Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

フェールオーバー クラスターの環境で FailoverClustering ID : 1069 もしくは ID : 1573 のイベントが記録される

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの鎌滝です。 クラスター環境で FailoverClustering ID : 1069 もしくは ID : 1573 のイベントが記録され、ディスク リソースがオンラインにならない、といったお問い合わせをいただきます。 そのような事象の原因のひとつとして、サードパーティーのフィルター ドライバーの問題で、弊社のフィルター ドライバーと競合する事例が報告されています。 フィルター ドライバーの競合が原因のお問い合わせの中で、Data Protection Manager (DPM) とウイルス対策ソフトの競合により、ディスクのオンラインができない問題が複数報告されております。 [DPM] DPM と特定のウイルス対策ソフトの競合について http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/04/10/3491184.aspx 今回のブログでは、このような事象が与える影響について、クラスターの観点でご紹介いたします。 このフィルター ドライバーの競合が発生すると、ディスクのオンラインに時間がかかるようになります。 OS 領域のディスクのように、OS が起動するタイミングでオンラインになるディスクは競合するフィルター ドライバーがロードされる前にオンライン処理が行われるため、時間がかかることはありません。 しかしながら、クラスターが制御する共有ディスクはフェールオーバーなどタイミングでオンラインになることがあります。 このタイミングではすべてのフィルター ドライバーがすでにロードされているので、オンラインの処理に時間がかかり、結果的にディスク リソースのオンライン タイムアウトが起こるため、前述のエラー イベントが記録されます。 ディスク リソースがオンラインにならないことにより、目に見えるクラスターの挙動としては以下のような事象があげられます。    1. 役割を開始できない    2. フェールオーバーが失敗する    3. グループの移動 (手動でのフェールオーバー) およびクラスター コア リソース… Read more

System Center DPM と VMM の今後のコンテンツは System Center ブログに移行いたします

こんにちは、System Center サポート部の石井です。   今後の System Center DPM や VMM についてのブログは、System Center チームのブログに統合されることになり、以下サイトに移行いたします。   Japan System Center Support Team Blog http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/   引き続き、DPM や VMM についての重要なお知らせを配信していきますので、ご期待下さい。… Read more

System Center Data Protection Manager 2010 リリースについて

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。 System Center Data Protection Manager (DPM) の最新バージョン “System Center Data Protection Manager 2010” の製品提供を 2010 年 6 月 1 日より開始しますのでお知らせいたします。 製品の概要は以下のリンクをご参照いただければと思いますが、いくつかの新しい機能が追加されておりますので本ブログでもご紹介したいと思います。   Data Protection Manager 2010 概要 http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/dpm/products/2010-overview.mspx   主な新機能はこちらです。   1.Exchange Server ・Exchange Server 2010 バージョンまでサポート   2.SQL Server ・SQL Server 2008 R2 バージョンまでサポート ・新規追加された SQL データベースの自動保護 ・1 台の DPM サーバーで… Read more

DPM 2007 SP1 3 月のロールアップ修正パッケージ

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。   DPM 2007 SP1 の 3 月のロールアップ パッケージがリリースされましたので、お知らせいたします。 現在の環境にて、お困りの問題がある場合、”INTRODUCTION” 内の “This hotfix rollup resolves the following issues:” 以下をまずはご確認いただければと存じます。 これまでのロールアップパッケージと同様に今回も保護エージェントへのアップデート適用においてシステム再起動は不要となりますが、DPM サーバーの再起動が必須となっております。   技術情報のウェブサイトは以下です。 Description of the latest hotfix rollup package for System Center Data Protection Manager 2007: March 29, 2010http://support.microsoft.com/kb/979970/en-us     ダウンロードリンクは以下です。 System Center Data Protection Manager 2007 QFE Rolluphttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=775e1a23-825f-450a-9d71-6b8c951ea748&displaylang=en   注意事項:… Read more

DPM が Windows Server 2008 上で稼働している場合に適用いただきたい修正プログラムについて

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの石井です。   本日は、DPM サーバーが Windows Server 2008 OS 上で動作している場合に適用いただきたい修正プログラムをご案内いたします。   Dynamic disks are marked as “Invalid” on a computer that is running Windows Server 2008 or Windows Vista when you bring the disks online, take the disks offline, or restart the computer if Data Protection Manager is installed 英語版 : http://support.microsoft.com/kb/962975/en-us 日本語機械翻訳版 :… Read more

DPM 2007 で使用しているテープ装置の交換について

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの服部です。   今回は DPM 2007 を使用して、テープへの保護設定を実施いただいている皆様へ、 テープ装置の交換についてお話したいと思います。   テープ装置の交換について DPM 2007 でテープ装置を使用している環境において、テープ装置を交換した場合や新しく追加した場合 DPM 2007 ではどのような作業が必要になるのか以下にご紹介します。   -テープ装置の交換 DPM 2007 ですでに保護グループが作成されておりテープへの保護が実施されている環境を想定しています。 まずは、テープ装置について確認するため DPM の管理コンソールから “ライブラリ” タブを開きます。 表示されているテープ装置を使用して現状は保護を実施しています。       テープ装置をもう一台準備してテープ装置を交換した場合(ここでは以前のテープ装置は物理的に外しております)、 DPM では操作ペインから“再スキャン”を実行することで新規に接続したテープ装置を読み込みます。 画面に新規に接続したテープ装置が表示されない場合は上記作業とあわせて“更新”を実行してください。 “ライブラリ”タブでは以前のテープ装置がオフライン表示となり、新規に接続したテープ装置が表示されます。 テープ装置内に挿入されたテープ情報を認識させるため”インベントリ”を実行してテープ情報を更新します。 以上がテープ装置の交換時に必要な基本作業です。       –保護設定の変更 保護設定の変更は、保護グループの変更ウィザードから行います。 新規に接続したテープ装置を変更ウィザード中の“ライブラリとテープの詳細の選択”で指定し、ウィザードを完了させます。 上記の設定変更により、保護グループで使用するテープ装置が変更され、継続してテープへの保護が可能となります。       -リストア時の注意点 以前に取得したバックアップが保存されたテープを予め新規に接続したテープ装置に入れ替えておきますと 詳細インベントリを実行することでテープに保存されたバックアップ情報を DPM が認識します。 これにより以前のテープ装置で実施したバックアップからも回復することが可能となります。… Read more

DPM 2007 SP1 10 月のロールアップ修正パッケージ

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの石井です。   DPM 2007 SP1 の 10 月のロールアップ パッケージがリリースされましたので、お知らせいたします。   技術情報のウェブサイトは以下となります。現在の環境にて、お困りの問題がある場合、Issue の項と合致しているかご確認いただければと存じます。 Description of the hotfix rollup package for System Center Data Protection Manager 2007: October 23, 2009 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;976542   ダウンロード リンクは以下です。 System Center Data Protection Manager 2007 Hotfix Package (KB976542) (x86 & x64) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=74ac7461-dbfe-4bc1-85a2-4d2948f30e42&displaylang=en   DPM サーバーにおいては、ロールアップを適用する前に、DPM 管理者コンソールや DPM 管理シェルのウインドウは全て閉じていただきますようお願いいたします。(DPM 管理者コンソールや DPM… Read more

Data Protection Manager 2007 DPM データベースの バックアップとリストア

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。   今日は、DPM 2007 をご利用いただいている皆様へ、DPM データ ベースのバックアップ/リストアについてご紹介したいと思います。   DPM データベース とは   まずは DPM データベース (DPMDB) についてご説明します。   DPM データベース (DPMDB.mdf:DPM データベースのファイル名です。) とは、DPM の設定および構成に関する情報を格納する SQL Server のデータベースです。DPM データベースには、保護対象の情報や、保護グループの設定、取得済みの回復ポイント、ジョブの失敗や成功の情報、DPM の全ての内部情報が格納されています。   DPM データベース取得の目的   DPM サーバーに何らかの障害が発生した結果、DPMDB に何らかの異常が発生し、破損したり消えてしまった場合、DPM の情報は何もかも失われてしまいます。DPM の記憶域プールのディスクが無事な場合も、DPMDB が無ければ使い物になりません。 先に記載しましたとおり、DPMDB が残っている場合、記憶域プールにある情報が使用できますが、記憶域プールの内容から DPM DB を作成するといったことはできないため DPMDB をバックアップしておくことを推奨しています。   つまり、DPMDB のバックアップは DPM サーバー自体のディザスタリカバリの一つとして不可欠な情報なのです。 もちろん、保護対象からバックアップしたデータ (レプリカ) は… Read more

DPM 2007 の Hyper-V バックアップ時に適用すべき修正プログラムについて

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの石井です。   先日、TechEd というイベントで技術相談窓口のスタッフとして横浜に行って参りました。普段、電話による技術サポートを提供している中で、直接お客様と会ってお話し出来る貴重な機会でした。 DPM 2007 についても、今後構築予定であるとか、現在運用中で困っている、といった具体的なお話しを伺うことが出来、大変参考になりました。今後も、DPM 2007 をご利用の皆様に少しでも助けとなるような情報をお知らせしていけたらな、と思います。よろしくお願いいたします。   NEWS: 8 月のロールアップ パッケージ公開のお知らせ   今回のトピックの前に、まずは DPM 2007  SP1 に適用する最新のロールアップパッケージの公開のお知らせです。 修正内容などが記載されておりますので、ご確認下さい。   技術情報番号 970868:  A hotfix rollup package is available for System Center Data Protection Manager 2007: August 28, 2009 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;970868   尚、ロールアップパッケージの ダウンロード サイトは以下となります。 System Center Data Protection Manager 2007 Hotfix Package… Read more

DPM 2007 SP1 の Hyper-V バックアップの仕組み

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの石井です。   DPM 2007 SP1 以降、Hyper-V の仮想マシンをバックアップできるようになりました。DPM をご利用いただいている皆様が運用、管理を行う上で知っておくとトラブルシューティングに何かと有用な、Hyper-V の VM のバックアップの仕組みを図解付きでご説明したいと思います。 スナップショットについて まずはじめに、VSS のスナップショットの機能について、簡単にご説明しておきます。 あるアプリケーションが使用中のファイルがあり、バックアップソフトがこのファイルのバックアップを取るものとします。スナップショットを使わないバックアップだと、以下のような状況になります。     – アプリケーションがファイルに排他ロックをかけていると、ファイルを開くことが出来ない為、バックアップに失敗してしまう。 – バックアップにおいて読み取り中にファイルが変化するとバックアップ対象のファイルに首尾一貫性が無くなってしまうので、バックアップ中はアプリケーションがファイルに変更を行うことが出来ない。 – 遅延書き込み (※ 1) の動作の為、バックアップ開始時に物理メモリ上に残っている情報はファイルに反映されておらずに消失してしまう。   (※ 1 ファイル変更情報をメモリにある程度ためておき、一度にディスクに書き込むことでディスク I/O 頻度を減らし、パフォーマンスを向上する仕組みです。)   上記の状況を回避するため、 DPM はボリューム シャドウコピー サービス (VSS) と呼ばれる Windows の機能の中のスナップショットの機能を使用してバックアップを行っています。 スナップショットとは、名前の通り、作成時のファイルの静止状態を仮想的に作成する機能で、バックアップソフトはスナップショットの静止状態からバックアップを行い、アプリケーションはバックアップ中も引き続きファイルへ変更を行うという、バックアップの為の瞬間的な情報の保持と読み取り、アプリケーションによるファイルへの書き込みの両立を実現しています。アプリケーションによっては、さらにこの仕組みを補助する仕組みが実装されていて、物理メモリの内容をディスクに一度フラッシュしてくれるものもあります。(詳細は後述します。)     VSS ライタ (アプリケーション ライタ) とは   上記の通り、バックアップを行う対象のアプリケーションごとに、バックアップを採取するタイミングで、有効なファイルの状態を準備してあげる仕組みを実装しているものがあります。これが、VSS のアプリケーション… Read more