Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

DPM 2007 Service Pack 1 インストール時に残る一時ファイル

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの石井です。   今回は、バックアップ製品である DPM 2007 Service Pack 1 インストール時に残る一時ファイルについてご説明します。   インストール処理終了後は削除可能 DPM 2007 SP1 と SP1 の保護エージェントのインストール後に、DPM サーバーや保護対象に多数の一時ファイルが残ります。     以下のファイルがそれにあたりますが、これらは削除いただいても差し支えありません。 これらのファイルは、SP1 適用や保護エージェントのアップデート時に、最も空き容量の多いボリュームに残ります。   eula.1028.txt eula.1031.txt eula.1033.txt eula.1036.txt eula.1040.txt eula.1041.txt eula.1042.txt eula.2052.txt eula.3082.txt globdata.ini install.exe install.ini install.res.1028.dll install.res.1031.dll install.res.1033.dll install.res.1036.dll install.res.1040.dll install.res.1041.dll install.res.1042.dll install.res.2052.dll install.res.3082.dll VC_RED.cab VC_RED.MSI vcredist.bmp   そもそも何のファイルか 上記ファイルは、当該一時ファイルを残す動作は SP1 や… Read more