Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する場合の注意点

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。 今回は oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する際の注意点についてお伝えしたいと思います。 Windows AIK に付属する oscdimg.exe を使用して、ISO ファイルを作成することができます。作成される ISO ファイルは既定で CDFS が使用されますが、規格上 CDFS は 4.5 GB までのメディア サイズしか想定されていません。このため、oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成した場合、一見正常に作成されたように見えますが、実際にメディアに書き込むと、一部のファイルが破損した状態になります。 このため、oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する場合には、明示的に UDF ファイル システムを使用するように指定する必要があります。具体的には、-u1 または -u2、および必要に応じて-udfverxxx オプションを指定します。各オプションの意味は以下の通りです (詳細は oscdimg -help UDF コマンドを実行してオンライン ヘルプをご参照下さい)。 -u1: UDF ファイル… Read more

ユーザーのキー入力なしに CD/DVD から起動させる方法

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。 今回はユーザーのキー入力なしに CD/DVD から起動するする方法について紹介したいと思います。 Windows Vista 以降の OS (Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2) のインストール CD/DVD、または Windows AIK 等で作成した Windows PE 起動 CD/DVD から起動しようとする際、以下のようなメッセージが表示されます (有効なディスク パーティションが無い場合等、表示されない場合もあります)。 Press any key to boot from CD or DVD. このキー入力要求は意図しない CD/DVD からの起動を防ぐには有効ですが、場合によってはこのメッセージを出さずに CD/DVD から起動したい場合があります。 これを実現するには、CD/DVD に含まれている \boot\bootfix.bin ファイルを削除した上で、改めて ISO イメージを作成し、CD/DVD に書き込みを行います。 Windows… Read more

Sysprep 実行時にビルトイン Administrator のアカウント名を変更する方法

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。 今回は Windows Vista 以降の OS (Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2) で Sysprep を実行した際にビルトイン Administrator のアカウント名を変更する方法について紹介したいと思います。 Windows では [アカウント: Administrator アカウント名の変更] ポリシーを構成することでローカル ビルトイン Administrator のアカウント名を変更することができます。ただし、この設定は Sysprep を実行すると失われてしまい、ビルトイン Administrator のアカウント名は既定の Administrator へ戻ってしまいます。 このため、ビルトイン Administrator のアカウント名を変更した状態で運用するには、 Sysprep 実行後に再度アカウント名を変更する必要があります。今回は、これを SetupComplete.cmd を利用して自動化する方法について紹介します。 SetupComplete.cmd を利用したビルトイン Administrator アカウント名の変更 SetupComplete.cmd の利用方法そのものにつきましては、以前安達が公開させていただいた以下のポストをご参照下さい。… Read more

Sysprep 実行時にドメイン参加を自動化する方法

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。 今回は Windows Vista 以降の OS (Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2) で Sysprep を実行した際にドメインへ自動参加させるための方法について紹介したいと思います。 Windows AIK をご利用の方であれば、応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用してドメインへの参加が自動化できることをご存知かも知れません。ただし、このコンポーネントは specialize パスで処理されるため、ミニ セットアップ中 (oobeSystem パス) に入力したコンピューター名ではなく、セットアップ中に一時的に割り当てられたコンピューター名でドメインへの参加が行われてしまいます。 注: Windows Server 2008 R2 では、ミニ セットアップ中にコンピューター名を入力するように構成することはできません。このため、Windows Server 2008 R2 については応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用してドメインへ参加させても、上述の問題は発生しません。ユーザー指定の任意のコンピューター名を設定するには、セットアップ完了後にコンピューター名を変更する必要があります。 従いまして、Microsoft-Windows-Shell-Setup コンポーネントの ComputerName プロパティで明示的にコンピューター名を指定するか、または '*' を指定して自動生成されたコンピューター名を使用する場合以外、応答ファイルによるドメインへの参加は期待通り動作しません。言い換えますと、ミニ セットアップ中に入力したコンピューター名が反映された形でドメイン参加を行う場合、応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用することはできません。… Read more

お知らせ

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。いつも Ask CORE blog をご覧いただきありがとうございます。 当 blog へのリンクやトラックバックは、原則として自由です。特に許可等は取っていただく必要はありません。コメントも大歓迎です! リンク ポリシーについて質問をいただく機会がありましたので、この場を借りてお知らせさせていただきました。 皆様からいただいたフィードバックはエンジニア全員で共有させていただき、励みにさせていただいております。もし何かお気づきの点やご要望がございましたら、ご遠慮なくお寄せ下さい! ただし…たくさんのフィードバックをいただいているため、必ずしも個別にお返事できず、このような形で返信の代わりとさせていただく場合があります。大変失礼かとは思いますが、ご理解いただければ幸いです。 また、メール等でご質問をいただく場合もありますが、こちらも個別のお返事はご遠慮させていただいております。申し訳ございませんが、何かご質問がある場合は是非弊社サポート サービスのご利用をご検討下さい。我々サポート チームが全力で対応させていただきます!… Read more