Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Microsoft iSCSI Software Target を使ってみよう

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの吉井です。  今日は、以下の Microsoft iSCSI Software Target を使用して簡単な SAN 環境を構築する手順をご紹介しようと思います。 Microsoft iSCSI Software Target を利用すると、専用のストレージ ハードウェアを使わずに iSCSI 環境のテストやクラスターの共有ストレージ環境を構築したりできます。また、仮想環境での利用も可能で、仮想環境で何か検証をしてみたい場合などにも使えて便利です。無償のツールですので、是非皆さんも使ってみてください。 Microsoft iSCSI Software Target 3.3http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=45105d7f-8c6c-4666-a305-c8189062a0d0    今回作る環境について 今回は以下のような 2 台のマシンを使った環境を構築します。 ホスト名 IP アドレス 用途 OS Target 192.168.0.1 iSCSI ターゲット (接続先) Windows Server 2008 R2 WS08R2 192.168.0.2 iSCSI イニシエーター (接続元) Windows Server 2008 R2 以下、具体的な手順をご紹介します。   1…. Read more

Mountvol コマンドについて

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの吉井です。   今日はボリュームをマウント/ディスマウントするときなどに使用する Mountvol コマンドの、/D オプションと /P オプションの差異について、お話させていただきます。   Monuntvol コマンドでボリューム マウント ポイントを削除したり、ドライブ レターを削除するオプションとして、/D オプションと /P オプションがあります。   どちらのオプションでも削除したドライブ レターやマウント ポイントを用いたアクセスはできなくなる点に違いはありません。 ただし、これら両オプションの重要な差異があります。 その差異は、/D オプションでは指定されたマウント ポイントが削除されるのみで、OS の内部的にはマウント状態のままとなるのに対し、/P オプションにてマウントポイントを削除した場合には完全にディスマウントされた状態となる部分になります。   通常あまりこのオプションの差異が問題になることはありませんが、OS を介さずにストレージにアクセスを行うシステム等をご利用の場合には、上記マウント状態の差異を意識しておく必要があります。 高機能なストレージ システムでは OS を介さずにディスク複製等を行えるものがあり、この種のディスク操作が OS からマウントされて利用されている状態で行われると、OS が管理している情報と実際のディスク上のデータに不一致が発生し、ディスク上のファイルシステムの不整合を招くことがあります。   ファイル システムの不整合はディスク上のデータの障害にもつながる可能性がありますので、このようなシステムをご利用のお客様ではご注意ください。    なお、両者がどちらの状態にあるかは Mountvol コマンドをオプションなしで実行した結果から判断できます。   /D を行った後の Mountvol コマンドでボリュームを確認した状態     \\?\Volume{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}\         ***… Read more