Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

LPD サーバーへ印刷時のポート設定について

こんにちは。Windows サポートの鈴木です。 印刷の出力先として LPD サーバーを指定いただく際のポートの設定についてご紹介いたします。 LPR プロトコルを使用した印刷は、プリント サーバーが UNIX / Linux 等の場合に使用されるほか、 サーバー側で印刷のログを取得したり、ドキュメントを蓄積、分類等を行うアプリケーションなどを ご使用の際にも使用されることがあります。また、お使いのプリンターが対応している場合は、 LPR プロトコルを使用して直接印刷を実行できる場合もあります。 さて、ここで注意いただきたいのが、印刷の相手がサーバーなのか、プリンターなのかという点です。 Windows の既定の状態で、プリンターに対して LPR プロトコルで印刷データを送信するために 「標準 TCP/IP ポート モニター」が使用可能となっています。 同じ LPR プロトコルですから、この「標準 TCP/IP ポート モニター」 を使用して プリンターではなく LPD サーバーへの印刷を行うことも、多くの場合は可能です。 しかしながら、サーバーとクライアント間のネットワークが切断された場合の リトライ動作等で予期しない事象が発生するという報告をお寄せいただいております。 このような場合にご検討をいただきたい回避策として、以下 2 点があります。 [LPR バイト カウントを有効にする] チェックボックスを有効にします。 標準 TCP ポート モニターの代わりに “LPR ポート モニター” を使用します。 [LPR バイト カウントを有効にする]… Read more

Windows Update からのプリンター ドライバーのインストールが失敗し続ける事象について

こんにちは、Windows Platform サポートのすずきです。 先日、ネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となる事象について という記事を公開させていただきましたが、同様の原因により Windows Update で検出されたプリンター ドライバーのインストールが失敗し続けるという別な事象が発生することが確認されましたため、あらためてご紹介をいたします。 Windows Update からデバイス ドライバーが取得されインストールされる動作になじみの薄い方もいらっしゃるかもしれませんが、 プリンター ドライバーが Windows Update から提供されることにより、USB 接続のプリンターやネットワーク上に存在するプリンターを検出して自動的にセットアップできるほか、 手動でプリンター ドライバーをインストールいただいた際も、自動的に最新のドライバーをお使いいただけるというメリットがございます。 この場合、プリンター メーカー様より弊社へプリンター ドライバーをご提供いただき Windows Update に掲載しているため、お使いのプリンターのメーカー名やモデル名等がインストールに失敗した項目として表示されますが 本件に該当する場合はプリンター ドライバー自身の不具合等ではなく、Windows が本来不要で適用の必要がないドライバーを検出しているために失敗いたします。 具体的には、事象が発生した場合、Windows Update には下記のような表示がなされます。 ■ 事象の発生原因について ネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となる事象について にてお伝えしております通り、セットアップ情報ファイルの中で “FeatureScore” と呼ばれるドライバーの優先順位を指定する属性が指定されているプリンター ドライバーをお使いの場合に発生することが確認されております。 セットアップ情報ファイルに記述された “FeatureScore” を Windows が正しく処理しないため、本来不要なプリンター ドライバーを Windows Update から取得しインストールする際に内部的にエラーが発生します。 このため、Windows Update の失敗として表示を行います。 本事象が発生していても、弊社から提供しておりますセキュリティ更新プログラム等は正常に適用され、またプリンター ドライバーも適用直前で失敗するため、印刷への影響はありません。 弊社では、引き続きこの問題について調査を継続し、新しい情報がありましたらお伝えいたします。… Read more

ネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となる事象について

こんにちは、Windows Platform サポートのすずきです。 [デバイスとプリンター] に表示されるネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となってしまい、判別が困難になる事象についてお問合せをいただいております。 この問題については弊社にて詳細な調査を実施しておりますが、プリンター ドライバーのセットアップ情報の処理に一部問題があるため発生していることが確認されましたため、情報公開を兼ねご紹介をさせていただきます。 ■ 発生する事象の詳細について 通常、ネットワーク共有プリンターの名称は 「”プリンター名” (“プリント サーバー名” 上)」と表示されます。 プリンター名にはフロアや部署等を使用いただいている場合も多くございます。これにより、どのプリント サーバーに出力するか、どのサーバーのどのプリンターに出力するかを判別することができます。 事象が発生した場合は、ネットワーク共有プリンターの名称がモデル名 (ドライバー名) に変化します。同機種のプリンターは通常同じドライバーを使用しているため、プリンターを判別することが困難になります。 – 事象が発生していない状態 – 事象が発生している状態 なお、本事象が発生していても、アプリケーションから印刷を実行する際に表示されるコモン ダイアログでは正しくプリンター名が表示されます。 また、Windows 10 Version 1703 (Creators Update) では本事象は発生いたしません。 ■ 事象の発生原因と対処について プリンター ドライバーを含むデバイス ドライバーは、”.inf” 拡張子を持つセットアップ情報ファイルによりインストール動作が規定されています。 セットアップ情報ファイルの中で “FeatureScore” と呼ばれるドライバーの優先順位を指定する属性が指定されているプリンター ドライバーを使用し、プリント サーバーにおいて共有設定した際の処理に問題があり、本事象が発生する場合がございます。 セットアップ情報ファイルはテキスト形式であるため、”FeatureScore” 属性を使用しないよう書き換えることで技術的には本事象を回避いただくことが可能です。 しかしながら、通常、セットアップ情報ファイルを含むドライバーの構成ファイル全体がプリンター メーカー様にてデジタル署名を施されているため、編集等を行うと署名が破損します。その結果、共有プリンターのインストール自体が失敗する等のリスクがあるため、手作業で編集しての回避は推奨いたしかねます。 また、そのようなセットアップ情報ファイルを使用したインストールはメーカー様によって検証されていないため、他の予期せぬ問題に至る可能性がございます。 そのため、現時点ではエンド ユーザー様にご実施いただける有効な回避策がございません。 弊社では、引き続きこの問題について調査を継続し、新しい情報がありましたらお伝えいたします。… Read more

削除できないプリンター アイコンが出現する問題について

  皆さんこんにちは。 Windows プラットフォーム サポートのけまるやです。   最近、Windows 8 や Windows 8.1 環境をお使いの方から "デバイスとプリンター" 画面に削除できないプリンターのアイコンが出現するという現象についてお問い合わせをいただくことがあります。 この問題は弊社でも詳しい調査が行われておりますが、事象を改善する方法が見つかりましたため、ご紹介させていただきます。   – 発生する事象の詳細について  弊社では、複数のユーザーが 1 台のコンピューターにログオンすることがある端末において、以前コンピューターを使用していたユーザーがログオフ後、コンピューターの再起動や、印刷スプーラー サービスの再起動が発生すると、別のユーザーがログオンしたときに、"デバイスとプリンター" 画面に以前ログオンしていたユーザーが使用していたネットワーク共有プリンターのアイコンが見えてしまう事象が発生することが報告されております。 この時に表示されるネットワーク共有プリンターは、もともとログオンしていたユーザーでも削除できず、管理者権限を使用しない限り、削除できません。 以下は今回の事象を再現したときのビデオです。ネットワーク共有プリンターを削除しても復活してしまったり、そもそも削除できないプリンターが出現したりします。 [View:~/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-74-97/20140807195620.wmv:0:0]   – 事象の回避策について  お問い合わせの問題が発生しており、対処が必要な場合には、まずは以下の画面のように RemovePrintersAtLogoff のレジストリ値を 1 に設定いただくことをご検討ください。 キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Providers\Client Side Rendering Print Provider名前 : RemovePrintersAtLogoff種類 : REG_DWORD値 : 1  ※レジストリ設定後の参考画像です Windows では、ユーザーがネットワーク共有プリンターに接続したとき、次回ログオン時にすぐにネットワーク共有プリンターが使えるよう、情報の一部をキャッシュします。今回の問題は、このキャッシュの情報の一部に問題が発生することで、ほかのユーザーのプリンターが見えてしまう問題であることがわかっています。 RemovePrintersAtLogoff のレジストリ設定を行い、印刷スプーラー サービスを再起動いたしますと、ユーザーのログオフ時にプリンターのキャッシュ情報を削除するようになります。 また、RemovePrintersAtLogoff… Read more

Pubprn.vbs でプリンターを公開しようとすると “パラメータが間違っています” というエラーが発生する

こんにちは。 Windows サポートのけまるやです。   Windows には、プリンターに関する様々な処理を実行するために、いくつかの VB スクリプトが付属いたします。 今回は、そのなかでも Pubprn.vbs コマンドを実行した場合に発生する問題についてお問い合わせがありましたため、ご紹介します。   Pubprn.vbshttp://technet.microsoft.com/en-us/library/cc753116.aspx   Pubprn.vbs コマンドは、Windows NT4 で共有されているプリンターを Windows 2000 以降の Active Directory 上に登録するために作成されたスクリプトです。 しかしながら、Pubprn.vbs コマンドは、スクリプトを実行するサーバー自身が共有しているプリンターを公開する場合には、下記のようなエラーが発生することがあります。 この問題について調査を行いましたところ、Pubprn.vbs コマンドは、プリンターの公開処理を呼び出すにあたり、共有しているプリンターの情報取得を行うのですが、ローカル コンピューターをあて先とした場合には、取得されたプリンター名が UNC パスの形式ではないために、その後のチェックでエラーが発生することがわかりました。 このため、Pubprn.vbs コマンドを使用して、サーバー自身が共有しているプリンターを公開することはできません。 Pubprn.vbs コマンドを使用してプリンターの公開を行う場合には、プリンターを共有しているサーバーとは別のコンピューターから pubprn.vbs コマンドを実行していただくよう、ご注意ください。   以上、お問い合わせ事例のご紹介でした。 寒い季節が続きますね。風邪をひかぬよう、お気をつけてお過ごしください。   Windows サポート担当 けまるや… Read more

"デバイスとプリンター" 画面の不思議に迫る

こんにちは。 Windows サポートの丸山です。 本日は、Windows 7 から新しく追加された “デバイスとプリンター” 画面で発生する現象についてお話しします。 弊社では、”デバイスとプリンター” 画面からプリンターの追加を行っても、追加したプリンターが表示されないことがある。といったお問い合わせをいただくことがあります。 この動作は、Windows 7 からの “デバイスとプリンター” 画面に実装された、多機能デバイス サポートのためのデバイス コンテナーのグループ化機能によるものです。 “デバイスとプリンター” 画面では、プリンターとスキャナー機能を併せ持った複合機など、複数の機能を持った多機能デバイスをより直感的に表示するために、ContainerID と呼ばれるデバイスのパラメーターを参照し、同じ物理デバイスであると認識されるデバイスをグループ化して表示します。 また、このとき、プラグ アンド プレイ経由でのパラメーター取得が行われないローカル プリンターでは、同じプリンター ドライバー、同じポート (LPT1: など) を指定してプリンターのインストールを行った場合に、それらのプリンターはすべて同一の ContainerID が割り当てられる動作であることがわかっています。 たとえば、”MS Publisher Color Printer” というプリンター ドライバーを使用して、”MS Publisher Color Printer 1″ というプリンターと、”MS Publisher Color Printer 2″ という 2 つのプリンターを追加する例を見てみましょう。 プリンターを作成し、”デバイスとプリンター” 画面を開きますと、次のような画面になります。 デバイス コンテナーがグループ化されているため、プリンターのアイコンはひとつしか表示されておりません。 ここでは、グループ化されたアイコンを右クリックして、オプションを選択すると、すべてのプリンターを見つけることができます。 また、グループ化されたアイコンの名前は、グループ化されているプリンターの中から、どれかひとつの名前が表示されています。  … Read more

ネットワーク共有プリンターへの接続に関するトラブルを解決しよう!

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 さて、弊社では最近、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 などの環境から、ネットワーク共有プリンターに接続したときの問題に関するお問い合わせを非常にたくさんいただきます。 もちろん、弊社サポートサービスにお問い合わせいただくことで、問題解決のお手伝いをさせていただくことが私の仕事なのですが、今回は、弊社の報告事例をもとに、いくつか実績のある対処策についてご紹介させていただきます。 ネットワーク共有プリンターに接続できない問題が発生した場合の初期対応として、少しでもお力になれれば幸いです。 ※2013年12月5日、最新の事例報告などを踏まえ、対処策を加筆、修正しました。 (1) 印刷に関する更新プログラムの適用 最初の対応策は、弊社で確認された既知の複数の問題における更新プログラムのご案内です。 Windows 7 環境、および Windows Server 2008 R2 環境の印刷機能では、リリース以降、複数の問題が報告され、修正されておりますが、その中でも下記の 3 つの更新プログラムでは、特にお問い合わせの多い問題について、様々な修正が行われております。 このため、まずはこれら 3 つの更新プログラムを問題の発生するクライアント端末、およびプリント サーバーに適用していただき、状況に変化があるかどうかをご確認ください。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-050 – 重要Windows 印刷スプーラー コンポーネントの脆弱性により、特権が昇格される (2839894)http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-050 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-062 – 重要リモート プロシージャ コールの脆弱性により、特権が昇格される (2849470)https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-062 Windows 7 および Windows Server 2008 R2… Read more

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SP1 では、RD Easy Print でスケーリングがサポートされなくなりました。

こんにちは。 プラットフォームサポートの丸山です。 今日は、SP1 を適用した Windows 7 端末や Windows Server 2008 R2 端末に、リモートデスクトップ、または RemoteApp などを使用してログオンし、Easy Print でリダイレクトされたプリンターを使用するときの動作変更のお話です。 ■ Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 の Easy Print プリンタードライバーの動作変更について リモート デスクトップ接続または RemoteAppを利用して、別のコンピューターにログオンした場合、Easy Print プリンター ドライバーを使用して、クライアント端末のプリンターをサーバーで使えるようにプリンターのリダイレクトを行うことができます。 このとき、接続先のコンピューターが SP1 が適用された Windows 7 または Windows Server 2008 R2 環境である場合において、Easy Print を使用してリダイレクトされたプリンターでは、拡大、縮小印刷機能に使用される、スケーリング機能がサポートされなくなりました。 特に、Easy Print を使用した場合には、印刷設定画面はクライアント端末のプリンター設定画面が呼ばれるため、ユーザーはプリンタードライバーがサポートするすべての機能が問題なく動作することを期待しますが、仮にユーザーが印刷設定画面でスケーリングに関わる設定項目を変更した場合には、この値は単純に無視される動作となります。 ■ Easy Print… Read more

Windows Vista および Windows Server 2008 のプリント サーバーで、TCP 直接接続を使用した RPC 通信を無効化する方法

※ 2011/08/04 理解に間違いがあったので修正しました。 こんにちは、プラットフォームサポートの丸山です。 今日はネットワーク共有プリンターのトラブルシューティングに役に立つかもしれないお話です。 ■ Windows Vista 以降では、ネットワーク共有プリンタで使用される RPC 通信の方式が変更されています。 Windows XP や Windows Server 2003 までのコンピューターでは、ネットワーク共有プリンターを使用した場合のクライアント端末とサーバー端末との間では、名前付きパイプを使用して RPC 通信を行いますが、Windows Vista 以降のコンピュータでは、クライアント端末と、サーバー端末との間の通信方式として、可能であれば TCP 直接接続を使用して RPC 通信を使用するように変更されています。 この変更により、新しい RPC 通信では、クライアント端末とサーバー端末との間で多数の TCP セッションが作成されるため、多数のクライアントを抱えるネットワーク共有プリンターでは、ネットワーク機器の最大セッション数に達したり、ファイアウォールにブロックされたりして、ネットワーク共有プリンターが正しく動作しない問題が発生することがあります。 ※たとえば、プリンターとFAX画面で、プリンターのステータスが [準備完了] にならず、[オフライン] と表示されたり、[接続できません] と表示されてしまう状況などがあげられます。 このようなとき、Windows 7 以降のクライアント端末では、EnableProtocols というレジストリ値を使用して、クライアント側の TCP 直接接続の RPC 通信を無効化することができますが、クライアント端末が Windows Vista や Windows Server 2008 である場合、また、クライアント端末が多く、すべてのクライアント端末でのレジストリ変更が難しいような状況では、以下の手順にて、プリント サーバー側で TCP 直接接続の RPC… Read more