Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

RDSH の負荷分散構成において RD 接続時や RemoteApp 起動時に発生する警告メッセージを回避する方法

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの新木です。   リモート デスクトップ セッション ホストの負荷分散構成において、リモート デスクトップ接続時に発生する証明書エラーの警告メッセージを表示させない方法についてご紹介したいと思います。 今回は、通常の RDP 接続をする場合と、RemoteApp を使用してリモート デスクトップ セッション ホスト上のアプリケーションを起動する場合について説明します。 今回ご紹介する内容は Windows Server 2008 R2 の内容となっていますが、Windows Server 2008 においても同様の手順にて証明書エラーの警告メッセージを回避することができますので、参考にしていただければ幸いです。   今回手順をご紹介する上で、検証に使用した環境の構成を以下に記載します。 サーバーはすべて Windows Server 2008 R2 のサーバーを使用しています。 ・ドメイン コントローラー 1 台 ・リモート デスクトップ セッション ホスト サーバー 2 台 ・リモート デスクトップ接続ブローカー サーバー 1 台 ・クライアント (Windows 7 SP1)   ※リモート… Read more

Windows XP Mode で正常にログオフできない場合がある

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は Windows XP Mode の動作と注意点についてのご紹介です。   プログラムからユーザーの強制ログオフを行う場合には、ExitWindowsEx 関数に EWX_FORCE フラグを指定して呼び出すのが一般的です。 しかしながら、Windows XP Mode の仮想マシンにログオンしているユーザーをログオフさせる際、同フラグを指定して ExitWindowsEx 関数を呼び出すと、シャットダウンを指示する EWX_SHUTDOWN フラグを指定していないにも関わらず、以下の画面表示に遷移して そのまま画面が切り替わらない現象が発生し、Windows XP Mode の仮想マシンにログオンが出来ない現象が発生します。        上記ダイアログ ボックスが消えないことが原因となり、以後 Windows XP Mode の仮想マシンにログオンする事ができません。 尚、Windows XP Mode のシームレス アプリケーションにつきましては、上記ダイアログが表示されている状態であっても、影響を受けることはありません。   – 回避策について   “仮想マシンをシャットダウンしています” のダイアログが表示された状態でも、Windows XP Mode の仮想マシンとしては 正常にログオフは行われているため、当該ダイアログが表示されている状態で、ダイアログの [×] ボタンをクリックすることで仮想マシンを休止状態にする事が可能です。 この場合、仮想マシンの観点からはログオフをしてから休止状態に移行させている状態と変わりませんので、Windows XP Mode の仮想マシンは次回開始時にも正常に動作します。… Read more

Offline P2V で上手く動作しない場合の回避策について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。   続いて SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) でお問い合わせをいただく Offline P2V についてのご紹介です。   Windows 2000 システムを SCVMM を使用して P2V 変換する場合、Online での P2V をサポートしておりませんので、Offline での P2V が行われます。 また、Windows Server 2003 及び Windows Server 2008 / R2 のDC 等でも Offline P2V を推奨しているため、Offline P2V を実施する必要があります。   Offline での P2V の場合には、データを転送する際に Windows PE イメージで起動させるため、当該システムに搭載されているハードウェアのドライバを Windows PE… Read more

ロールアップ パッケージ適用後の警告について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。   SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。   先日ご紹介いたしました、、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ(2010 年 2 月) 適用後の問題についてご紹介させていただきます。   Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: February 9, 2010 http://support.microsoft.com/kb/978560/en-us   VMM R2 に前回ご紹介した修正プログラム ロールアップパッケージをインストールすると、「警告:状態アップデート可能」と表示される場合がございます。 これは、仮想化サーバーやSQLデータベース サーバー等にインストールされているエージェントとのバージョンの不整合が発生するためです。 その場合にはVMM サーバー上で以下の手順を実行します。   1. Virtual Machine Manager 管理コンソールを開きます… Read more

コンピュータ名に "-SCVMM-" が含まれるサーバーに SCVMM をインストールすると、エラー 257 にてインストールが出来ない

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。   前回に続き SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) で、いただく質問についてご紹介させていただきます。 タイトルのままとなりますが、SCVMM をインストールするサーバーのコンピュータ名に大文字で “-SCVMM-” (“” は除く) が含まれている場合に、インストールがエラー 257 で失敗します。 例えば TEST-SCVMM-1 のような場合が該当します。   – 回避方法について この現象は、内部的な処理の中で “-SCVMM-” という文字列を使用しているために、コンピュータ名で “-SCVMM-” が含まれている場合にエラーとなります。 そのため 回避策といたしましては、大文字で “-SCVMM-” が含まれるコンピュータ名を設定しないように運用回避いただくほかございません。 ご不便をおかけしますが、SCVMM をインストールされるサーバーのコンピュータ名には、“-SCVMM-” を含めずに構築いただきますようお願いいたします。   この問題につきましては、SCVMM 2008 及び SCVMM 2008 R2 共に発生します。 また、この問題について現在技術情報 (KB) での公開をさせていただきましたので、併せてご参照くださいますようお願いいたします。   Installation of System Center Virtual… Read more

SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージ (2010 年 2 月)

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 連続となりますが、SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。   ご紹介が遅くなりましたが、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージが 2010 年 2 月にリリースされております。 こちらの修正プログラムにつきましては、Microsoft Update から適用可能となりますので、現在の環境にてお困りの問題がある場合、技術情報に記載されている Issue の項と合致しているかご確認いただき、適用いただく事をお奨めいたします。   技術情報のウェブ サイトは以下となります。   Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: February 9, 2010 http://support.microsoft.com/kb/978560/en-us   尚、この修正プログラムを適用いただく際に、VMM の管理コンソールが起動しているような場合には、再起動が必要になります。 また、この修正プログラムは以前に紹介させていただきました 2009 年 11 月の Rollup… Read more

ホスト クラスタの過剰コミット状態について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は SCVMM 2008 R2 (System Center Virtual Machine Manager 2008 R2) で、頻繁にいただく質問についてご紹介させていただきます。   SCVMM 2008 R2 を使用してライブ マイグレーション構成を構築しているホスト クラスタを管理している際に、管理コンソール上のホスト クラスタ名のところに 「!」 が表示される場合があります。 通常は、どちらかのノードがメンテナンス モードになっていたり、通信が遮断されているなどで管理ができなくなっているような場合に表示されますが、そうでない場合には、それはクラスタが “過剰コミット” の状態となっている可能性が考えられます。   “過剰コミット“ と “ノード障害” の数に関しては、以下のサイトでも紹介させていただいておりますので、併せてご参照下さい。 高可用性の計画 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc764243.aspx             SCVMM 2008 R2 では、必要に応じて、各ホスト クラスタにクラスタ予約を構成して、ホスト クラスタで展開したすべてのバーチャル マシンをサポートしながら、クラスタが維持できるノード障害の数を指定することができます。予約数の変更や状態の確認は、クラスタ ホストのプロパティで行います。          … Read more

SCVMM 用 MPS Report について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。連続となりますが SCVMM (Sytem Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 今回は SCVMM で発生している問題に対して、調査を行う上で非常に重宝する SCVMM 用の MPS Report をご紹介させていただきます。私たちが SCVMM の問題について調査を開始する場合に、お問い合わせいただいている環境について、また実際に行っている操作からどういった処理が行われ、どのようなエラーが返されているかを確認する際に、SCVMM 用の MPS Report を採取いただく場合が多々あります。 MPS Report では、イベント ログや SCVMM サーバーの構成内容といった調査に必要な情報が一括で採取できますので、いろいろなログを個別に取る煩わしさが無く 非常に重宝します。 尚、MPS Report の場合には含まれるトレース データをデコードする事が出来ないために、サポートをご利用いただく必要がありますが、以前 大羽 から紹介させていただいた DebugView でトレース データを採取する場合には そのまま確認する事ができますので、トレース データを確認する必要がある場合には、以下の Blog の内容を参照して、情報採取をご検討いただければと思います。 SCVMM DebugView ログ トレースについてhttp://blogs.technet.com/askcorejp/archive/2009/05/15/scvmm-debugview.aspx SCVMM MPS Report の採取方法について————————採取手順 :1. Administrator 権限を持つユーザでログオンします。2…. Read more

SCVMM 2008 R2 用の修正プログラムについて

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。今回は SCVMM (Sytem Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 ご紹介が遅くなりましたが、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージが 2009 年 11 月にリリースされております。こちらの修正プログラムにつきましては、Microsoft Update から適用可能となりますので、現在の環境にてお困りの問題がある場合、技術情報に記載されている Issue の項と合致しているかご確認いただき、適用いただく事をお奨めいたします。 技術情報のウェブサイトは以下となります。 Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: November 10, 2009http://support.microsoft.com/kb/976244/en-us また、以下の技術情報で紹介されている問題に対しての修正プログラムも、Microsoft Update から入手可能ですので、この機会に併せて適用いただく事をお奨めいたします。 When you remove a virtual hard disk from a virtual machine… Read more

リソース不足について – 第 2 回

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 リソース不足について – 第 2 回 では、ページ プールと非ページ プールについて もう少し掘り下げて見ていきたいと思います。 第 1 回と比較をすると細かい内容となりますが、トラブルシュートを行う上では欠かせない要素もいくつかありますので、がんばって進めていくことにしましょう。     割り当てられる領域につける名札について   ページ プールおよび非ページ プール内の領域が、各要求元のドライバに割り当て (Allocate) られる際には、Tag と呼ばれる 1 ~ 4 文字の名札がつけられます。 大抵この Tag には 要求元のドライバにより一意の文字が指定されるので、ドライバのどのような動作の際に確保されたプール (ページ プールもしくは 非ページ プール) なのかを判断する事ができ、この Tag 毎に使用されている値を見る事でプールの枯渇が発生した場合に、どのドライバが “限りあるリソース” を消費しているのかを追跡する事が可能となるのです。ただし、Tag そのものから確保されたプールがページ プールもしくは非ページ プールなのかを判別する事はできません。多くの場合、ページ プールと非ページ プールで共通の Tag が使用されます。   いくつか例を挙げてみますと、、、   MmSt –… Read more