Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

エクスプローラーで全ファイルを選択したときのファイル合計サイズとディスクのプロパティの使用領域との差異は何故おきるのか?

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。本日はよくお問い合わせをいただく、エクスプローラーで確認した時のファイルサイズの合計とディスクのプロパティの使用領域に差異が発生する現象についてご紹介します。 <差異が発生する主な原因について>差異が発生する原因は様々ですが、ファイル システムが正常である場合、常に正しいサイズを表示しているのはディスクのプロパティの使用領域です。一般的にエクスプローラーで全ファイルを選択した場合のサイズは、ディスクのプロパティの使用領域よりも少なくなります。これは、エクスプローラーの既定では隠し属性やシステム属性のフォルダ、ファイルは表示されないため、全選択を実施しても実際には選択されないために差異が発生します。この問題はエクスプローラーの表示オプションを変更することで回避可能です。 また、サイズを確認したユーザーのアクセス許可がないフォルダ、ファイルが存在していると、これらフォルダ、ファイルはエクスプローラーからサイズが取得できないため、この場合にも差異が発生します。一般的に多く報告されているのは、以下の 3 つのフォルダです。 1. ごみ箱2. WER (Windows Error Reporting) の保存先フォルダ3. System Volume Information フォルダ (Volume ShadowCopy Service で作成されるシャドウ コピーが保存されます。) 他のユーザーのごみ箱には、アクセス許可がないため、サイズを取得することができません。WER の保存先フォルダは、設定によって変更可能ですが、保存先のフォルダにアクセス許可がない場合には、サイズを取得することができません。System Volume Information フォルダは、一般ユーザーにはアクセス許可がないため、サイズを取得することができません。 <対処策について>隠し属性やシステム属性のフォルダ、ファイルの対処方法は、エクスプローラーの以下の表示オプションを変更することで回避可能です。 ————–[ファイルとフォルダーの表示] –  [隠しファイル、隠しフォルダ―、および隠しドライブを表示する] or [すべてのファイルとフォルダを表示する] を選択。[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] のチェックを外す。————– アクセス許可がないフォルダのうちごみ箱と WER 関しては、[ディスクのクリーンアップ] 機能でサイズの確認と削除が可能です。なお、[ディスクのクリーンアップ] 機能はクライアントには標準でインストールされていますが、サーバー OS の場合は、Windows Server 2008 以降は [デスクトップ エクスペリエンス] の機能を追加する必要があります。※ 機能の追加手順は後述します。 System Volume Information… Read more