Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2016 で記憶域階層を用いた仮想ディスクを作成する際の注意点

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの堀合です。 今回は Windows Server 2016 で記憶域スペースの機能を利用して記憶域階層を用いた 仮想ディスクを作成する際の注意点についてご紹介します。 なお、記憶域スペースの機能で記憶域プールから仮想ディスクを作成した後、仮想ディスクの 拡張が実行できないことがございます。これは想定された動作ですが、本件では触れていないため 詳細は以下の Blog をご参照ください。 記憶域スペースの NumberOfColumns と仮想ディスクの拡張について https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2017/06/22/numberofcolumns-of-storagespace/ ■ 記憶域階層について Window Server 2012 R2 より記憶域スペースでは記憶域プールにSSDとHDDの両方が 存在している場合、2つの記憶域の階層から構成される仮想ディスクの作成が可能となりました。 ・SSD階層は頻繁にアクセスされるデータ用 ・HDD階層はアクセスする頻度が少ないデータ用 記憶域スペースはデータのアクセス頻度に基づき、データを1MB単位のサブファイル(ブロック)レベルで 2つの階層の間で移動させます。記憶域階層は頻繁にアクセスされるデータを SSD に、アクセスする頻度が 少ないデータは HDD に移動させることで、パフォーマンスがすぐれた仮想ディスクを作成することができます。   ■ Windows Server 2016 における仮想ディスク(階層化)作成の注意点 記憶域プールから仮想ディスク(階層設定)を作成する際に、仮想ディスクに割り当てる容量を 設定しますが、Windows Server 2016 では “最大サイズ” を選択すると作成実行後、以下のエラーが発生します。     これは、Windows Server 2016 に追加された新機能「記憶域スペースダイレクト」の multi-resiliency… Read more

CPU 使用率を確認するパフォーマンス カウンターについて

みなさま、こんにちは。Windows  プラットフォーム サポートの横瀬です。 最近、パフォーマンス モニター (Perfmon) での CPU 使用率に関するカウンターのお問い合わせで、 類似した内容をお受けするケースがありましたため、以下 2 つのトピックについて、ご紹介いたします。 こちらの情報がご利用者様のお役に立てれば幸いです。 – 長い期間、再起動を行っていないシステムで CPU 使用率が不正な値を示す場合がある。 – パフォーマンス カウンターの Processor と、Processor Information について ①  CPU 使用率が不正な値を示す場合がある。 CPU 使用率を確認するパフォーマンス カウンターには、 – Processor Time (システム全体の CPU 使用率) – Privileged Time (カーネルの CPU 使用率) – User Time (アプリケーションの CPU 使用率) – Interupt Time (ハードウェア割り込みでの CPU 使用率) – DPC… Read more

Windows Server バックアップ の ReFS のサポートに関して

※ 本記事は WIndows: Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016 が対象です。 こんにちは、WIndows プラットフォームサポートの加藤です。 Windows Server バックアップは、従来は NTFS ファイル システムのみサポートの対象でしたが、Windows Server 2012 以降の OS では、新しく導入されたファイル システムである、ReFS もサポートしています。 そのため、下記 (Windows Server 2008 R2 に公開されました) の公開情報で言及されている内容は基本的には ReFS についても同様に適用されています。 Windows Server バックアップ ただし、例外として下記のページで紹介しております、“バックアップ パフォーマンスの最適化” (増分バックアップ) のオプションはサポートされていません。 本記事ではこの内容の情報公開と、併せて “ReFSのサポートされているバックアップ方法” をご案内いたします。 バックアップおよびサーバーのパフォーマンスを最適化する (増分バックアップ)   ■ 完全バックアップは ReFS でもサポートされています 完全バックアップは、バックアップ対象ボリュームの全てのデータをバックアップ格納先に転送するバックアップ方法です。デフォルトの設定では基本的に… Read more

Robocopy のエラー (戻り値) について

皆さん、こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 robocopy コマンドでファイル コピーを実行した際、エラーが発生した際に戻り値が記録されますが、今回は戻り値の結果の詳細についてご紹介します。 まず、robocopy コマンドでは以下のベースとなる戻り値があります。 戻り値 0: コピーする必要がないため、何も実施しなかった 戻り値 1: ファイルのコピーが成功した (フォルダーのコピーは含まれません) 戻り値 2: 余分なフォルダー、ファイルが確認された (コピー元にはなく、コピー先だけにある) 戻り値 4: 同じ名前で別の種類のファイルが存在した (コピー元はフォルダーで、コピー先はファイル、またはその逆) 戻り値 8: コピーに失敗した (リトライした結果を含みます、また /L では実際にコピー処理を行わないため、実質 8 以上の戻り値は出力されません) このそれぞれの戻り値は LOG オプションでカウントされる場所は以下となります。 0 と判定されたファイル、フォルダーはログ中の “スキップ” にカウントされます。 1 と判定されたファイル、フォルダーはログ中の “コピー済み” にカウントされます。 2 と判定されたファイル、フォルダーはログ中の “Extras” にカウントされます。 4 と判定されたファイル、フォルダーはログ中の “不一致” にカウントされます。 8 と判定されたファイル、フォルダーはログ中の “失敗” にカウントされます。 しかし、robocopy… Read more

クラスターの検証を実行した際に、Hyper-V 統合サービスのバージョン検証で警告が発生する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートです。 Windows Server 2016 Hyper-V クラスター環境でクラスターの検証を実行した際に、Hyper-V 統合サービスのバージョン検証で以下の警告が発生することがあります。 —————————————– Hyper-V 統合サービスのバージョンの検証 結果 : 警告 警告 : 次の仮想マシンはホスト コンピューターと一致しない統合サービスを実行しています。この仮想マシンまたはホスト コンピューターの統合サービスを更新して、同じバージョンにする必要があります。 —————————————– [原因] Windows Server 2012 R2 Hyper-V 以前の環境は、ゲスト OS の統合サービスとホスト OS の統合サービスのバージョンと一致させることを推奨しております。 (ホスト OS の統合サービスバージョンが更新された場合に、ゲスト OS の統合サービスバージョンを更新させることを推奨しております) そのため、Hyper-V クラスター環境では、クラスターの “クラスターの検証” にて仮想マシンの統合サービスのバージョンを検証しており、 ホスト OS とゲスト OS の統合サービスのバージョンが一致しているかを確認しております。 しかしながら、Windows Server 2016 Hyper-V 環境では、Windows Server 2012 R2 Hyper-V… Read more

2018 年 1 月更新プログラムを適用後、ライブマイグレーションが失敗する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートです。 2018 年 1 月更新プログラム適用の Hyper-V ホストから 未適用の Hyper-V ホストに対して仮想マシンのライブマイグレーションを実行するとイベントログに Hyper-V-VMMS ID:24004 が記録され、失敗する場合があります。 ————————————— ログの名前: Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS/Admin ソース: Hyper-V-VMMS 日付: XXXX/XX/XX XX:XX:XX イベント ID: 24004 タスクのカテゴリ: なし レベル: エラー キーワード: N/A ユーザー: SYSTEM コンピューター: XXXXXXXX 説明: 仮想マシン ‘XXXX’ は、物理コンピューター ‘XXXX’ でサポートされていないプロセッサー固有の機能を使用しています。 異なるプロセッサーを持つ物理コンピューターにこの仮想マシンを移行できるようにするには、仮想マシン設定を変更して、 仮想マシンで使用されるプロセッサー機能を制限します。(仮想マシン ID XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX) ————————————— ※ 未適用の Hyper-V ホストから適用した Hyper-V ホストへのライブマイグレーションは成功します。 ※ 本事象は以下の更新プログラム適用で発生する場合がございます。… Read more

WSFC 環境の NFS サーバーに対して 40 台以上のクライアントがロックを解放しないままフェールオーバーすると STOP エラー 0x9e が発生することがある

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートです。 本稿では、WSFC 環境の NFS サーバーで特定の条件下においてフェールオーバーした場合、STOP エラー 0x9e が発生する現象について確認しております。 [現象] Windows (Storage) Server 2012/Windows (Storage) Server 2012 R2/Windows (Storage) Server 2016 の Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) 環境で、NFS サーバーに対して、40 台以上の NFS クライアントからロックを保持し、正しくロックを解放しないまま疎通が取れなくなった状態で、NFS サーバーのフェイルオーバーを連続して 2 回実施した場合、STOP エラー 0x9e (USER_MODE_HEALTH_MONITOR) が発生する可能性があります。   [原因] この現象は以下のシナリオで発生します。 1. NFS クライアントからクラスター ノード A 上の NFS サーバーにアクセスし、ファイルをロックします。 その後ファイルのロックを解放しないままネットワークから切断します。このような端末が 40 台存在すると想定します。 2…. Read more

Windows Server 2016 のシャットダウン時に STOP 0x9F エラーが発生する現象について

こんにちは、日本マイクロソフト Windows サポートチームです。 今回は Windows Server 2016 にて確認された、シャットダウン時のハングや STOP 0x9F エラーについて、その現象と回避方法を説明させていただきます。     現象 Windows Server 2016 をシャットダウン(または再起動)する際、コンソール画面に「シャットダウンしています」(または「再起動しています」)が表示された状態のまま先に進まず、10 分間経過後に STOP 0x9F エラーが発生するか、或いは、いつまで待ってもシャットダウン(または再起動)が完了しない場合があります。   原因 ページングファイルが C ドライブ(Windows フォルダーが存在するドライブ)以外のドライブに配置されている場合、C ドライブのディスクデバイスは他のデバイスよりも優先して電源状態を落としても構わないことを示すフラグがセットされます。 シャットダウン処理の過程で各デバイスの電源状態を落とすために電源 IRP が発行されますが、呼び出されたドライバーのコード領域がメモリ上に存在しない場合、ドライバーのコードをメモリに読み出す為の Read 要求をディスクに発行します。しかし、前述のフラグが C ドライブのディスクにセットされているため、既にディスクのデバイスは電源状態が落された状態で Read 要求が処理されない場合があります。この為、電源 IRP が発行されてから 10 分の間に処理が完了しないことをシステムが検知して STOP 0x9F を発生させます。 なお、STOP 0x9F エラーはここで説明した原因以外で発生する場合もあります。   回避方法 C ドライブにページングファイルを配置します。 本現象を回避する観点からは、ページングファイルのサイズには依存しない問題であるため、C ドライブに作成するページングファイルのサイズは小さくても問題ありません。作成できるページファイルのサイズは 16MB… Read more

LPRemove タスクの動作について

こんにちは。 Windows サポートの丸山です。 現在弊社にて提供しております多くの Windows 製品では、多言語対応となっており、あらかじめ言語パックが追加されたイメージを展開いたしますと、セットアップ時に表示言語を選択できるようになっております。 ※ Windows Server 2016 製品のセットアップ時における、言語選択画面の例 またいっぽうで、使用していない言語パックを削除する LPRemove タスクが登録されており、コンピューターの起動時や、メンテナンスのタイミングにて、言語パックのクリーンアップを行っております。 LPRemove タスクは、バックグラウンドで実行されておりますが、すべての言語パックが削除される前にコンピューターの再起動を行いますと、削除されなかった言語パックが残されたままとなる動作が確認されております。 不要な言語がインストールされている場合には、手動で言語パックの削除を実施してください。 ※言語パックの削除ツールは、”lpksetup /u” コマンドで起動できます。 多言語環境の構築を検討いただくにあたり、本ブログ記事の情報がお役に立てますと幸いです。… Read more