Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

wbadmin delete backup コマンドでバックアップ フォルダーが消える

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの福田です。 皆さん、下記のような運用シナリオを検討したことはありませんか。 ・ Windows Server バックアップを使用し、過去 2 世代分以上のバックアップを保持している状態で、バックアップデータを保存しているディスクの空き容量を増やしたい。 ・ 最新世代のバックアップのみ残し、古い世代のバックアップをすべて削除したい。 上記のような運用シナリオの場合、条件次第でバックアップデータがすべて消失し、リストアができなくなる可能性があります。 これからご紹介する現象の詳細及び対処方法を参考にしていただければ幸いです。   現象について オプション keepversions:1 と -backupTarget を指定して wbadmin delete backup コマンドを実行する場合、最新世代のバックアップのみを残し、それ以外の古い世代のバックアップをすべて削除することができます。 しかし、このコマンドの実行により、バックアップデータを格納しているフォルダー自体が消失します。 その後、加えて、最新世代のバックアップのデータを保持しているスナップショットも何らかの原因で削除されてしまった場合(留意事項)、すべてのバックアップのデータが消失してしまい、障害時にリストアができなくなる可能性があります。   対処方法について 対処方法としては、オプション -keepversions と -backupTarget を指定してwbadmin delete backup コマンドを実行する場合、-keepversions の値を 2 以上に設定する必要があります。 留意事項: スナップショットは Volsnap ID:25 が記録されるケース等、様々な要因で消失してしまう可能性が予想され、それが原因で最新のバックアップまで失われてしまうことが考えられます。 従いまして、バックアップデータを格納しているフォルダー自体が存在しない状態で運用を行うことは推奨はされません。 —————————————————— 参考情報 Volsnap 25 イベントについて https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2012/02/21/volsnap-25/ ——————————————————  … Read more