Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

wbadmin delete backup コマンドでバックアップ フォルダーが消える

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの福田です。 皆さん、下記のような運用シナリオを検討したことはありませんか。 ・ Windows Server バックアップを使用し、過去 2 世代分以上のバックアップを保持している状態で、バックアップデータを保存しているディスクの空き容量を増やしたい。 ・ 最新世代のバックアップのみ残し、古い世代のバックアップをすべて削除したい。 上記のような運用シナリオの場合、条件次第でバックアップデータがすべて消失し、リストアができなくなる可能性があります。 これからご紹介する現象の詳細及び対処方法を参考にしていただければ幸いです。   現象について オプション keepversions:1 と -backupTarget を指定して wbadmin delete backup コマンドを実行する場合、最新世代のバックアップのみを残し、それ以外の古い世代のバックアップをすべて削除することができます。 しかし、このコマンドの実行により、バックアップデータを格納しているフォルダー自体が消失します。 その後、加えて、最新世代のバックアップのデータを保持しているスナップショットも何らかの原因で削除されてしまった場合(留意事項)、すべてのバックアップのデータが消失してしまい、障害時にリストアができなくなる可能性があります。   対処方法について 対処方法としては、オプション -keepversions と -backupTarget を指定してwbadmin delete backup コマンドを実行する場合、-keepversions の値を 2 以上に設定する必要があります。 留意事項: スナップショットは Volsnap ID:25 が記録されるケース等、様々な要因で消失してしまう可能性が予想され、それが原因で最新のバックアップまで失われてしまうことが考えられます。 従いまして、バックアップデータを格納しているフォルダー自体が存在しない状態で運用を行うことは推奨はされません。 —————————————————— 参考情報 Volsnap 25 イベントについて https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2012/02/21/volsnap-25/ ——————————————————  … Read more

ワークグループ環境でのWindows 10 のシステム イメージ回復を行う際にエラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生する場合の対処方法について

こんにちは。 Windows プラットフォームサポートの福田です。 今回はワークグループ環境での Windows 10 のシステム イメージ回復を行う際にエラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生する場合の対処方法についてご紹介いたします。 皆さん、普段利用している PC に障害が起こった場合などに備えて Windows 10 のシステム イメージをバックアップされているかと思います。 また、バックアップ先として、バックアップを取得した PC とは別の PC の共有フォルダー や NAS などのファイルサーバーにバックアップを保管している場合は、回復を行う際に注意が必要となります。 =========================== 具体的な現象 =========================== ワークグループ環境での Windows 10 のシステム イメージ回復を行う際に、ネットワーク資格情報にユーザー名だけを入力し、接続しようとするとエラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生します。 =========================== システム イメージ回復の手順について =========================== まず、システム イメージの回復を行う際には、保存先の PC もしくはファイルサーバーに接続し、ネットワーク上のシステム イメージの場所を指定します。 次に、バックアップを保管している PC に接続できるとネットワーク資格情報の入力が求められます。 ここから注意が必要になります。 Windows 10 より以前の OS ではバックアップ先に接続できるユーザ名のみを入力すればよかったのですが、Windows 10 ではログオンセッションが存在しない、エラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生します。… Read more

統合書き込みフィルター (Unified Write Filter (UWF)) について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 本日は Windows 10 にて新しく利用できるようになった統合書き込みフィルター (Unified Write Filter (UWF)) についてご紹介します。 これまでは組み込み向けとして利用され、弊社からエンドユーザー様への直接の提供がなく、エンドユーザー様向けの日本語ドキュメントが少ない状況となっておりましたため、今回は Windows 10 にて UWF をご検討の皆さまに UWF の概要や使用する上で必要な構成作業等をご紹介いたします。   Unified Write Filter (UWF) について Unified Write Filter (UWF) は Windows Embedded (組み込み向け) の機能として実装されていた Enhanced Write Filter(EWF) や File Based Write Filter(FBWF)、Registry Filter 等の後継機能という位置づけで Windows Embedded 8 にて実装されました。 これらの機能は元々は組み込み向け機器にてディスクやフラッシュデバイスに書き込みを行うことにより、機器の摩耗や劣化を防ぐ目的で実装されました。 Windows 10 では Embedded (組み込み向け)… Read more

Windows Server 2012 以降の OS でイベント ログに、エラー Microsoft-Windows-Defrag ID:257 (0x8900002D) が記録される

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、よくお問い合わせをのある Windows Server 2012 以降の OS でイベント ログ (アプリケーション) に、エラー Microsoft-Windows-Defrag ID:257 (0x8900002D) が記録される件についてご紹介します。 <事象> ============================== 以下の条件を満たす環境で、OS でイベント ログ (アプリケーション) に、エラー Microsoft-Windows-Defrag ID:257 (0x8900002D) が記録される事象が報告されています。 1. Windows Server 2012 以降の OS 2. シン プロビジョニング対応ディスクを使用している。 ※ 仮想ディスクもシン プロビジョニング対応ディスクとして認識される場合があります。そのため、Azure 上の仮想マシンでも発生します。 記録されるイベント ログ詳細 —————————- ソース:           Microsoft-Windows-Defrag イベント ID:       257 レベル:           エラー 説明: エラーが発生したため、ボリューム ボリューム (D:)… Read more

エクスプローラーで全ファイルを選択したときのファイル合計サイズとディスクのプロパティの使用領域との差異は何故おきるのか?

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。本日はよくお問い合わせをいただく、エクスプローラーで確認した時のファイルサイズの合計とディスクのプロパティの使用領域に差異が発生する現象についてご紹介します。 <差異が発生する主な原因について>差異が発生する原因は様々ですが、ファイル システムが正常である場合、常に正しいサイズを表示しているのはディスクのプロパティの使用領域です。一般的にエクスプローラーで全ファイルを選択した場合のサイズは、ディスクのプロパティの使用領域よりも少なくなります。これは、エクスプローラーの既定では隠し属性やシステム属性のフォルダ、ファイルは表示されないため、全選択を実施しても実際には選択されないために差異が発生します。この問題はエクスプローラーの表示オプションを変更することで回避可能です。 また、サイズを確認したユーザーのアクセス許可がないフォルダ、ファイルが存在していると、これらフォルダ、ファイルはエクスプローラーからサイズが取得できないため、この場合にも差異が発生します。一般的に多く報告されているのは、以下の 3 つのフォルダです。 1. ごみ箱2. WER (Windows Error Reporting) の保存先フォルダ3. System Volume Information フォルダ (Volume ShadowCopy Service で作成されるシャドウ コピーが保存されます。) 他のユーザーのごみ箱には、アクセス許可がないため、サイズを取得することができません。WER の保存先フォルダは、設定によって変更可能ですが、保存先のフォルダにアクセス許可がない場合には、サイズを取得することができません。System Volume Information フォルダは、一般ユーザーにはアクセス許可がないため、サイズを取得することができません。 <対処策について>隠し属性やシステム属性のフォルダ、ファイルの対処方法は、エクスプローラーの以下の表示オプションを変更することで回避可能です。 ————–[ファイルとフォルダーの表示] –  [隠しファイル、隠しフォルダ―、および隠しドライブを表示する] or [すべてのファイルとフォルダを表示する] を選択。[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] のチェックを外す。————– アクセス許可がないフォルダのうちごみ箱と WER 関しては、[ディスクのクリーンアップ] 機能でサイズの確認と削除が可能です。なお、[ディスクのクリーンアップ] 機能はクライアントには標準でインストールされていますが、サーバー OS の場合は、Windows Server 2008 以降は [デスクトップ エクスペリエンス] の機能を追加する必要があります。※ 機能の追加手順は後述します。 System Volume Information… Read more

グループ ポリシーを用いたデバイスのアクセス制御について

  Windows テクノロジー サポートの奥原です。 情報漏えい等の観点から、リムーバブル デバイスへのアクセス制限を行いたいといったお問い合わせが多く寄せられますが、アクセス制御はどのような方法があるのかをご説明させて頂きます。 USB ストレージデバイスなどといったリムーバブル デバイスを特定のユーザや端末でアクセス制限を設けたい場合、グループ ポリシーを用いてアクセス制限を行うことができます。 アクセス制限の方法は、大きく分けて以下の 2 種類があり、それぞれの機能について説明します。 – デバイスのインストール制御 – リムーバブル記憶域へのアクセス制御 デバイスのインストール制御 このポリシーは、Windows Vista 以降で有効であり、デバイスドライバのインストールを制限します。 動作するタイミングは、デバイス接続時のプラグ アンド プレイ (PnP) の処理で実行され、制限対象のデバイスであれば、ドライバのインストールを行わず終了します。 制限方法としては、以下の方法があります。 – デバイス セットアップ クラスでの制御 ——————————— デバイス セットアップ クラスとは、デバイスのグループであり、FDD、CD/DVD、USB、1394 といったデバイスに対し、それぞれにデバイス セットアップ クラス GUID が割り当てられています。 割り当てられている GUID は、以下のサイトにございますのでご参照頂ければと存じます。 また、デバイス セットアップ クラスは、デバイス ドライバー パッケージの .inf ファイルを見るか、現在インストールされているデバイスのプロパティを見ることで判別できます。 System-Defined Device Setup Classes Available… Read more

vssadmin コマンドでシャドウ コピーが削除できない場合の対処方法について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの石田です。   最近、ローカル ドライブに保存されているシャドウ コピーのデータを削除したいが行えないというお問い合わせをいただきました。実は、シャドウコピーにはいくつかの種類があり、特定のシャドウ コピーに対しては特定のツールを使わないと削除できない場合があります。いただいたお問い合わせの現象や背景を踏まえて解説します。   現象 ========== Windows Server 2008 や Windows Server 2008 R2 にて、ローカル ドライブにバックアップデータを保管している。 共有フォルダへのバックアップとは異なり、複数のバージョンのバックアップ データが保管されていることを確認した。空き領域の確保のため古いシャドウ コピーを vssadmin delete shadows コマンドで削除しようとしたが、バックアップにより作成されたシャドウ コピーは削除されなかった。 まずはじめに、シャドウ コピーの種類と vssadmin delete shadows コマンドにてシャドウ コピーが削除されなかった理由について説明します。   シャドウ コピーの種類について ================================= vssadmin list shadows コマンドにて確認できるシャドウ コピーには大きく分けて以下の 2 つの種類があります。   a. 共有フォルダーのシャドウ コピー機能の利用により作成されるシャドウ コピー b. アプリケーションなどからの要求で作成されるシャドウ コピー… Read more

Windows Server 2008 R2 における、ソース : NTFS、ID: 55 エラーについて (KB 2885209)

こんにちは。Window プラットフォーム サポートの吉井です。 本日は今月リリースされた以下の修正プログラムについてご紹介します。  文書番号 : 2885209 Event ID 55 is logged on a Windows 7 SP1 or Windows Server 2008 R2 SP1-based file server イベント ID 55 が、Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 ベースのファイル サーバーに記録されます。(日本語機械翻訳) http://support.microsoft.com/kb/2885209 http://support.microsoft.com/kb/2885209/ja (日本語機械翻訳) この技術情報の修正プログラムでは、NTFS ファイル システム ドライバー (ntfs.sys) の不具合により、ファイル システム構造に破損が発生し、同時にその破損を検知して、ソース : NTFS、ID: 55 エラーが記録される事象に対応を行っています。 この事象の発生条件として、ファイル システムのアロケーション ユニット サイズ (クラスター… Read more

iSCSI ソフトウェア イニシエーターを利用される場合の注意点

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉井です。 今日は iSCSI ソフトウェア イニシエーターを利用される場合の注意点についてお話ししたいと思います。 Windows OS では Windows Server 2003 以降 Microsoft iSCSI Software Initiator を利用することで、iSCSI ターゲットへの接続を行うことができます。Windows Server 2003 では、以下の弊社ダウンロード センターからイニシエーターをダウンロードする必要がありますが、Windows Vista/Windows Server 2008 以降は OS の標準機能として搭載されています。  Microsoft iSCSI Software Initiator Version 2.08  http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=18986 iSCSI Software Initiator を利用すると、既存のネットワーク インフラストラクチャーを利用して iSCSI ストレージへの接続が可能になるため、比較的手軽に SAN 環境を利用でき、多くのお客様にご利用いただいています。 ただし、iSCSI 環境特有の障害お問い合わせも少なからず頂戴しています。iSCSI Software Initiator では、ハードウェアの HBA を用いた接続と比べ、ハードウェアの行っている処理部分をソフトウェア部分で代行していることになりますため、高パフォーマンスが必要な状況下や、複数のテクノロジーを組み合わせた処理を行っている状況下で、接続が不安定になるという障害報告が内容として多い状況です。 具体的には、弊社フェールオーバー クラスタリング… Read more

VSS System Writerが表示されずバックアップに失敗する

Windows テクノロジー サポートの奥原です。 今回は、最近いただいたお問い合わせについてご紹介します。 – 現象Windows Server 2008 および、Windows Server 2008 R2 で、System State のバックアップを行うとバックアップに失敗する。vssadmin list writers コマンドにて VSS ライタの状況を確認すると”System Writer” が表示されていない。 VSS ライタ (アプリケーション ライタ) とはhttp://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2009/08/11/dpm-2007-sp1-hyper-v.aspx “System Writer” が表示されない現象は、以下の要因があげられます。 主な要因について=================================1. ファイルのアクセス権が何らかの理由で失われている場合2. ライターをホストするプロセス、または、COM+ Event System サービスが稼動していない場合3. サービスのセキュリティ権限が何らかの理由で失われている場合4. VSS ライターに関する初期化が何らかの理由にて失敗している場合 各要因の説明と対処方法は以下の通りとなります。 1. ファイルのアクセス権が何らかの理由で失われている場合———————————ファイルのアクセス権やサービスのセキュリティ権限に問題がある場合、イベント ログに Microsoft-Windows-CAPI2 513 (または 512) イベントが記録されている可能性があります。 このイベントが発生している場合、技術情報 2009272 の対処方法を実施します。 技術情報 2009272 より抜粋———————–Takeown /f… Read more