Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ワークグループ環境でのWindows 10 のシステム イメージ回復を行う際にエラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生する場合の対処方法について

こんにちは。 Windows プラットフォームサポートの福田です。 今回はワークグループ環境での Windows 10 のシステム イメージ回復を行う際にエラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生する場合の対処方法についてご紹介いたします。 皆さん、普段利用している PC に障害が起こった場合などに備えて Windows 10 のシステム イメージをバックアップされているかと思います。 また、バックアップ先として、バックアップを取得した PC とは別の PC の共有フォルダー や NAS などのファイルサーバーにバックアップを保管している場合は、回復を行う際に注意が必要となります。 =========================== 具体的な現象 =========================== ワークグループ環境での Windows 10 のシステム イメージ回復を行う際に、ネットワーク資格情報にユーザー名だけを入力し、接続しようとするとエラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生します。 =========================== システム イメージ回復の手順について =========================== まず、システム イメージの回復を行う際には、保存先の PC もしくはファイルサーバーに接続し、ネットワーク上のシステム イメージの場所を指定します。 次に、バックアップを保管している PC に接続できるとネットワーク資格情報の入力が求められます。 ここから注意が必要になります。 Windows 10 より以前の OS ではバックアップ先に接続できるユーザ名のみを入力すればよかったのですが、Windows 10 ではログオンセッションが存在しない、エラー ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION (0x80070520) が発生します。… Read more

Windows Server バックアップにおける容量と世代管理について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。 今回は Windows Server バックアップにおける容量と世代管理についてご紹介します。   Windows Server バックアップは OS 標準で搭載されている機能です。 GUI とコマンド (Wbadmin.exe) によるバックアップ・リストアができます。 バックアップ データの保存形式として仮想ディスク (VHD または VHDX 形式) を使用し、VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) の機能を用いて複数世代のバックアップを保持できます。 バックアップ データの格納先として、[バックアップ専用のハードディスクにバックアップする]、[ボリュームにバックアップする] と [共有ネットワーク フォルダーにバックアップする] を指定できますが、格納先の種類により保持可能なバックアップの世代数が異なります。 バックアップ格納先での容量の圧迫を避けるために、バックアップの容量・世代数を制限したいとのお問い合わせをいただくことがあります。 本ブログでは、この世代数の管理の違いについてご案内いたします。     ============================= 保持可能なバックアップの世代数について ============================= それぞれのバックアップ格納先における世代管理について纏めると、以下の表のようになります。 バックアップ格納先 世代 世代数の変更 バックアップ格納先の容量が圧迫した場合の動作 [バックアップ専用のハードディスクにバックアップする] 最大 512 世代保存 変更不可 シャドウ コピーを保存する容量が足りないと最も古い世代から自動的に削除 (※)… Read more

MinDiffAreaFileSize レジストリ に関しての更新プログラムが公開されました。

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの城野です。 ボリューム シャドウコピー サービスに関しまして重要な更新が二つ公開されましたので以下にご説明いたします。 Windows Server 2012 R2 環境で、MinDiffAreaFileSize レジストリ の設定が正常に動作しない問題、 および MinDiffAreaFileSize レジストリの最大設定値の変更について、以下二つの更新プログラムが公開されました。 文書番号: 3140250 MinDiffAreaFileSize doesn’t work on Windows Server 2012 R2 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3140250 文書番号: 3145384 MinDiffAreaFileSize registry value limit is increased from 3 GB to 50 GB in Windows 8.1 or Windows Server 2012 R2 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3145384 – 詳細 Windows Server 2012… Read more

Microsoft Azure バックアップにおいてバックアップ スケジュールを無効化できない

こんにちは。日本マイクロソフトの江田です。 今回は、Microsoft Azure バックアップにおいて、バックアップ スケジュールを無効化することができない現象についてお伝えさせていただきます。 例えばバックアップ対象のうちいくつかのバックアップ対象が削除され、バックアップ対象をリストアするまでスケジュールを無効化した際、以下の画面となり無効化することができません。 本現象は、スケジュールを無効化する際にバックアップのスケジュールに指定しているバックアップ対象が実際に存在しているかのチェックが行われ、指定されているバックアップ対象全てが存在していない場合に出力されるエラーとなります。そのため対応策としては、以下の 2  つの内いずれかとなります。 1. スケジュールより実際に存在しないバックアップ対象を除外 (削除) した上で、改めてスケジュールを無効化する2. スケジュールに指定されたバックアップ対象を実際に作成した上で、改めてスケジュールを無効化する 本問題については、現状想定された動作となっておます。なお、バックアップのスケジュールに実際に存在しないバックアップ対象が指定されている場合でもスケジュールの無効化できるように変更可能であるかついて現在開発部門も含め協議しております。Update がございましたら、本 Blog にてお伝えさせていただきます。… Read more

Azure バックアップでの "* (ワイルドカード)" を使用したバックアップ データ検索について

こんにちは、Windows Platform サポートの永岡です。 最近、Azure バックアップを使用した環境において、フォルダおよびファイル単位でリストアを実施する際にフォルダやファイル検索で "* (ワイルドカード)" は複数使用できるのか・・?というお問い合わせをいただきました。 今回はこの Azure バックアップを使用したリストア時におけるバックアップ データの検索についてご紹介します。 結論としては 2015 年 10 月 26 日現在 (Azure Recovery Service Agent 2.0.8724.0) において、"* (ワイルドカード)" は 1 つのみ使用可能となっております。 しかし 2 つ以上 "* (ワイルドカード)" を使用した際に出力されるエラー メッセージが、誤解をまねく表記 (後述) となっておりますので、各手順毎の画面キャプチャを用いながら、Azure バックアップでサポートされている "* (ワイルドカード)" の使用方法についてご案内します。 =================今回のシナリオ================ここでは以下構成の "c:\Backup Test" のデータが Azure バックアップによりバックアップされている事を前提として、リストア時に使用できる "* (ワイルドカード)" の使用方法についてご説明します。 c:\Backup Test  |  |—Test_Azure_2015.txt … Read more

Windows Server バックアップ実行時に記録される、ソース: disk、ID: 157 の警告について

こんにちは。Windows High Availability サポート チームの吉井です。   今日は、Windows Server 2012 R2 でWindows Server バックアップを実行した時に記録される、以下の 「ソース: disk、ID: 157」 の警告について説明したいと思います。   ————————————- ソース:           disk イベント ID:       157 レベル:           警告 説明: ディスク X が突然取り外されました。 ————————————-   ソース: disk、ID: 157 のイベントについて Windows Server 2012 R2 では、ディスクの取り外しが行われた場合に、ソース: disk、ID: 157 の警告イベントを記録する機能が追加されています。運用中のシステムでディスクが取り外される状況 (取り外されたと認識される状況) は、一般的にディスク接続周りに何らかの問題が生じていることが多い状況ですので、このことを検知できるように Windows Server 2012 R2 で実装されました。   参考情報: Event ID… Read more

vssadmin コマンドでシャドウ コピーが削除できない場合の対処方法について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの石田です。   最近、ローカル ドライブに保存されているシャドウ コピーのデータを削除したいが行えないというお問い合わせをいただきました。実は、シャドウコピーにはいくつかの種類があり、特定のシャドウ コピーに対しては特定のツールを使わないと削除できない場合があります。いただいたお問い合わせの現象や背景を踏まえて解説します。   現象 ========== Windows Server 2008 や Windows Server 2008 R2 にて、ローカル ドライブにバックアップデータを保管している。 共有フォルダへのバックアップとは異なり、複数のバージョンのバックアップ データが保管されていることを確認した。空き領域の確保のため古いシャドウ コピーを vssadmin delete shadows コマンドで削除しようとしたが、バックアップにより作成されたシャドウ コピーは削除されなかった。 まずはじめに、シャドウ コピーの種類と vssadmin delete shadows コマンドにてシャドウ コピーが削除されなかった理由について説明します。   シャドウ コピーの種類について ================================= vssadmin list shadows コマンドにて確認できるシャドウ コピーには大きく分けて以下の 2 つの種類があります。   a. 共有フォルダーのシャドウ コピー機能の利用により作成されるシャドウ コピー b. アプリケーションなどからの要求で作成されるシャドウ コピー… Read more

保存先としてリモートの共有フォルダを指定したバックアップについて

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの松岡です。 今回は、最近いただいたお問い合わせについてご紹介します。 Windows Server バックアップのバックアップ ウィザードを使用してバックアップを構成する際、バックアップの保存場所として、リモートの共有フォルダを指定すると以下のポップアップが表示されます。 単発バックアップの場合——————— スケジュール バックアップの場合——————————- 保存先としてリモートの共有フォルダを指定したスケジュール バックアップについて——————————————————————————–保存先としてリモートの共有フォルダを指定した自動バックアップを構成するには Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーであり、共有フォルダへ書き込みアクセス許可を持っているユーザーアカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。 保存先としてリモートの共有フォルダを指定した単発バックアップについて———————————————————————保存先としてリモートの共有フォルダを指定した手動バックアップを構成する場合には共有フォルダへの書き込みアクセス許可を持っているユーザー アカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。 手動バックアップを実行する際は、バックアップ ジョブはログオンしているユーザー権限で実行され、ウィザード中に入力したユーザー アカウントで共有フォルダに書き込みを行います。 これに対して、自動バックアップを実行する際は、バックアップ ジョブの実行及び、共有フォルダへの書き込みが、ウィザード中に入力したユーザー アカウントで行われます。そのため、上記の差異が発生します。 ドメイン環境とワークグループ環境について——————————————-ドメイン環境でスケジュール バックアップを作成する場合、上述の認証画面で指定したAdministrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーに共有フォルダへの書き込みアクセス許可を与えれば良いのですが、ワークグループ環境で使用されている場合、ユーザーアカウントの管理はシステム毎になりますので、以下のいずれかの対応が必要になります。 a. Administrator アカウントを使用する場合、バックアップを実行するサーバーと、共有フォルダをホストしているサーバーの Administrator のパスワードを同じにする。 b. バックアップ用のアカウントを双方のサーバーに作成し、バックアップを実行するサーバーの Administrators か Backup Operators に追加し、共有フォルダをホストしているサーバーで、共有フォルダへの書き込みアクセスを許可する。 c. Wbadmin コマンドを実行するスクリプトを作成しタスク スケジューラに登録する。タスクの実行を Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーで行い、共有フォルダへの書き込みアクセス許可を持つユーザーを Wbadmin… Read more

Microsoft-Windows-Backup、ID: 521、エラー コード 2155348001 のイベントについて

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの吉井と三宅です。 今日は、OS の標準バックアップ機能である Windows Server バックアップで発生するエラーについて、対応方法をご紹介しようと思います。 Windows Server 2008 R2 にて バックアップを施行した際、Application のイベント ログに以下のようなイベントが記録されることがあります。 ——————————- ログの名前: アプリケーション ソース: Microsoft-Windows-Backup 日付: 2012/XX/XX X:XX:XX イベント ID: 521 タスクのカテゴリ: なし レベル: エラー キーワード: ユーザー: SYSTEM コンピューター: XXXXXXX 説明: バックアップ対象のボリュームのシャドウ コピーを作成するボリューム シャドウ コピー サービスの操作が、次のエラー コード ‘2155348001’ により失敗したため、’‎2012‎-‎XX‎-‎XX T XX: XX: XX.XXX000000Z’ に開始したバックアップ操作は失敗しました。イベントの詳細で解決策を確認し、問題の解決後にバックアップ操作を再実行してください。 ——————————- このイベントは、SPP (Shared Protection… Read more

Data Protection Manager 2007 DPM データベースの バックアップとリストア

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。   今日は、DPM 2007 をご利用いただいている皆様へ、DPM データ ベースのバックアップ/リストアについてご紹介したいと思います。   DPM データベース とは   まずは DPM データベース (DPMDB) についてご説明します。   DPM データベース (DPMDB.mdf:DPM データベースのファイル名です。) とは、DPM の設定および構成に関する情報を格納する SQL Server のデータベースです。DPM データベースには、保護対象の情報や、保護グループの設定、取得済みの回復ポイント、ジョブの失敗や成功の情報、DPM の全ての内部情報が格納されています。   DPM データベース取得の目的   DPM サーバーに何らかの障害が発生した結果、DPMDB に何らかの異常が発生し、破損したり消えてしまった場合、DPM の情報は何もかも失われてしまいます。DPM の記憶域プールのディスクが無事な場合も、DPMDB が無ければ使い物になりません。 先に記載しましたとおり、DPMDB が残っている場合、記憶域プールにある情報が使用できますが、記憶域プールの内容から DPM DB を作成するといったことはできないため DPMDB をバックアップしておくことを推奨しています。   つまり、DPMDB のバックアップは DPM サーバー自体のディザスタリカバリの一つとして不可欠な情報なのです。 もちろん、保護対象からバックアップしたデータ (レプリカ) は… Read more