetDelay      1000 ミリ秒 (1秒) 250 ミリ秒 (0.25 秒) 2000 ミリ秒 (2… Read more

Hyper-V フェールオーバー クラスター環境で VM の移動後に、移動元のノードに VM の情報が残ってしまう

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。本日は、Hyper-V フェールオーバー クラスターの環境で、仮想マシンの移動後に、移動元のノードに仮想マシンの情報が残ってしまう事象の回避策をご案内します。※ [移動] = ライブ、クイック マイグレーションとフェールオーバーを含む所有者変更を指します。 Hyper-V フェールオーバー クラスターの環境で、仮想マシンの移動後に、移動元のノードに情報が残ってしまい、移動元の Hyper-V マネージャーと、移動先の Hyper-V マネージャーの両方に同じ仮想マシンが表示される場合がございます。 また、この問題が発生すると、仮想マシンの情報が二つのノードで重複して表示される以外に、以下の事象が発生する場合もございます。 1. ライブ マイグレーションやクイック マイグレーションを実行すると [時間がかかっています] と表示され、完了しない。2. 仮想マシンを最新の情報に更新をしても同様に [時間がかかっています] と表示され、正常に完了しない。3. すべてのノードの Hyper-Vマネージャーで仮想マシンが表示されなくなる。※ この時、移動元のノードのクラスター サービスを停止すると、移動元の Hyper-V マネージャーと、移動先の Hyper-V マネージャーの両方に同じ仮想マシンが表示されることが確認できます。 通常であれば、移動元のノードからは、情報が削除されるため、両方のノードで表示されることはございません。表示されるのは、仮想マシン リソースのオーナーノードのみです。 しかしながら、何らかの原因で情報が残ってしまった場合には、両ノードで表示されてしまいます。上記状態に陥ってしまった場合には、以下の手順で復旧可能です。 以下の手順は移動元のノードで実施します。 1. まず、ノード上に不要な情報が残っているか確認します。———————————————————当該ノード上に仮想マシン リソースがすでに存在していない (他のノード上に存在している) にもかかわらず、以下のフォルダに XML ファイル (ファイル名:<VmID>.XML) が存在する場合は、情報が残っています。 —————————-"C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Virtual Machines Cache""C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Virtual Machines"—————————- ファイル名例:00866BD3-E68F-4724-B891-82048BD0D60C.xml※ 00866BD3-E68F-4724-B891-82048BD0D60C は VmID… Read more

クラスター ノード間通信障害の一般的な対処方法について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 最近いくつかいただいたお問い合わせで、フェールオーバー クラスターの構成ノードを再起動したところ、クラスターに参加できなくなった、というお問い合わせがありました。 これらのお問い合わせでは、ネットワーク ボードの IPv6 設定が無効 (ネットワーク ボードのプロパティからチェックボックス OFF) に設定されている状態でノードを再起動した所、クラスターに参加するタイミングで他のノードとのノード間通信に失敗し、参加に失敗するという事象が発生していました。 このような設定を行っている場合、ネットワーク ボードの IPv6 設定は無効になっているものの、OS の内部で使用されている仮想ネットワークでは IPv6 設定が有効になっておりシステム全体、たとえば Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter 等では IPv6 が使用されております。 このような状態に陥っていた環境では以下の対処を行うことで改善されました。   IPv6 コンポーネントの無効化手順—————–レジストリを変更して IPv6 コンポーネントを無効化します。 ・対象レジストリ  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\   (1) regedit.exe を起動して 対象レジストリアドレス に移動します。  (2) メニューバーから [編集]-[新規]-[DWORD (32 ビット) 値] を選択します。  (3) 名前には [DisabledComponents] と入力します。  (4) [DisabledComponents]… Read more

ノード再起動後に、クラスター サービスが、エラー 6609 [無効なログ ブロックが見つかりました。] で起動しない

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。本日は、ノード再起動後にクラスター サービスが起動できなくなる障害事例についてご紹介します。 今回ご紹介させていただく内容としましては以下の3 点です。 <障害内容><回避策><原因特定の調査について> <障害内容>ノードを再起動させた際に、イベント ログに以下のエラーが記録され、クラスター サービスの起動に失敗する。 ——————————-ログの名前:         Systemソース:           Service Control Managerイベント ID:       7024レベル:           エラー説明:Cluster Service サービスは、サービス固有エラー ログ サービスで、無効なログ ブロックが見つかりました。 で終了しました。——————————- また、クラスター ログには以下のエラー ログが記録されます。 —————ERR   [CS] Service CreateNodeThread Failed, ERROR_LOG_BLOCK_INVALID(6609)' because of '::CreateLogFile( fileName.c_str(), GENERIC_READ | GENERIC_WRITE, FILE_SHARE_READ | FILE_SHARE_WRITE, sa, OPEN_ALWAYS, FILE_ATTRIBUTE_NORMAL )'————— 上記ログに記録された [無効なログ ブロックが見つかりました。] と [ERROR_LOG_BLOCK_INVALID(6609)'] は、クラスター サービスが使用するファイルの一部である clusdb.blf… Read more

グループ ポリシーを用いたデバイスのアクセス制御について

  Windows テクノロジー サポートの奥原です。 情報漏えい等の観点から、リムーバブル デバイスへのアクセス制限を行いたいといったお問い合わせが多く寄せられますが、アクセス制御はどのような方法があるのかをご説明させて頂きます。 USB ストレージデバイスなどといったリムーバブル デバイスを特定のユーザや端末でアクセス制限を設けたい場合、グループ ポリシーを用いてアクセス制限を行うことができます。 アクセス制限の方法は、大きく分けて以下の 2 種類があり、それぞれの機能について説明します。 – デバイスのインストール制御 – リムーバブル記憶域へのアクセス制御 デバイスのインストール制御 このポリシーは、Windows Vista 以降で有効であり、デバイスドライバのインストールを制限します。 動作するタイミングは、デバイス接続時のプラグ アンド プレイ (PnP) の処理で実行され、制限対象のデバイスであれば、ドライバのインストールを行わず終了します。 制限方法としては、以下の方法があります。 – デバイス セットアップ クラスでの制御 ——————————— デバイス セットアップ クラスとは、デバイスのグループであり、FDD、CD/DVD、USB、1394 といったデバイスに対し、それぞれにデバイス セットアップ クラス GUID が割り当てられています。 割り当てられている GUID は、以下のサイトにございますのでご参照頂ければと存じます。 また、デバイス セットアップ クラスは、デバイス ドライバー パッケージの .inf ファイルを見るか、現在インストールされているデバイスのプロパティを見ることで判別できます。 System-Defined Device Setup Classes Available… Read more

クラスター環境における共有でディスクの拡張手順

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 弊社によくお問い合わせいただくクラスターの内容のひとつに共有ディスクの拡張手順がございます。 ディスク拡張の手順については下記の技術情報にて公開しています。  Article ID: 304736How to extend the partition of a cluster shared diskhttp://support.microsoft.com/kb/304736/en-us  上記技術情報は、日本語版が機械翻訳となっておりますので、本 Blog にて、日本語の手順をご紹介します。※ 用語と画面は Windows Server 2012 のクラスター環境を使用しています。  共有ディスク パーティションの拡張にはオンライン拡張と、オフライン拡張の2種類がございます。オンライン拡張の場合は、サービスとノードを停止する必要はありません。Windows Server 2008 以降のクラスターは、オンライン拡張をサポートしています。 Windows Server 2003 以前のクラスターでは、オンライン拡張を実行するためには、クラスター上で動いているアプリケーションやストレージ、各種ドライバーが対応している必要がございます。そのため、オンライン拡張機能を実行する前にそれが正しく動作することを確認するために、現在のハードウェア構成と同等の環境で事前にテストすることをお勧めします。テスト環境がなく、事前にテストができない場合には、予期せぬ問題が発生することを避けるために、オフライン拡張での実施をお勧めいたします。 注意事項については特にございませんが、予期せぬ問題が発生してデータの損失を避けるために、事前のバックアップをお願いします。 手順概要————————————※ オンライン拡張の場合には、手順 1 と 2 は不要です。※ Windows Server 2003 の場合には [役割] を [グループ]、[開始] を [オンライン] に読み替えてください。※ Windows Server 2008、Windows Server… Read more