Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Hyper-V クラスター環境にて、クラスター対応更新 (CAU) のライブ マイグレーションがメモリ不足で失敗する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、Hyper-V クラスター環境で、クラスター対応更新 (CAU) の実行中にライブ マイグレーションがメモリ不足で失敗し、クラスター対応更新が停止する事象についてご案内いたします。 クラスター対応更新では、更新プログラムの適用時に、役割のドレイン (他のノードに退避) やノードの再起動、再起動完了後のフェールバックを自動で実施しますが、Hyper-V クラスター環境では、このフェールバックのライブ マイグレーションがメモリ不足で失敗する場合がございます。 これは、クラスター対応更新の実施時に、ドレインとフェールバックのライブ マイグレーションが状況によっては、同時に実施される可能性があるためです。 ドレインでは、移動時に全ノードのメモリの空き容量を確認し、各ノードのメモリ使用率が均等になるように、各仮想マシンの移動先を決定するため、メモリ不足で失敗することはありませんが、フェールバックでは、ノードのメモリの空き容量は考慮せず、必ず元のノードに戻ろうとします。 そのため、フェールバック先のノードのメモリがドレインで移動してきた仮想マシンによって全て使われてしまうと、フェールバックのライブ マイグレーションがメモリ不足で失敗します。 この事象が発生すると、ノードのイベント ログ (System) に以下のログが記録されます。 ============ ソース: Microsoft-Windows-Hyper-V-High-Availability イベント ID: 21502 レベル: エラー 説明: ‘仮想マシン <仮想マシン名>’ のライブ マイグレーションが失敗しました。 ‘<仮想マシン名>’ の仮想マシン移行操作が移行先 ‘<ノード名>’ で失敗しました。(仮想マシン ID ********-****-****-****-************) ‘<仮想マシン名>’ は初期化できませんでした。(仮想マシン ID ********-****-****-****-************) RAM 容量が <メモリサイズ MB> の仮想マシン <仮想マシン名> を起動するために必要なメモリがシステムに不足しています。(仮想マシン ID ********-****-****-****-************) ============… Read more