Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

トランスポータブル シャドウ コピーの互換性について

こんにちは、Windows テクノロジー サポートの酒井です。今回はトランスポータブル シャドウ コピーの互換性について触れさせていただきます。 トランスポータブル シャドウ コピーをご利用いただくメリットの一つとして、バックアップ対象の業務サーバーと、実際にデータをバックアップするバックアップ サーバーをそれぞれ個別に持つことが出来るという点が挙げられます。 例えば、複数の業務サーバーに対して、専用のバックアップ サーバーを一台だけ用意し、バックアップ データを集約させることなども可能です。 この機能は、業務サーバー上で生成したボリューム シャドウ コピー データをバックアップ サーバー側でインポートすることによって実現されており、業務サーバー上の VSS と、バックアップ サーバー上の VSS とが、XML 言語を用いて対話をしながら処理を進めているのですが … 現時点において、この VSS 間の XML 言語を用いた対話は、各バージョン間の互換性が保証されておりません。 これは、バージョン アップによる機能追加などをフレキシブルに行えるよう考慮された製品上のデザインですが、これにより、業務サーバーとバックアップ サーバーの VSS は基本的に同一バージョンをご利用いただく必要があります。 具体的に、次のような点にご注意ください。 業務サーバーとバックアップ サーバーの組み合わせとして、Windows Server 2003 と Windows Server 2008 を混在させることは出来ません。  VSS 関連の修正プログラムを適用する場合には、業務サーバーとバックアップ サーバーの両方に適用していただく必要があります。 (業務サーバーとバックアップ サーバーの組み合わせに同じバージョンの Windows をご利用いただいた場合でも、修正プログラムの適用によって VSS がバージョン アップされることがあります。Windows Server 2003… Read more

Hyper-V ネットワークについて理解を深める

こんにちは、Windows テクノロジー サポートの酒井です。私たちサポート部門からの新しい試み、マイクロソフトの、サポート エンジニアによる、エンジニアのための Web Cast。 5 minutes シリーズ トラブルシューティング編 の第二回目 Hyper-V ネットワークについて理解を深める を公開いたしました。 これまで多くの Hyper-V ネットワークに関するお問い合わせをいただく中で、その大部分が ローカルエリア接続のネットワークアダプタ が増加する理由 と、それらの ネットワークアダプタの目的や意味 を正しくご理解いただけていないことから生じている問題だと感じていました。 トラブルシューティングの形をとりながらも、これらの わかり難かった点を紐解いていく Web Cast にしようと心がけ、作成しました。 (※) 2013/5 追記5 minutes シリーズでは公開を終了したため、Web Cast のみこちらに再アップロードいたしました。 [View:http://blogs.technet.com/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-74-97/5074.Hyper_2D00_V_5F00_3.wmv] さっそく、「わかり易いね」とか「こんなこと知らなかったよ」とお褒めのコメントをいただいており、嬉しい限りですが、それらに紛れて「確かに若いな」「前からそう思ってた」「うーん、そうかなぁ」といったコメントも … この話題についてこれない方、ぜひ上記のリンクから Web Cast をご覧いただき、その後に私の自己紹介を読んでみてください。 Web Cast 連動型 Blog となっています (笑) さて、Web Cast 連動型だと宣言しましたので、ここでは Web Cast をご覧いただいたことを前提として、 Web Cast でご紹介しきれなかった点を補足… Read more