Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ネットワーク共有プリンターへの接続に関するトラブルを解決しよう!

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 さて、弊社では最近、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 などの環境から、ネットワーク共有プリンターに接続したときの問題に関するお問い合わせを非常にたくさんいただきます。 もちろん、弊社サポートサービスにお問い合わせいただくことで、問題解決のお手伝いをさせていただくことが私の仕事なのですが、今回は、弊社の報告事例をもとに、いくつか実績のある対処策についてご紹介させていただきます。 ネットワーク共有プリンターに接続できない問題が発生した場合の初期対応として、少しでもお力になれれば幸いです。 ※2013年12月5日、最新の事例報告などを踏まえ、対処策を加筆、修正しました。 (1) 印刷に関する更新プログラムの適用 最初の対応策は、弊社で確認された既知の複数の問題における更新プログラムのご案内です。 Windows 7 環境、および Windows Server 2008 R2 環境の印刷機能では、リリース以降、複数の問題が報告され、修正されておりますが、その中でも下記の 3 つの更新プログラムでは、特にお問い合わせの多い問題について、様々な修正が行われております。 このため、まずはこれら 3 つの更新プログラムを問題の発生するクライアント端末、およびプリント サーバーに適用していただき、状況に変化があるかどうかをご確認ください。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-050 – 重要Windows 印刷スプーラー コンポーネントの脆弱性により、特権が昇格される (2839894)http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-050 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-062 – 重要リモート プロシージャ コールの脆弱性により、特権が昇格される (2849470)https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-062 Windows 7 および Windows Server 2008 R2… Read more

Windows Vista および Windows Server 2008 のプリント サーバーで、TCP 直接接続を使用した RPC 通信を無効化する方法

※ 2011/08/04 理解に間違いがあったので修正しました。 こんにちは、プラットフォームサポートの丸山です。 今日はネットワーク共有プリンターのトラブルシューティングに役に立つかもしれないお話です。 ■ Windows Vista 以降では、ネットワーク共有プリンタで使用される RPC 通信の方式が変更されています。 Windows XP や Windows Server 2003 までのコンピューターでは、ネットワーク共有プリンターを使用した場合のクライアント端末とサーバー端末との間では、名前付きパイプを使用して RPC 通信を行いますが、Windows Vista 以降のコンピュータでは、クライアント端末と、サーバー端末との間の通信方式として、可能であれば TCP 直接接続を使用して RPC 通信を使用するように変更されています。 この変更により、新しい RPC 通信では、クライアント端末とサーバー端末との間で多数の TCP セッションが作成されるため、多数のクライアントを抱えるネットワーク共有プリンターでは、ネットワーク機器の最大セッション数に達したり、ファイアウォールにブロックされたりして、ネットワーク共有プリンターが正しく動作しない問題が発生することがあります。 ※たとえば、プリンターとFAX画面で、プリンターのステータスが [準備完了] にならず、[オフライン] と表示されたり、[接続できません] と表示されてしまう状況などがあげられます。 このようなとき、Windows 7 以降のクライアント端末では、EnableProtocols というレジストリ値を使用して、クライアント側の TCP 直接接続の RPC 通信を無効化することができますが、クライアント端末が Windows Vista や Windows Server 2008 である場合、また、クライアント端末が多く、すべてのクライアント端末でのレジストリ変更が難しいような状況では、以下の手順にて、プリント サーバー側で TCP 直接接続の RPC… Read more