Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

[デバイスとプリンター] 画面のプリンター アイコンの表示に時間がかかる事象

Windows プラットフォーム サポートの佐々木です。

[デバイスとプリンター] 画面のプリンター アイコンの表示に時間がかかる事象のお問い合わせをいただくことが増えているため、本事象についてご紹介させていただきます。

[デバイスとプリンター] 画面でのプリンター アイコンの表示には、”Function Discovery” という枠組みを利用して、様々なデバイス情報を収集し、アイコンを表示します。この “Function Discovery” という枠組みの中で実行される、”デバイス メタデータ” の取得に時間がかかる、または取得できない場合に、プリンター アイコンの表示に時間がかかるという事象の報告があります。なお、本事象は、OS の想定する動作であり、不具合ではありません。

本ブログでは、本事象の概要、発生条件や、回避策についてご紹介いたします。

事象の概要

OS 起動直後や、プリンター追加時に、[デバイスとプリンター] 画面のプリンターのアイコンが、[未指定] にカテゴライズされ、[プリンター] にカテゴライズされるまでに時間がかかります。(下記 「図 1-1」の状態が継続します。)

図 1 [未指定] にカテゴライズされている状況

一定時間が経過すると、[未指定] から、[プリンター] にカテゴライズされます。
具体的な表示時間は、環境により異なりますため、定量的にご説明することができません。

図 2 [プリンター] にカテゴライズされた状況

事象の発生原因

本ブログの冒頭でもご説明のとおり、[デバイスとプリンター] 画面でのプリンター アイコンの表示では、”Function Discovery” という枠組みを利用して、様々なデバイス情報を収集し、アイコンを表示します。すべての場合ではありませんが、この “Function Discovery” という枠組みにおいて、インターネット経由で取得される、”デバイス メタデータ” と呼ばれる情報の取得に時間がかかる、または取得できないことにより、本事象が発生するケースが報告されています。

デバイス メタデータとは

“デバイス メタデータ” とは、機器メーカーによって提供される、デバイスに固有の情報です。[デバイスとプリンター] 画面にアイコンを表示したり、機器メーカーによって拡張された機能を提供することが可能となり、ユーザーによる対象デバイスの設定変更等が容易になるという利点がございます。また、”デバイス メタデータ” は、デバイス ドライバーの一部として提供される場合もありますが、随時の機能拡張すること目的として、Windows Update 経由で更新を行うことがあります。Windows Update 経由で “デバイス メタデータ” が取得される場合、WMIS サーバーと呼ばれるインターネット上の弊社サーバーから情報を取得します。

なお、”デバイス メタデータ” の取得が失敗した場合でも、印刷ができなくなるなどの事象に発展することはございません。”デバイス メタデータ” は [デバイスとプリンター] 画面上での表示などを制御する情報になります。

事象の発生条件

以下のような条件で、本事象が発生いたします。

・インターネットに接続できない。
・Windows Update への接続を制限している。
・Proxy サーバーなどにより、WMIS サーバーへの接続が制限されている。

上記のような条件の環境では、”デバイス メタデータ” 取得のための、WMIS サーバーへの接続が失敗し、リトライを繰り返すため、Function Discovery の枠組みでのアイコン構成が完了せず (時間がかかり)、[未指定] から、[プリンター] にカテゴライズされるまでに、時間がかかります。

本事象は、Windows Server 2012 以降の OS で発生することが想定され、Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の OS では発生することは想定されません。

事象発生時の印刷の実行

“デバイス メタデータ” の取得に時間がかかる、または失敗することにより、[デバイスとプリンター] 画面のプリンター アイコンが完了しておらず、[未指定] にカテゴライズされている状況でも、印刷を実行することができます。本事象発生中に、印刷が可能であるかどうかの確認は、[コモン ダイアログ] や、[プリンター フォルダー] に、プリンター アイコンが表示されているかどうかにより、ご確認いただくことができます。本事象は、[デバイスとプリンター] 画面の表示上の事象であるため、プリンターの利用ができないわけではありません。

[デバイスとプリンター] 画面のプリンター アイコンが、[未指定] にカテゴライズされている期間に、[コモン ダイアログ] や、[プリンター フォルダー] と呼ばれる画面から、プリンター アイコンを確認することができる場合、印刷を実行することができます。[コモン ダイアログ] や、[プリンター フォルダー] は、[デバイスとプリンター] 画面を表示する際に実行される、”Function Discovery” を実行せず、Print Spooler サービスが管理するプリンターの情報のみからアイコンを構成するため、”デバイス メタデータ” の取得が完了していない状況 ([未指定] にカテゴライズされている状況) でも、プリンターを利用する準備が整っている場合は、アイコンの表示が完了します。

[コモン ダイアログ] による確認

[コモン ダイアログ] は、メモ帳などから、Ctrl + P キーを押下すると表示することができます。

図 3 コモンダイアログ

[プリンター フォルダー] による確認

[プリンター フォルダー] を表示するには、以下のコマンドを実行します。

explorer.exe ::{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}

図 4 プリンター フォルダー

また、以下の手順で [プリンター フォルダー] を作成することができます。

1. デスクトップに新しいフォルダーを作成します。
2. フォルダーの名前を ” PrinterFolder.{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}” に変更します。
3. 上記 2. で作成した、特殊フォルダを開くと [プリンター フォルダー] 画面が表示されます。

回避策

[デバイスとプリンター] 画面でのプリンター アイコンの構成時に実行される、“デバイス メタデータ” の取得は、グループ ポリシーにより抑止することができます。
そのため、本事象に合致した事象である場合には、下記のグループ ポリシーを適用することで、プリンター アイコンの表示に時間がかかる事象を回避することができます。

[ローカル コンピューター ポリシー]
– [コンピューターの構成]
– [管理用テンプレート]
– [システム]
– [デバイスのインストール]
“デバイス メタデータをインターネットから取得しない”
–> 有効

[ローカル コンピューター ポリシー]
– [コンピューターの構成]
– [管理用テンプレート]
– [システム]
– [デバイスのインストール]
“デバイス ドライバーを検索する場所の順序を指定する”
–> 有効 (“Windows Update を検索しない”)