Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Data Protection Manager 2007 DPM データベースの バックアップとリストア

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。   今日は、DPM 2007 をご利用いただいている皆様へ、DPM データ ベースのバックアップ/リストアについてご紹介したいと思います。   DPM データベース とは   まずは DPM データベース (DPMDB) についてご説明します。   DPM データベース (DPMDB.mdf:DPM データベースのファイル名です。) とは、DPM の設定および構成に関する情報を格納する SQL Server のデータベースです。DPM データベースには、保護対象の情報や、保護グループの設定、取得済みの回復ポイント、ジョブの失敗や成功の情報、DPM の全ての内部情報が格納されています。   DPM データベース取得の目的   DPM サーバーに何らかの障害が発生した結果、DPMDB に何らかの異常が発生し、破損したり消えてしまった場合、DPM の情報は何もかも失われてしまいます。DPM の記憶域プールのディスクが無事な場合も、DPMDB が無ければ使い物になりません。 先に記載しましたとおり、DPMDB が残っている場合、記憶域プールにある情報が使用できますが、記憶域プールの内容から DPM DB を作成するといったことはできないため DPMDB をバックアップしておくことを推奨しています。   つまり、DPMDB のバックアップは DPM サーバー自体のディザスタリカバリの一つとして不可欠な情報なのです。 もちろん、保護対象からバックアップしたデータ (レプリカ) は… Read more