Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

クラスター環境における特定のノードへの仮想マシンの移動失敗事象について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。   今回は、Hyper-V クラスター環境において、クラスターに登録した仮想マシンがある特定のノードへ移動できなくなる事象についてご紹介いたします。     Hyper-V クラスターにおいて、ノード間での仮想マシンの移動は基本的に成功するにも関わらず、ある特定のノードへの移動時のみ失敗してしまう事象が発生したとの報告がございました。 この時、下記のエラーがイベント ログ (System、Microsoft-Windows-Hyper-V-Config-Admin) に記録されます。     ログの名前: System ソース: Microsoft-Windows-FailoverClustering イベント ID: 1069 タスクのカテゴリ: リソース コントロール マネージャー レベル: エラー ユーザー: SYSTEM 説明: クラスター化された役割 ‘×××’ の種類 ‘Virtual Machine Configuration’ のクラスター リソース ‘Virtual Machine Configuration ×××’ が失敗しました。エラー コード: ‘0x43’ (‘The network name cannot be found.’)。 リソースおよび役割のエラー ポリシーに基づいて、このノードでリソースをオンラインにする処理またはグループをクラスターの別のノードに移動した後に再起動する処理がクラスター… Read more

Windows Server 2012 R2 の Hyper-V クラスター環境で、非高可用性の仮想マシンを、オンラインの状態で高可用性の仮想マシンに構成する際の注意事項

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、Windows Server 2012 R2 の Hyper-V クラスター環境で、非高可用性の仮想マシンを、オンラインの状態で高可用性の仮想マシンに構成する際の注意事項についてご案内いたします。 ※ 非高可用性の仮想マシン = 仮想マシンリソースに登録されていない仮想マシン ※ 高可用性の仮想マシン = 仮想マシンリソースに登録されている仮想マシン Windows Server 2012 以降のクラスターでは、非高可用性の仮想マシンを、オンラインの状態で高可用性の仮想マシンに構成できます。 ※ 以前のバージョンでは、仮想マシンを一旦停止する必要がございました。 オンラインの状態で仮想マシンリソースに登録することは可能ですが、Windows Server 2012 R2 の環境では登録後に以下の事象が発生いたします。 1. 仮想マシンの NIC の構成を変更することができない。 2. 仮想マシンの再起動時に、仮想マシンリソースが障害ステータスとなる。 1 の事象は、仮想マシンの NIC の構成 (VLAN ID や帯域幅管理など) の変更を実施すると以下のエラーが発生し、変更に失敗します。 2 の事象は、以下のイベントが記録され仮想マシンリソースが一旦障害ステータスとなります。 —————– ソース: Microsoft-Windows-Hyper-V-VmSwitch イベント ID: 32 レベル: エラー 説明: Failed… Read more

Windows Server 2012 R2 におけるネットワーク障害からの仮想マシンの復旧について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。今回は、Windows Server 2012 R2 の新機能である “保護されているネットワーク” により、ネットワーク障害から仮想マシンが復旧するシナリオについてご紹介します。 Windows Server のフェールオーバー クラスターの機能は仮想マシンの実行状態、およびクラスター ネットワークとクラスター ストレージの正常性をを常時監視しています。さらに、仮想マシンのネットワークと仮想スイッチの接続の障害検知も行います。 Windows Server 2012 R2 では、ネットワーク障害が発生した場合にライブ マイグレーションによって、仮想マシンをフェールオーバー クラスターの他のノードに移動させる新機能を導入しました。これにより、仮想マシン内で起動しているサービスが中断してしまうようなネットワーク障害が発生した場合でも、仮想マシンをネットワーク アクセスが提供できるノードへ移動することで、可用性を向上させることができます。既定では、この機能を提供するプロパティである [保護されているネットワーク接続] が全ての仮想ネットワーク アダプターにおいて有効になっています。 なお、ライブ マイグレーション先のノードにおいて使用可能なネットワークが無い場合、上述の仮想マシンのライブ マイグレーションは実行されません。これは、そもそもライブ マイグレーションを開始させるリソースを所有していないノードへ仮想マシンが移動することを避けるためです。クラスター ノード上の必要なネットワークとシステム リソースが利用可能である限り、そのノードは仮想マシンの移動先として選択されます。 また、同時にライブ マイグレーションが可能な仮想マシンの台数には制限があります。ホスト上のネットワーク障害により影響を受ける仮想マシンが、同時ライブ マイグレーション可能台数よりも多い場合、仮想マシンのライブ マイグレーションは一旦キューに登録されます。ネットワーク障害が復旧し再び利用可能になると、ライブ マイグレーション キューに登録されている仮想マシンのライブ マイグレーションはキャンセルされます。 [保護されているネットワーク接続] のプロパティは、仮想マシンのネットワーク アダプターの設定では [高度な機能] の新しいプロパティです。このプロパティにより、ネットワーク障害が起きた際に、仮想マシンを他のノードへ移動させて可用性を保つための重要なネットワーク アダプターにするかどうかを選択することができます。 例えば、仮想マシンに外部ネットワークとバックアップとして使用するネットワークの 2 つの仮想スイッチが接続されている場合、バックアップ用ネットワーク アダプターに対してプロパティを無効にし、外部用ネットワークに対して有効にする、といった仮想ネットワーク アダプター単位の設定が可能です。この場合、もし、バックアップ用ネットワークに障害が発生しても、仮想マシンは移動しませんが、外部用ネットワークに障害があった場合、仮想マシンはネットワークが有効なノードにライブ マイグレーションされます。 なお、多くのネットワーク障害のシームレスな処理および冗長性確保のためにも、運用に際して重要なネットワークに対してはネットワーク チーミングを使用することを推奨しています。   <シミュレーション>… Read more

Hyper-V に対しての "アクセス制御" について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの古谷です。本日は、Hyper-V 操作のアクセス制御についてご紹介します。 Windows Server 2012 R2 および Windows 8.1 環境からアクセス制御の対応可能な範囲が変更となっています。 ========================================Windows Server 2012 以前や Windows 8 の場合======================================== Windows Server 2012 以前や Windows 8 のHyper-V 環境では、承認マネージャー (AzMan.msc) を使用して Hyper-V 操作に対するアクセス制御が可能です。例えば、承認マネージャー使用により Administrators グループに属さない特定の一般ユーザを指定して、仮想マシンに対する接続権限を付与、また仮想マシン作成の権限付与が対応可能です。 ========================================Windows Server 2012 R2 や Windows 8.1 以降の場合======================================== Windows Server 2012 R2 および Windows 8.1 以降、承認マネージャーは廃止されております。そのため、Windows Server 2012 R2 や Windows 8.1… Read more

Windows Server 2012 R2 の "保護されているネットワーク" について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。今回は、Windows Server 2012 R2 の Hyper-V における新機能の一つである "保護されているネットワーク" についてご紹介いたします。 この “保護されているネットワーク” を設定することで、仮想マシンの仮想ネットワーク アダプターで切断が検知された場合、その仮想マシンは自動的に別の Hyper-V ホストに移動します (※この機能は、Hyper-V クラスタリングを構成している場合に機能します)。 "保護されているネットワーク" は Hyper-V の仮想マシンの設定ウインドウにて、対象の [ネットワーク アダプター] の[高度な機能]を展開して設定することができ、既定では有効化されています。そのため、Windows Server 2012 R2 において、仮想マシンに追加されたネットワーク アダプターは、いずれも保護されているネットワーク アダプターとして自動的に構成されます。   “保護されているネットワーク” の設定がされた仮想マシンにおいて、仮想ネットワーク アダプターと紐づいている仮想スイッチの物理 NIC に切断が検知された場合、その仮想マシンのライブ マイグレーションが行われます。この動作が実行される前には、移動先の Hyper-V ホストの仮想スイッチが正常にネットワークに接続されていることを確認します (※移動先のHyper-V ホストのスイッチでネットワーク障害を検知して、仮想マシンのライブ マイグレーションが何度も行われることを避けるためです)。 “保護されているネットワーク” が設定されていない場合、仮想ネットワーク アダプターと紐づいている仮想スイッチの物理 NIC に障害が発生しても、仮想ネットワーク上では障害の発生を検知できないため、仮想マシンのセッションの維持に影響を及ぼします。 従いまして、この "保護されているネットワーク" の機能を有効にすることで、ライブ マイグレーションにより仮想マシンのセッション状態を維持できるため、ダウンタイムが生じなくなり、より高いレベルでネットワークの可用性を維持することができます。   <参考情報>… Read more

Windows Server 2012 R2 Hyper-V にて仮想マシン作成日が "1601/01/01 9:00:00" と表示される

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの鎌滝です。 今回は、仮想マシン管理サービス (VMMS) の再起動により、仮想マシン作成日が “1601/01/01 9:00:00” と表示される事象についてお伝えいたします。 1. 現象 Hyper-V マネージャーにて “実行中” もしくは “一時停止” 以外の状態の仮想マシンの作成日が “1601/01/01 9:00:00” と表示されます。 本事象の発生条件は以下の通りです。 ・仮想マシンの状態が “実行中” もしくは “一時停止” 以外の状態であること ・VMMS を再起動すること 2. 原因と詳細 VMMS の起動時にはすべての仮想マシンの構成ファイルの作成日の情報を VMMS 内で保持する構成情報キャッシュへ読み込む処理が行われます。本事象は、VMMS 内部のロジックの不具合により、 “オフ” もしくは “保存完了” の状態の仮想マシンではこの構成情報キャッシュへ読み込む処理が行われないことが原因で発生します。 Hyper-V マネージャーは VMMS 内で保持する構成情報キャッシュの情報から作成日を表示しておりますが、構成情報キャッシュ上に作成日の情報が存在しない場合、Hyper-V マネージャー上の仮想マシンの作成日は Windows のシステム時刻の初期値である “1601/01/01 9:00:00” が表示されます。 構成情報キャッシュに構成情報を読み込む処理は仮想マシンを起動する際にも行われます。作成日が “1601/01/01 9:00:00” と表示されている仮想マシンでも、そのタイミング (仮想マシン起動時) で正しい作成日の情報が構成情報キャッシュへ読み込まれるため、Hyper-V… Read more

Windows 10 Hyper-V 上の仮想マシンにおいて、動的メモリを無効にしているにも関わらず、動的メモリのサポート OS のバージョン不一致のエラーが記録される

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。 今回は、Windows 10 Hyper-V 上の仮想マシンの設定で [動的メモリを有効にする] にチェックを入れていないにも関わらず、Windows 10 上の仮想マシンにて、起動時に以下のイベントが記録される事象についてご紹介いたします。 ———– ソース:dmvsc ID:2 レベル:エラー 説明:動的メモリドライバーでエラーが発生しました。このバージョンの windows では、この機能はサポートされていません。 ———– 上述のソース dmvsc、ID: 2 のイベントは、動的メモリをサポートしていないバージョンのゲスト OS 上にて、動的メモリを実装しているドライバーの dmvsc.sys の読み込みに失敗した場合のみに記録されます。その他のタイミングでは記録されません。 ※ 予期せぬエラーで失敗した場合にはソース dmvsc、ID: 1 が記録されます。 Windows Server 2012 R2 以前のバージョンの Hyper-V ホスト OS 上では、動的メモリを無効にしていれば、ゲスト OS において本イベントは記録されません。 Windows 10 上の仮想マシンにおいて本イベントが記録される原因は、Windows 10 Hyper-V の新機能 (runtime memory resize) にあります。この機能により、Windows 10 Hyper-V… Read more

Hyper-V クラスター環境の仮想マシンで "保護されているネットワーク" に接続された物理 NIC の LAN ケーブルを抜線した際に、ライブ マイグレーションが失敗する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 最近、Hyper-V クラスター環境の仮想マシンで "保護されているネットワーク" に接続された物理 NIC の LAN ケーブルを抜線した際に、ライブ マイグレーションが失敗するというお問い合わせをいただきます。 今回のブログでは、この事象の原因と回避策についてご紹介します。 1. 事象説明まず最初に、 "保護されているネットワーク" の正常性検知について説明します。これは Windows Server 2012 R2 からのフェールオーバー クラスタリングの新機能で、Hyper-V ホスト クラスターで動作している仮想マシンの仮想ネットワーク アダプターへの設定項目のひとつです。この "保護されているネットワーク" の設定がされている仮想マシンの仮想ネットワーク アダプターで切断が検出された場合、その仮想マシンは別の Hyper-V ホストに移動されます。"保護されているネットワーク" の設定は仮想マシンの設定ウインドウにて、対象の "ネットワーク アダプター" の[高度な機能]を展開して設定することができ、既定では有効化されています。   Windows Server? 2012 R2 フェールオーバー クラスタリング構築・運用・管理ガイド  「4. Windows Server 2012 R2 における改善や強化」項  http://download.microsoft.com/download/0/7/B/07BE7A3C-07B9-4173-B251-6865ADA98E5D/WS2012R2_MSFC_ConfigGuide_v1.1.docx お問い合わせでは、この設定をされている仮想ネットワーク アダプターに接続されている物理 NIC の LAN ケーブルを抜線すると、ライブ… Read more

Hyper-V フェールオーバー クラスター環境で VM の移動後に、移動元のノードに VM の情報が残ってしまう

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。本日は、Hyper-V フェールオーバー クラスターの環境で、仮想マシンの移動後に、移動元のノードに仮想マシンの情報が残ってしまう事象の回避策をご案内します。※ [移動] = ライブ、クイック マイグレーションとフェールオーバーを含む所有者変更を指します。 Hyper-V フェールオーバー クラスターの環境で、仮想マシンの移動後に、移動元のノードに情報が残ってしまい、移動元の Hyper-V マネージャーと、移動先の Hyper-V マネージャーの両方に同じ仮想マシンが表示される場合がございます。 また、この問題が発生すると、仮想マシンの情報が二つのノードで重複して表示される以外に、以下の事象が発生する場合もございます。 1. ライブ マイグレーションやクイック マイグレーションを実行すると [時間がかかっています] と表示され、完了しない。2. 仮想マシンを最新の情報に更新をしても同様に [時間がかかっています] と表示され、正常に完了しない。3. すべてのノードの Hyper-Vマネージャーで仮想マシンが表示されなくなる。※ この時、移動元のノードのクラスター サービスを停止すると、移動元の Hyper-V マネージャーと、移動先の Hyper-V マネージャーの両方に同じ仮想マシンが表示されることが確認できます。 通常であれば、移動元のノードからは、情報が削除されるため、両方のノードで表示されることはございません。表示されるのは、仮想マシン リソースのオーナーノードのみです。 しかしながら、何らかの原因で情報が残ってしまった場合には、両ノードで表示されてしまいます。上記状態に陥ってしまった場合には、以下の手順で復旧可能です。 以下の手順は移動元のノードで実施します。 1. まず、ノード上に不要な情報が残っているか確認します。———————————————————当該ノード上に仮想マシン リソースがすでに存在していない (他のノード上に存在している) にもかかわらず、以下のフォルダに XML ファイル (ファイル名:<VmID>.XML) が存在する場合は、情報が残っています。 —————————-"C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Virtual Machines Cache""C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Virtual Machines"—————————- ファイル名例:00866BD3-E68F-4724-B891-82048BD0D60C.xml※ 00866BD3-E68F-4724-B891-82048BD0D60C は VmID… Read more

Windows Server バックアップによる Hyper-V Host Component のバックアップと復元について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの宮澤です。   OS 標準で搭載されている Windows Server バックアップを用いた "ベア メタル回復" や "システム状態" のバックアップについてはよく耳にされると思います。 今回は、そんな Windows Server バックアップのバックアップ項目にある Hyper-V Host Component についてご紹介させていただきます。   Hyper-V Host Component とは ============================== Windows Server バックアップ (カスタム) から個別に選択しバックアップ取得が可能です。 Host Component には一部の Hyper-V の設定と 仮想 SAN マネージャーの情報が含まれます。   Hyper-V Host Component バックアップと復元 ==============================  ■ Wbadmin コマンドで実行する場合は、以下のコマンドにて取得可能です。  >wbadmin start backup -backuptarget:E:… Read more