Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

システムドライブ (C:) 以外 や ページングファイル が非設定ドライブに、サードパーティー製 の Windows サービス の実行ファイルやDLLが存在する場合に、アプリケーションエラーが発生するシナリオについて

Windowsプラットフォームサポートの平井です。 本記事では次の条件がすべて当てはまった場合に、サードパーティー製のWindowsサービスがc0000005(STATUS_ACCESS_VIOLATION)やc0000006(STATUS_IN_PAGE_ERROR)のアプリケーションエラーで異常終了するシナリオについて解説します。尚、この事象はPCのシャットダウン後の次回起動時に発生します。 条件は次の通りです。 条件1:高速スタートアップが有効な場合 条件2:対象のサードパーティー製Windowsサービスの実行ファイルやDLLがデータボリューム(C:以外)に存在する場合 条件3:対象のボリュームにページングファイルが非設定である場合 条件4:対象のドライブにBitLockerの構成がデバイス暗号がオン、保護状態がオフの状態の場合 本事象が発生する理由は次の通りです。 高速スタートアップが有効の場合にPCをシャットダウンした場合、Windowsサービスのプロセスはメモリ上に残った状態で休止状態となります。 この際、BitLockerの構成がデバイス暗号がオン・保護状態がオフの状態である場合、次回起動時にデータボリュームのデータを暗号化するためのキーを初期化する処理が発生し、BitLockerの仕様上ボリュームのディスマウントが必要となります。 ボリュームのディスマウントが発生した結果、メモリ上にマッピングされたWindowsサービスのプロセスの実行ファイルやDLLの情報に不整合が発生し、c0000005(STATUS_ACCESS_VIOLATION)やc0000006(STATUS_IN_PAGE_ERROR)等のアプリケーションエラーで異常終了する状況が発生します。 もし、上述の条件がすべて合致する環境にて、同様の問題を検出された場合、次の対応が必要となります。 対応1:サードパーティー製Windowsサービスの実行ファイルやDLLをシステムドライブ(C:)配下にインストールする Windowsでは既定で、ページングファイルはシステムドライブ配下に保持されます。Windowsはページングファイルが存在するボリュームに対してディスマウントは発行しないため、本事象は発生しません。 対応2:高速スタートアップを無効化する 高速スタートアップが無効の場合にPCをシャットダウンした場合、Windowsサービスのプロセスは完全に停止し、メモリ上にプロセスに紐づく情報は残りません。 対応3:BitLockerをデバイス暗号化/保護状態が共にオンに構成する BitLockerの設定がデバイス暗号化/保護状態が共にオンの場合、データボリュームの暗号化キーを初期化する処理が発生いたしません。このため、ボリュームのディスマウント処理が発生しないため、本事象は発生いたしません。 対応4:ページングファイルをデーターボリュームにも配置する Windowsはページングが有効になったボリュームに対してディスマウント処理を発行しないため、、本事象は発生いたしません。 1.コントロールパネル\システムとセキュリティ\システムから、[システムの詳細設定]を開きます。 2.[システムのプロパティ]>[詳細設定]タブを開き、[パフォーマンス]セクション配下の[設定]を選択します。 3.[仮想メモリ]セクション 配下の、[変更]を選択します。 4.[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する]のチェックボックスが有効の場合は、外します。 5.D:ドライブを選択し、[システム管理サイズ]>[設定]を選択し、[OK]を選択します。 6.システムを再起動し、設定を適用します。… Read more

入力する文字や使用するフォントによって、文字幅が異なる場合がある

今回は、入力する文字や使用するフォントの差によって、文字幅が異なる場合がある事象についてご案内いたします。 同じ文字、たとえば「し」を入力した際、その文字の前後に来る文字が「しす」や「して」のように変わることによって、 「し」という文字単体で入力いただいた際と文字幅が変化する場合がございます。 このような事象の原因ですが、1 つのフォントの中に、特定の文字に対するグリフがひとつだけではなく複数含まれていることに起因します。 どのフォントでもこのようになっているわけではありませんが、これは、主に以下のような機能を実現するために用意されています。 – 読みやすさのため、横書き向けと縦書き向けにそれぞれ用意された異なる字形を選択する – 毛筆風を再現するために前後の文字ときれいにつながるような字形を選択する – 画数の多い漢字の直後にシンプルなひらがなが来る場合等、バランスを考慮して若干大きさの異なる字形を用意し選択する フォントに含まれる字形のバリエーションや字形選択のロジックに依存するため、 フォントの種類やバージョンによっても、変化する文字幅の量や変化する文字同士の組み合わせが変化いたします。 また、すべてのフォントがこのような処理を行ってはいないため、全く事象が発生しないフォントもございます。 この事象によって、テキストの行末の折り返し位置が変わったり、行末がきれいに揃わない等の差異が発生する場合がございますが、 Windows の設定等で制御することはできず、フォントまたは文字列を変更いただくことでしかご対応いただけません。 必ず文字間で同じ文字幅であることが要求される文書を作成される際には、「MS ゴシック」や「MS 明朝」など、等幅フォントをご利用ください。 Windows に付属の游ゴシック フォント ファミリーおよび游明朝 フォント ファミリーにおいても、 バージョンや種類による差異はございますが、前述の事象が発生することを検証により確認いたしました。下記表をご覧ください。 <テスト結果> ※表内の数字はフォント ファイルのバージョンとなります。       【游ゴシック】 Windows10 2016 LTSB Windows 10 version 1703 Windows 10 version 1709 Windows 10 version 1803 Windows 10 version 1809 細字… Read more

ライセンス認証が正常に完了しない場合に OEM プロダクト キーの再インストールおよびライセンス認証を行う方法

こんにちは。日本マイクロソフト Windows Deployment サポート チームです。 今回は、OEM 版の Windows 10 がプリインストールされている端末において、ライセンス認証が正常に完了しなかった場合に、プロダクト キーの再インストールおよびライセンス認証を行う方法をご案内いたします。 <環境> Windows 10 Pro <手順の流れ> A) OEM プロダクト キーの確認 B) プロダクト キーの再インストール C) ライセンス認証 D) 現在のライセンス認証の状態の確認 <手順詳細> A) OEM プロダクト キーの確認 A-1) コマンド プロンプトを管理者権限で起動します。 A-2) 以下のコマンドを実行し、OEM プロダクト キーを表示します。 wmic path SoftwareLicensingService get /value | findstr OA3x ※ コマンド末尾の “OA3x” は、”OA” のみ大文字で入力します。 A-3) 手順 A-2… Read more

スタートアップ時タスクの実行に失敗する問題について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの近藤です。 本日はタスク スケジューラにて “スタートアップ時” (システム起動時) のトリガーを登録しているタスクの実行が失敗する問題について、ご紹介いたします。 [現象] タスク スケジューラにて、”スタートアップ時” (システム起動時) のトリガーを登録しているタスクが複数 登録されている場合、それらのタスクがランダムに実行失敗する場合があります。 事象発生時には、該当のタスクが実行されず、タスク スケジューラの履歴タブにエラー イベント ID: 101 が記録されます。またその際のエラー値は ERROR_LOGON_FAILURE (2147943726) となります。(タスク スケジューラの履歴機能を有効化している場合のみ。) [発生条件] この問題は以下の 3 つの条件を全て満たす場合に発生する可能性があります。 ① OS バージョンが以下のいずれかに該当する。 Windows Server 2016 Windows Server 2012 R2 Windows 10 (Version 1803 までの全てのバージョン) Windows 8.1 ② 2017 年 9 月 以降の更新プログラムを適用している。 本問題は、Windows 10 Version 1703… Read more

OS が起動しなくなる問題 (NoBoot) 発生時の対処方法について – 概要

こんにちは、日本マイクロソフトの Windows サポートチームです。 OS のトラブルの中でも、OS が急に起動しなくなった場合は、業務への影響が大きく、多くの場合緊急での対応が必要になるため、弊社へお問い合わせを多くいただく分野となっております。 また、OS が起動しない状態(弊社では 「NoBoot (ノーブート)」 と呼びます)になってしまうと、通常起動時のトラブルシューティングは実行できずとれる手段が限られるため、短時間で適切な対処を行うことが必要になります。 この記事では、NoBoot 事象が発生した場合でも、現状を適切に把握し、復旧手段などを素早くとっていただけるよう、弊社サポートでご支援させていただいている際のポイントをまとめさせていただきました。事象へ対処の参考としてご活用いただけますと幸いです。 1 回目の今回は NoBoot の概要について、2 回目は対処方法についてご紹介させていただきます。 NoBoot とはどんな事象か PC の電源投入後、Windows OS は、以下の段階を経て起動します。 0. BIOS/UEFI (Windows OS の起動前) 1. Windows Boot Manager (Bootmgr/Bootmgr.efi) 2. Windows operating system loader (Winload.exe/winload.efi) 3. Windows NT OS Kernel (ntoskrnl.exe) NoBoot は “Windows OS が起動しなくなる問題” ではありますが、どのタイミングで問題が発生したかによって遭遇する状況が違います。問題を正確に把握するためには、どのような画面が表示されているかを確認しておく必要があります。 各起動段階で発生する NoBoot の例としては以下のようなパターンが挙げられます。(ここでは Windows… Read more

Windows 10 における Sysprep 実行時の注意点

みなさん、こんにちは。 日本マイクロソフト Windows サポート チームです。 今回は Windows 10 バージョン 1803 における Sysprep 実行ユーザーの注意事項について、ご紹介いたします。 現在、Windows 10 バージョン 1803 において展開作業を進めているお客様より CopyProfile を有効とした応答ファイルを使用して Sysprep を実行した際、Sysprep の処理が正常に完了しないとのお問い合わせを多くお寄せいただいております。 この事象は Windows 10 バージョン 1803 において、クリーン インストール時に作成したユーザーで Sysprep を実行した場合に発生するもので、実行ユーザーを Built-in Administrator にしていただくことで、回避することができます。 – 回避手順 1. OS のクリーン インストール時に作成されたユーザーで Built-in Administrator を有効化します。 2. 有効化した Built-in Administrator でログオンし、クリーン インストール時に作成したユーザー アカウントおよびユーザー プロファイルを削除します。 ※ ユーザー プロファイルの削除は、以下の手順で行って下さい。… Read more

高速スタートアップの設定が有効な場合にOS をシャットダウンすると、次回起動後に Numlock キーがオフになる

こんにちは、日本マイクロソフトの Windows サポートチームです。 今回は、Windows 10 環境で高速スタートアップが有効時に次回起動時に Numlock がオフになる事象についてご紹介いたします。 【事象】 本事象は、以下の条件が全て揃った時に次回ログイン時に Numlock キーがオフになります。 この動作は次回起動前後に Numlock キーをオンとしてもシャットダウン操作を行うと 次回次回起動後に Numlock キーがオフとなります。 - 発生条件 ・高速スタートアップが有効 ・シャットダウン 高速スタートアップが有効かどうかはイベント ログからもご確認いただけます。 —- 高速スタートアップが有効であることを確認する システム イベント ログから以下のようなイベント ID 27、ソース Kernel-Boot にて、 ブートの種類が “0x1” の場合に高速スタートアップが有効です。 ———————————————– ログの名前: System ソース: Microsoft-Windows-Kernel-Boot 日付: 2018/08/06 xx:xx:xx イベント ID: 27 タスクのカテゴリ: (33) レベル: 情報 キーワード: ユーザー: SYSTEM コンピューター: TEST-DESKTOP… Read more

Windows 10 1803 で AD DS に BitLocker の回復情報が保存できない

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの國重です。 本記事では、Windows 10 バージョン 1803 で確認されている BitLocker ドライブ暗号化機能の問題についてご紹介いたします。 更新履歴 2018/8/1 回避策に追記しました。 事象 Windows 10 バージョン 1803 で Active Directory に BitLocker の回復情報が保存できない問題が報告されております。 本問題が発生した場合、以下のエラーメッセージが表示されますが、Windows 10 バージョン 1803 の動作によって発生している問題であることが確認されており、Active Directory ドメイン サービス スキーマの構成に問題はございません。 発生条件 本問題は以下 2 つの条件を満たす場合に発生し、ドメイン アカウントの資格情報を使用して BitLocker を有効化した場合は発生しません。  1. グループ ポリシーで Active Directory に BitLocker の回復情報を保存するように構成している。(*1 確認方法)  2. ローカル アカウントの資格情報を使用して BitLocker を有効化している。 回避策… Read more

Windows 10 RS4 へのリモート デスクトップ接続時に、UWP アプリへの入力時のみキーボード配列が異なる事象について

みなさん、こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの今入です。 今回は、現在確認できている既知の問題について紹介いたします。 更新履歴 2018/6/8 本記事を公開いたしました。原因を調査中です。 2018/6/8 回避策を追記しました。 2018/6/21 事象の説明 及び 原因を追記しました。 2018/6/27 回避策を追記しました。 2018/8/27 解決方法を更新しました。 2018/9/21 修正プログラムが公開されました。 事象 日本語環境の Windows 10 RS4 (1803) へのリモート デスクトップ接続を行った際、UWP (ユニバーサル Windows プラットフォーム) アプリへの入力時に、キーボード配列が英字配列 (または 意図しない配列) になる事象が確認できております。また、IME がオフの状態の時のみ発生致します。 例えば、[Shift] + [2] キーを押した場合、Win32 アプリケーション (メモ帳など) では ” (ダブルクォーテーション) が入力されますが、UWP アプリでは @ (アットマーク) が入力されます。(下図参照) この事象は、UWP アプリに対して影響がございます。 例えば スタート メニューの検索… Read more

ZIP 内の EXE ファイルをダブルクリックすると、”展開先ファイルを作成できませんでした。” と言うエラーが表示されます。

みなさんこんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 ※ 2018/07/11 追記: 本問題の修正を含む、更新プログラムが公開されました。 2018 年 3 月以降のセキュリティ更新プログラムを適用した Windows 環境で、ZIP ファイルをエクスプローラーで開き、exe をクリックするとエラーが表示されるようになったという問題が報告されております。 本事象は、現在弊社にて調査中の事象ではございますが、回避策が確認されておりますので、ご紹介させていただきます。類似の事象が発生しました場合には、ご参考ください。 ■ 発生する事象の概要 ZIP 内の EXE ファイルをダブルクリックすると、”展開先ファイルを作成できませんでした。” と言うエラーが表示されます。 ■ 事象が発生する OS のバージョンについて 本事象は、2018 年 3 月以降のセキュリティ更新プログラムが適用された、以下の環境にて発生することが確認されております。 Windows 7 Windows 8.1 Windows 10 (すべてのバージョン) Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2 Windows Server… Read more