Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

クラスター環境における共有でディスクの拡張手順

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 弊社によくお問い合わせいただくクラスターの内容のひとつに共有ディスクの拡張手順がございます。 ディスク拡張の手順については下記の技術情報にて公開しています。  Article ID: 304736How to extend the partition of a cluster shared diskhttp://support.microsoft.com/kb/304736/en-us  上記技術情報は、日本語版が機械翻訳となっておりますので、本 Blog にて、日本語の手順をご紹介します。※ 用語と画面は Windows Server 2012 のクラスター環境を使用しています。  共有ディスク パーティションの拡張にはオンライン拡張と、オフライン拡張の2種類がございます。オンライン拡張の場合は、サービスとノードを停止する必要はありません。Windows Server 2008 以降のクラスターは、オンライン拡張をサポートしています。 Windows Server 2003 以前のクラスターでは、オンライン拡張を実行するためには、クラスター上で動いているアプリケーションやストレージ、各種ドライバーが対応している必要がございます。そのため、オンライン拡張機能を実行する前にそれが正しく動作することを確認するために、現在のハードウェア構成と同等の環境で事前にテストすることをお勧めします。テスト環境がなく、事前にテストができない場合には、予期せぬ問題が発生することを避けるために、オフライン拡張での実施をお勧めいたします。 注意事項については特にございませんが、予期せぬ問題が発生してデータの損失を避けるために、事前のバックアップをお願いします。 手順概要————————————※ オンライン拡張の場合には、手順 1 と 2 は不要です。※ Windows Server 2003 の場合には [役割] を [グループ]、[開始] を [オンライン] に読み替えてください。※ Windows Server 2008、Windows Server… Read more

NFS 共有領域へのアクセスについて

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの松田です。 Windows Server 2003 R2 以降のシステムでは、Windows コンポーネントの一部として NFSサービスが提供されています。Unix や Linux 環境において広く用いられているネットワークファイル共有の NFS (Network File System) に対応するためのもので、このサービスを利用することで Unix/Linux 環境と Windows 環境との間で NFS プロトコルを介したファイル共有が出来るようになります。 Unix/Linux と Windows が混在するネットワーク環境をお持ちのユーザー様にご活用いただいていますが、Windows Server 2008 (Windows Vista) に SP2 を適用することにより NFS が利用出来なくなる問題が生じています。なお、同様の現象は Windows  Server 2008 R2 では発生いたしません。 この問題の原因について説明させていただくとともに、問題を解決するための修正プログラムをご案内させていただきます。   —– Windows では、Unix/Linux 環境からエクスポートされた NFS 共有領域に対してアクセスするための方法として、以下の二つの方法を提供しています。  – mount や net… Read more