Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 製品の更新プログラム (KB) のインストールの失敗 – 一般的な対処策

こんにちは、Windows プラットフォームサポート Setup チームの宮崎です。 本記事では Windows 製品の更新プログラム (KB) のインストールが失敗してしまう事象について一般的な対処策をお伝えいたします。本手順は一般的に業務への影響が少なく、また多くの事象の解決・進展が得られる内容であることから、弊社のサポート サービスにお問合せいただいた際にも広くご利用いただいておりご紹介とさせていただきました。適用時のトラブルに遭遇した場合にはぜひご実施ください。 一般的な対処策 A. DISM /Restorehealth コマンド及びシステム更新準備ツール コマンドでの修復 以下の技術情報の内容を実行いただきます。 DISM またはシステム更新準備ツールを使用することによって Windows 破損エラーを解決する https://support.microsoft.com/ja-jp/help/947821/ OS ごとの対処方法は以下の通りです。 Windows 7, Windows Server 2008/2008 R2: 上記の URL からシステム更新準備ツールのパッケージを入手して実行します。 Windows 8.1, Windows Server 2012 以降の OS: 管理者権限で以下のコマンドを実行してください。 DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth – 補足 本対処策は、システム内部の不整合をスキャンし、問題が見つかった場合は自動的に修復を試みます。問題が検出された場合には Windows Update サイトから修復が必要なファイルをダウンロードしますので可能であればインターネット接続可能な状況で実施ください。なお、インターネット接続が難しい場合にも問題の検出は可能であり、ログに状況が記録されます。 システム更新準備ツールの実行中の UI は、通常の更新プログラムと同様にウィザードを進めインストールするという形式を取りますが、実際にシステム内に新たなモジュールが追加するような変更は行っておりません。 本作業では通常、システムの再起動は発生いたしません。スキャン・修復処理のためマシンの負荷が高くなることがありますが、通常… Read more

システムドライブ (C:) 以外 や ページングファイル が非設定ドライブに、サードパーティー製 の Windows サービス の実行ファイルやDLLが存在する場合に、アプリケーションエラーが発生するシナリオについて

Windowsプラットフォームサポートの平井です。 本記事では次の条件がすべて当てはまった場合に、サードパーティー製のWindowsサービスがc0000005(STATUS_ACCESS_VIOLATION)やc0000006(STATUS_IN_PAGE_ERROR)のアプリケーションエラーで異常終了するシナリオについて解説します。尚、この事象はPCのシャットダウン後の次回起動時に発生します。 条件は次の通りです。 条件1:高速スタートアップが有効な場合 条件2:対象のサードパーティー製Windowsサービスの実行ファイルやDLLがデータボリューム(C:以外)に存在する場合 条件3:対象のボリュームにページングファイルが非設定である場合 条件4:対象のドライブにBitLockerの構成がデバイス暗号がオン、保護状態がオフの状態の場合 本事象が発生する理由は次の通りです。 高速スタートアップが有効の場合にPCをシャットダウンした場合、Windowsサービスのプロセスはメモリ上に残った状態で休止状態となります。 この際、BitLockerの構成がデバイス暗号がオン・保護状態がオフの状態である場合、次回起動時にデータボリュームのデータを暗号化するためのキーを初期化する処理が発生し、BitLockerの仕様上ボリュームのディスマウントが必要となります。 ボリュームのディスマウントが発生した結果、メモリ上にマッピングされたWindowsサービスのプロセスの実行ファイルやDLLの情報に不整合が発生し、c0000005(STATUS_ACCESS_VIOLATION)やc0000006(STATUS_IN_PAGE_ERROR)等のアプリケーションエラーで異常終了する状況が発生します。 もし、上述の条件がすべて合致する環境にて、同様の問題を検出された場合、次の対応が必要となります。 対応1:サードパーティー製Windowsサービスの実行ファイルやDLLをシステムドライブ(C:)配下にインストールする Windowsでは既定で、ページングファイルはシステムドライブ配下に保持されます。Windowsはページングファイルが存在するボリュームに対してディスマウントは発行しないため、本事象は発生しません。 対応2:高速スタートアップを無効化する 高速スタートアップが無効の場合にPCをシャットダウンした場合、Windowsサービスのプロセスは完全に停止し、メモリ上にプロセスに紐づく情報は残りません。 対応3:BitLockerをデバイス暗号化/保護状態が共にオンに構成する BitLockerの設定がデバイス暗号化/保護状態が共にオンの場合、データボリュームの暗号化キーを初期化する処理が発生いたしません。このため、ボリュームのディスマウント処理が発生しないため、本事象は発生いたしません。 対応4:ページングファイルをデーターボリュームにも配置する Windowsはページングが有効になったボリュームに対してディスマウント処理を発行しないため、、本事象は発生いたしません。 1.コントロールパネル\システムとセキュリティ\システムから、[システムの詳細設定]を開きます。 2.[システムのプロパティ]>[詳細設定]タブを開き、[パフォーマンス]セクション配下の[設定]を選択します。 3.[仮想メモリ]セクション 配下の、[変更]を選択します。 4.[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する]のチェックボックスが有効の場合は、外します。 5.D:ドライブを選択し、[システム管理サイズ]>[設定]を選択し、[OK]を選択します。 6.システムを再起動し、設定を適用します。… Read more

クラスター環境における仮想マシンの自動開始アクションについて

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの大川です。 今回は Hyper-V の仮想マシンに設定する “自動開始アクション” についてのお話になります。 [概要] “自動開始アクション″ の設定は 3 つのオプションから一つを選択することができますが、 クラスターのリソースとして稼働させている仮想マシンは、この設定に依存せず、 クラスターにて状態が管理されるため、”1. 何もしない” が自動的に設定されます。 [詳細] Hyper-V の仮想マシン設定に “自動開始アクション” という設定があります。これは、 物理マシンの起動時に、仮想マシンの状態をどのようにするかを設定するものになります。 具体的には、以下の 3 つのオプションから一つ選択することが可能です。 1. 何もしない 2. サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する 3. 常にこの仮想マシンを自動的に起動する “1. 何もしない” を設定した場合は、物理マシンを起動しても仮想マシンは停止したままの状態で、 手動で仮想マシンを起動する必要があります。 “2. サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する” を設定した場合は、 物理マシン停止時の仮想マシンの状態によって動作が変わります。もし、物理マシン停止時に 仮想マシンが起動していた場合には、自動的に起動しますが、仮想マシンが停止していた場合 には、仮想マシンは自動的に起動しません。 “3. 常にこの仮想マシンを自動的に起動する” を設定した場合は、物理マシンが起動した際には、 常に仮想マシンが自動的に起動されます。 仮想マシンをクラスターのリソースとして稼働させていない場合は、既定値は “2. サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する” になっていますが、 クラスターのリソースとして稼働させた環境においては、この値が “1. 何もしない” になります。 これは、仮想マシンの状態を物理マシンの起動に依存させるのではなく、クラスターのリソース… Read more