Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2012 R2 の "保護されているネットワーク" について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。今回は、Windows Server 2012 R2 の Hyper-V における新機能の一つである "保護されているネットワーク" についてご紹介いたします。 この “保護されているネットワーク” を設定することで、仮想マシンの仮想ネットワーク アダプターで切断が検知された場合、その仮想マシンは自動的に別の Hyper-V ホストに移動します (※この機能は、Hyper-V クラスタリングを構成している場合に機能します)。 "保護されているネットワーク" は Hyper-V の仮想マシンの設定ウインドウにて、対象の [ネットワーク アダプター] の[高度な機能]を展開して設定することができ、既定では有効化されています。そのため、Windows Server 2012 R2 において、仮想マシンに追加されたネットワーク アダプターは、いずれも保護されているネットワーク アダプターとして自動的に構成されます。   “保護されているネットワーク” の設定がされた仮想マシンにおいて、仮想ネットワーク アダプターと紐づいている仮想スイッチの物理 NIC に切断が検知された場合、その仮想マシンのライブ マイグレーションが行われます。この動作が実行される前には、移動先の Hyper-V ホストの仮想スイッチが正常にネットワークに接続されていることを確認します (※移動先のHyper-V ホストのスイッチでネットワーク障害を検知して、仮想マシンのライブ マイグレーションが何度も行われることを避けるためです)。 “保護されているネットワーク” が設定されていない場合、仮想ネットワーク アダプターと紐づいている仮想スイッチの物理 NIC に障害が発生しても、仮想ネットワーク上では障害の発生を検知できないため、仮想マシンのセッションの維持に影響を及ぼします。 従いまして、この "保護されているネットワーク" の機能を有効にすることで、ライブ マイグレーションにより仮想マシンのセッション状態を維持できるため、ダウンタイムが生じなくなり、より高いレベルでネットワークの可用性を維持することができます。   <参考情報>… Read more

ゲスト クラスターの構築がタイムアウトで失敗する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。   最近、Windows Server 2012 の Hyper-V クラスター上の仮想マシンを利用したゲスト クラスターの構築時、またはノードの追加時にタイムアウトで失敗するというお問い合わせをいただくことがございます。 この問題は、クラスターの作成、または、ノードの追加の際に、ノード間通信のパケットがドロップしてしまい、相手ノードに届かないために発生します。 なお、ゲスト クラスターの対向ノードが同じホスト クラスターのノード上にいる場合には、発生しません。そのため、同じホスト クラスターのノード上でゲスト クラスターを構築を完了後、一部のゲスト クラスターのノードを他のノードへ移動させるとノード間通信が失敗します。 Ping テストなどによるホスト間の物理ネットワークの疎通確認で問題が無い場合、Hyper-Vホストの物理 NIC にバインドされた、以下の項目を無効にすることで回避できる可能性があります。   Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter Performance Filter     上記項目は、CSV のリダイレクト アクセスのパフォーマンスを向上させるためのコンポーネントです。 この問題は、上記コンポーネントが、ゲスト クラスター間の通信をドロップしてしまい、相手ノードに届かない事例が報告されております。 必須の機能では無いため、Hyper-V クラスター上のゲスト クラスターを構築する際には、無効化することをお勧めします。   – 参考 ———- Use Cluster Shared Volumes in a Windows Server 2012 Failover Cluster… Read more