Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

リモートデスクトップの通信データ量について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの大羽です。   Windows 7 や Windows Vista といったクライアント コンピュータから、 Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 といったサーバー OS まで 幅広くご利用いただいているリモートデスクトップ サービスですが、 実際の通信データ量がどのくらい発生するのか気になったことはないでしょうか。   ターミナルサーバーに対して、複数のシン クライアントからアクセスするような 運用方法を検討している場合、1 クライアント セッションでどれくらいの 通信帯域が使用されるのかが分からなければ、ネットワーク周りのインフラ設計を 行うことは困難かと思います。   リモートデスクトップの通信では、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) と いうプロトコルが使用されており、キーボード、マウスという入力情報や デスクトップ画面の情報を通信データとしてやり取りします。   文書番号: 186607 リモートデスクトップ プロトコル (RDP) の解説 http://support.microsoft.com/kb/186607/ja   デスクトップの画面情報を通信データとしてやり取りするとなりますと、 かなり大きなデータが送信されるのではないか、と考えてしまいますが、 画面情報としては差分データのみを転送しており、かつ圧縮を施しているため、 データ量が意外と小さくなっています。   では、具体的にどのくらいの通信量なのか?  … Read more