Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

2010 年 2 月末頃から、ターミナル ライセンス サーバーにて ID 17 の証明書破損のイベントが記録される。

※ NEW! 2010/6/21 追記:  本現象についての修正プログラムがリリースされました。 Windows Server 2003 SP2、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 では TS ライセンス サーバーまたは RD ライセンス サーバーのシステム ログにイベント ID 17 が記録される http://support.microsoft.com/kb/983385/ja 注意事項は以下となります。 1.        適用にあたっては、ライセンス サーバーの再起動が必要です。このため、再起動の間は新規クライアントからはターミナル サーバーへの接続が行えない状況となります。(既に接続済みのクライアントへの切断などはございません。) 従いまして、ユーザー様のアクセスが無い時間帯等に適用をスケジュールいただきますようお願いします。   2.        当該修正プログラム適用によって、自動的に証明書の期限を更新する動作となるわけではありません。ライセンスサーバーが証明書の異常を検知した場合、ライセンス サーバーの画面上でエラー: c0010020 のポップアップ メッセージが出てしまい、管理操作ができない状況が発生することがありますが、当該修正プログラムにより、本ブログにもご紹介しておりましたレジストリを自動で編集して回避し、操作可能な状態に修復します。   しかしながら、証明書自体は期限が切れているままですので、引き続き手動にて再アクティブ化行う必要があります。(自動接続での再アクティブ化であれば、再アクティブ化はものの数秒で完了します。)   Ø  KB 983385 より抜粋: この修正プログラムをインストールした後、イベント ID 46 を持つ警告イベントがイベント ログに記録されます。このイベントでは、管理者が TS ライセンスサーバーまたは RD ライセンス… Read more